黄龍刀と麒麟弓
 黄龍刀と麒麟弓のレベルが150になったところで実際の使用感を確認してみました。黄龍刀はHP減が気にならなければ使えなくもい感じで、麒麟弓はダメージアビリティと奥義を撃ちこむだけの1戦であればかなり使えるという印象です。

 黄龍刀の"震天の祈り"は、累積5回でも実ダメージが20%増えるかどうかの効果でした(平均15%あるかも怪しそうですけど)。ここにHP-10%が付きます。ダメージ上限は動かないため、文字通りかなり微妙ではありますが・・・。レ・フィーエのリジェネレーションの合間にセージのキュアーフェンを使うだけでも累積効果は維持可能なので、HP-10%が受け入れられるであれば使って損はなさそうです。

奥義190万

 麒麟弓の"靂天の極致"の効果はわかりやすく、ダメージ上限が10%上昇します。奥義170万が187万に、自前の背水効果を持つバザラガやゾーイは190万超を叩き出すこともあります。こちらもHPが-10%されてしまうものの、ただ装備するだけでダメージアビリティと奥義の威力が10%上がると考えるとなかなかのものです。

 ただ、オールド・コルタナと合せてのHP-20%状態が受け入れられるのであれば、麒麟弓ではなくもう1本オールド・コルタナを増やすべきでしょう。無垢なる竜の剣が使える条件が整っていれば、麒麟弓は有力な選択肢になりますけどね。

 どちらもHP-10%のデメリットはなくても良かったのではと思える程度の性能でした。光と闇、両属性にはセラフィックウェポンが存在しませんし、この先も実装する気がないのであれば、もう少し魅力ある武器にして欲しかったのが本音です。実装する余地を残したからこそこの程度の武器だったと思いたいです。

フレアは強かった
 火属性有利の古戦場イベントが始まりました。しかし先の黄龍&黒麒麟30連戦の疲れが抜け切っていないため、あまりやる気になれません。とりあえず、今回はいまだ仲間にしていないサラーサの、最終上限解放用の三寅斧4本を集めて終わりにしたいと思います。サラーサ、本当にどうしようかな・・・。いつでも取れる状態になってから、もう半年は経ってるような。

フレア強かった

 無垢なる竜の剣頼みの得意武器"剣"3人パーティ+1人で戦っています。最初はゼタを起用するもいまひとつでしたので、ザルハメリナと交代させてフレアを使ってみると、これがなかなか良い感じ。HELL90が4分は確実に切れて、3分は切れないくらいでこなせます。以前フレアを試した時はあまり効果を感じませんでしたが、そこそこターンがかさむ相手だと目に見えて違ってきます。まあでもイシュミール+ブリザードのほうが間違いなく強力ですけど。

ザルハメリナの奥義

 ザルハメリナの奥義、アレキサンダル・プラズマ。見かけによらず豪快です。これで得意武器が剣のキャラだったら良かったのに。

黒麒麟30連戦も終えた
 黄龍30連戦に続き黒麒麟30連戦もしてきました。アサルトタイム外ながら、レ・フィーエの活性のおかげで4ターン程度でフルチェインが撃てたため、ほぼ6位内には入っていました。30連戦、55分かかりました。

黒麒麟30連戦もやった

 銀天の輝きは6位で出た1個のみ。黒曜石の札束はゼロ、普通に札ばかりでした。銀天の輝きを狙うには、やはり1位を取らないとダメそうですね。

 黒曜石の札については、これまでに野良の黒麒麟戦救援で貰ったものが少しあったので、この30連戦と合せて十分な数が集まりました。これにておしまい。

 今回の四象降臨は黄龍&黒麒麟30連戦のための印符集めに終始しています。ヒヒイロカネ交換に必要なクロム鋼はすでに確保してあるため、在庫分の回収は次回に持ち越すことにしました。今回はもういいです。疲れました。

連日の黄龍30連戦
 次は黒麒麟30連戦を~と言いながら、連日の黄龍30連戦です。アサルトタイム中に見かけたので飛び込んでしまいました。

またまた黄龍30連戦

 今回は1位になることが多かったです。そのためか、銀天の輝き5個に黄金の札束4つ、黄金の札は66枚とかなりの成果が得られました。4位でも銀天の輝きが出たのを確認したので、昨日あれだけ6位内に入って銀天の輝きがゼロだったのは、よほど運が悪かったということなのでしょうか・・・。

 これで黄龍刀とその最終上限解放分の黄金の札束が集まりました。黄龍30連戦は今度こそおしまいです。

年明け早々黄龍30連戦
 黄龍・黒麒麟武器の最終上限解放が実装されました。黄龍槍と黄龍拳、そして黒麒麟剣はとても重宝しているので最終上限解放をしない手はないのですが・・・。それぞれ黄金の札束と黒曜石の札束を5つずつ要求してきます。またしても30連戦しなければならなくなりました。

