最近のSレアキャラは異様に強い
 ふたりの騎士、そこそこ面白かったです。アーサーよりヴェインの株を上げるためのイベント、そんな感じです。アーサーは主役でありながら、最後の最後までわき役のような立ち位置でした。アーサーの魅力を伝えるためのイベントだったのだとしたら、これは失敗でしょう。

ミュオン奥義300万

 イベントバトルはHELLでも3ターンで終わります。プラチナ・スカイの対マッディー戦で使っていた、シエテのクオーレ・ディ・レオーネ(メインメンバーの奥義ゲージMAX)からゾーイのコンジャクションに繋いで、チェインバーストで止めを刺す戦術です。

 主人公の"かばう"とルリアの幻影を合せることで、2ターンの間シエテを確実に無傷にすることが可能となります。つまり、3ターン目にシエテは必ずクオーレ・ディ・レオーネが使えるわけです。あとはタクティクスコマンドでシエテとゾーイを交代させるだけ!簡単です。

 シエテ以外を交代させてもかまいませんが、奥義ダメージはシエテが200万、ルリアが260万、ミュオンは300万(加速3状態)、なんとこのメンバーの中ではシエテが一番奥義ダメージが低いので、シエテを交代させるのがベターです。十天衆頭目なのに・・・。

 ま、この戦術はシエテのクオーレ・ディ・レオーネが大前提なので、シエテ様様なところはありますけどね。まあでもう~ん、今のシエテはどうなのでしょう。年内調整予定なのが頷ける強さ(使えなさ)です。

やらなくてもよかった
 17年秋のイベント、ようやくクリアできました。最終海域1ゲージ目の破壊で詰まり、結局そこだけで9回かかりました。

17年秋のイベント終了

 涼月は、秋月型というより不知火の妹かな・・・な感じでした。涼月目当てに重い腰を上げて挑んだ本イベントでしたが、ゲージ破壊に手間取っているうちに涼月に対する興味も薄れ、何のためにやっているのかよくわからなくなってしまいました。

 本イベントは前篇なので、18年冬のイベントで後篇が行われるものと思われます。しかしよほど魅力的な艦娘が実装されるでもなければ次は見送ります。次に限らず、もう遊ぶことはないような気もします。とりあえず、少し削られた資材を回復させてから終わることにします。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.