 とりあえず黄龍のほうだけ、30連戦してきました。1時間20分程度でした。今回運良く個人的なアサルトタイムと被ったため、しばしば6位内に入ることができました。その結果、黄金の札が80枚強=黄金の札束5つが3セット分も集まりました。6位までは宝箱が1つ多く貰えるので、30連戦もすると馬鹿になりません。ついてました。

 とりあえず次は黒麒麟30連戦に参加してきます。

闇晶のエレメント不足で動けない・・・
 強化可能な武器と召喚石がなくなってきました。エレメントがあれば最終上限解放することで間を持たせられるのですが・・・。武器も召喚石も、最終上限解放したいのは闇属性のもの。しかし肝心の闇晶のエレメントが不足しています。先のガチャで余った闇属性カーバンクルを何も考えずに重ねたのは失敗でした。個別に上限解放してエレメント化すれば結構な数がひねり出せたのにな。あーあ。

 シエテの最終上限解放に必要な銀の依代の剣が年末のキャンペーン中にあっさり揃ってしまいました。ディメンション・ヘイロー16周して10回変身、10個の銀片と3本の依代が落ちておしまい。1周にかかる時間も半分以下でしたし、ソーンの時の苦労は一体・・・というくらい簡単でした。依代が揃ってもまだまだ時間はあったので、新たにサラーサを取って銀の依代の斧も集めてしまおうかとなとかなり迷いました。しかしやはり手持ちヒヒイロカネの残り個数からして、最終上限解放まで見据えるとシエテの次が事実上最後になるわけで、結局動けませんでした。

 シエテは、銀の依代の剣の最終上限解放にダマスカス鋼を使ってしまえば、あとは金の依代の剣をレベル150に、そして2本目の七星剣のスキルレベルを10にするだけで(シエテの)最終上限解放までいけてしまいます。やろうと思えば1週間もかからないでしょう。ただ、闇晶のエレメントが300個あれば、ダマスカス鋼を使わずに最終上限解放が可能なので、これまた悩ましいです。どうしようかなあ。まあダマスカス鋼はともかく、シエテ最終上限解放の方向に気持ちが傾いてきました。シエテ、まったく使ってませんけどね。

レアキャラ残り2人
 リーシャの攻撃号令Lv5時の通常攻撃が69万+追撃34万!通常攻撃でこんな数値を見たのは初めてです。強い。もっともユグドラシル・マグナ程度であれば、確定トリプルアタック持ちのリヴァイとミカサを使えば1ターンで終わりますけどね。

強化号令Lv5

 無料ガチャと240連ガチャで積もり積もったフェイトエピソードを消化するのが大変です。SSレアキャラはリミットボーナスクラスも上げたいですし・・・。これだけで1年は持ちそう。

 今月分のスタートダッシュガチャセットで確認してみると、残りレアキャラはロザミアとボレミアの2人だけとなっていました。

ゆく年くる年キャンペーンは終わってしまった・・・
 何をするにもAP・BPが大きく減るようになって、キャンペーンが終わってしまったんだなあと実感します。今回はエンジェル・ヘイロー周回して終わったようなものでした。武器の強化素材集めに勤しみ、普段使っているパーティの武器に関しては、バハムートウェポンを除いてすべて上限に到達。

 こんなにパワーインフレさせて大丈夫なのだろうかと思いきや、運営にはむしろ既存マグナ武器の完成を促す意図があったようです。新マグナとその武器の実装、既存マグナ武器のさらなる上限解放も追加されることが発表されました。見事に手のひらで踊らされていたわけですね。

 キャンペーン中、オールド・エッケザックスが4本、エッケザックスが2本、オベロンが1本ドロップしました。救援で出たのは1本だけ。他はすべて自前トレジャーを使っての赤い宝箱からです。オールド・オベロンが出なかったのは残念ですが、オールド・エッケザックスがまさか1セット揃うとは、とても運が良かったと思います。

 オールド・エッケザックスをコロッサスケーン・マグナ(どちらも完成済み)と1枠のみ交換してみると、トライアルバトル一撃11万のところが10万~10.5万に落ち、その代わりクリティカルであれば15万になるという、なんとも微妙な結果となりました。クリティカル連発なら強烈ですが、まだ2セットしかないのでそこまで出ません。オールド・エッケザックスを増やすほどに基本ダメージが落ち、その代わりクリティカルヒットの確率が上がる・・・。本当に揃える手間に見合うのか、まだわかりません。

ディスペルマウント3枚で挑む

 この記事を書きながらフラム=グラス討伐戦をひとりでやっていたら(18分くらい)、またしてもオールド・エッケザックスが出ました。さっさと終わらせたくてMVP確定のところで救援を出しても一発叩いて放置する人ばかりなので、それならもうひとりでいいやとなっています。

 ディスペルマウント3枚持ちのパーティでも後半の睡眠付与対策はぎりぎり。アポロンが欲しくなります。睡眠を受けなければ、ただ火力が乏しいというだけで、倒しきるのはわけありません。

記事を書きながら出た

 これでオールド・エッケザックス3セット目の2本目。しばらくはトレジャー交換でオールド・オベロンを優先させようと思っていましたが、ここまできたら3セット目の完成を目指します。

十分満足のいく結果に
 ゆく年くる年キャンペーンの毎日無料最高100連ガチャと、キャンペーン中のレジェンドフェスに乗じた蒼光の御印60個+自前宝晶石&単発チケット240連ガチャで、SSレアキャラはなんと17人!も増えました。Sレアキャラも16人。昨年夏の260連ガチャではSSレアキャラが8人、Sレアキャラにいたってはわずか5人、本当に雲泥の差です。(ただし夏は念願のゾーイを交換で手にできたので後悔はまったくありません)

リミテッドシリーズ

 リーシャは蒼光の御印300個との交換によるものです。夏のゾーイの後、さて次はどうするかとなった時、アーカーシャ討伐メンバーにいたリーシャのSSレア版を手にしようと考えここまできました。ガチャ300回分自体は昨年の秋に貯まっていましたけど、頃合を見計らっていました。

 当初はカタリナもリーシャに並ぶ有力な交換候補でした。ただ夏の260連ガチャ以降、水属性パーティが不足なく組めるようになってしまい候補から脱落。それでも欲しいキャラには変わりありませんでしたから、今回引けてとてもラッキーです。

 ロゼッタは先に引いたクリスマスバージョンのあまりの出来の酷さから、リミテッドシリーズのものを引いて挽回したいと漠然と思っていました。それがまさか本当に来るとは!こちらのSDキャラはさすがに質が上がっています。

 やっぱりメインクエスト組は思い入れが違うので格別です。これでラカム、イオ、オイゲンも引けていたらなぁ・・・。

水属性ばっかりくる

 水属性のユエルとアルルメイヤ(クリスマスバージョン)は240連ガチャではなく、無料ガチャで当てました。どちらも非常に強力なキャラです。手持ち水属性キャラはどれも優秀で、編成が悩ましいですね。

 あとヴェイン。これで四騎士すべてSSレアで揃いました。これも嬉しい。

その他見栄えの良いところ

 先のスペシャルガチャセットで迷いに迷って候補から外したザルハメリナがここで来てくれたのも大きかったです。実際使ってみると、期待していたイシュミールのブリザード+サポートアビリティ並の攻撃力アップは叶いませんでした。この点ずっと気になっていたので、これがはっきりしただけでも240連ガチャをした甲斐があったというものです。

 サーヴァンツとヴァジラは単に見栄えの良さで掲載。

 残りは引いた順に黒騎士、フィーナ、キャタピラとヴィーラ、アリーザ、ネツァワルピリ、ロザミア、アルタイル、マルキアレス。サーヴァンツ以下はまだ何も試していません。

 Sレアキャラはミリン、サーヤ、ソフィアといった比較的最近のものが当たりました。何気にSレアキャラはその種類の多さの割に増えにくいので嬉しいです。しかしレアキャラはバクラただ1人。おそらく、引いていないレアキャラがもはや片手で数えられる程度しか残っていないのでしょう。ここから残りを引き当てるのは相当難しそうです。

 以上、先日の記事ではそれなりに満足と書きましたが、改めて確認してみると、これでそれなりというのはあまりに贅沢、十分満足いく結果となりました。

 現在、手持ち宝晶石&チケットはガチャ214回分です。当初の狙いの一つだったベアトリクス(水着バージョン)が仮に2月に復刻されると、これにはまず間に合いません。まあ別にかまいませんけど。でもそうなると次の300連ガチャはまた夏頃になりそうですね。そこまで行くなら夏の目玉キャラを待ちますか。

それなりに満足できる結果に
 最終日のルーレットは10連で大逆転劇は起きず。それでも予定通り蒼光の御印300個とリユニオンを交換し、晴れてリーシャが仲間入りです。

リーシャ仲間入り

 手持ち240連ガチャの結果はSSレア枠が16、うち召喚石4個、キャラ被りのゴールドムーン2個、キャラは10人、ここにリーシャを加えてSSレアキャラが11人増えました。

 夏のゾーイ目当ての260連ガチャは散々な結果でしたが、今回はリミテッドシリーズのカタリナとロゼッタ、スペシャルガチャセットで迷った末に諦めたザルハメリナ、一応今回のレジェンドフェスの目玉である十二神将のヴァジラなどが当たり、そこそこ良い結果に終わりました。ただ相変わらず水属性が多かったです。夏からのこの不自然な偏りは一体・・・。逆にSSレアの土属性キャラは誰も来ず、バザラガも引けませんでした。これがちょっと残念と言えば残念です。

 召喚石はグラニやアヌビスといった1個あっても使い道のないものばかりでした。

 無料ガチャで当たったキャラの詳細については続く記事にてまとめます。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.