ユエルとソシエが欲しくなるイベント
 ユエルが主役のイベントが始まりました。ユエルも相方のソシエも持っていませんが、導入部分でこれまでの経緯を上手に説明してくれるため、すんなり物語の世界に入っていけるようになっていました。

 話自体も中々良かったです。九尾がしっかりと悪役をしてますし、ユエルがそれを討つ、わかりやすくもこれまでなかった熱い展開になっています。グラブルのクエスト&イベントは、とにかく悪役の扱いが軽いというか温いというか、主人公達の手で止めを刺すところまでいかないのが不満でしたので、盛大に討ち果たす今回のイベントは新鮮でした。

九尾もさくさく倒せる

 水属性SSレアキャラのリミットボーナス稼ぎも進み、残すはイシュミールとナルメアだけになりました。そこでリルルを下げてイシュミールを使ってみると、これがなかなか強いです。イシュミールを獲得した直後は、防御とHPが低くすぎて使い物にならないキャラだと判断していました。その評価が間違っていたとは思いませんが、装備が整ってHPが増えてくると使い物になってきます。今頃気がつきました。イシュミールのブリザード効果で奥義ダメージは200万いきますし、通常攻撃も20万以上びしばし出ます。景気が良いです。

 ただまあやはりイシュミールの脆さは変わらないので、長期戦だと扱いが難しいかもしれません。リミットボーナスで防御力に全振りしても打たれ弱いまま。落ちる前提で攻撃に特化させたほうが良かったかなとも思います。

今月3つめのセレストクローマグナ

 この記事を書きながら救援に入ったセレスト・マグナ討伐戦で今月3つめのセレストクロー・マグナが出ました。ついてます。シュヴァリエソード・マグナのほうは結局2本で終わりそうです。来月以降に期待します。

ユイシス最後の希望が・・・
 今回の四象降臨イベントは、なんだかんだでクロム鋼40個以上集まりました。BP3使った救援であれば四象の輝きが1000~3000ほど稼げるようになったので、前々回までとは効率がまったく違います。ただ、やはりバランスを失していますね。次回は手を入れてくるのではないかと考え、先回りでちょっと無駄に頑張ってしまいました。

 ユイシスに待望のリミットボーナスアビリティが追加されました。しかし・・・。う~ん、なんとも微妙な内容です。そもそも侠気レベルを意識して戦うことなどありませんし。だからこそ今回このようなものにしたのでしょう。しかしそれならば侠気レベルによる効果そのものが地味すぎるところにも手を入れて欲しかったです。

 メインで使っているキャラのうち、リミットボーナスアビリティが未実装なのは闇属性ゼタだけとなりました。ゼタにはさほど不満を感じていないので、特には期待はしていません。

ちょっと悩んだチャレンジクエスト
 ガチャチケットが1枚貰えるチャレンジクエストが追加されました。ぐらぶるちゃんねるっ系フリークエストは何が面白いのかまったくわからないものばかりですが、このグラブル展チャレンジクエストは嘘のようにしっかりとした出来に仕上がっています。

グラブル展チャレンジクエスト

 とはいえ、ここ最近のチャレンジクエストの中ではもっとも手間取りました。わかってしまえば簡単ですが、ヒントとなる会話の流れが攻略への理解を逆に阻んでいるように思えます。わかった上でもう一度読むと、そういうことか、と確かにわかるようにはなっていますけどね。

 すでに貯まっているガチャ300回分を抜いても、手持ちは早くも20回分になりました。この四象降臨イベントでさらに宝晶石が800個上積みされる予定ですから、どんどん貯まっていきますねぇ。ガチャ600回分になるのもそう遠くないのかもしれません。さすがにその前に使うかな。

パワーインフレ進みすぎ・・・
 久々の四象降臨イベントが始まりました。3ヶ月ぶりです。

 今回はこれといった目標はありません。ヒヒイロカネ1個分のクロム鋼は前回の時に集めてしまいましたし、黄龍・黒麒麟30連戦は年内はもうやりたくないのが本音です。デイリーミッションをこなしつつ、無理のない範囲でクロム鋼を集めて、適当に四象交換して終わりそう。

 四象降臨のマルチバトルはパワーインフレが進みすぎたためか、EXTREME+に救援側で入ると1分程度で終わってしまいます。まともに、というか、まじめにやろうとするとまったく貢献度が稼げず、当然ながら四象の輝きも稼ぐことができません。

 仕方がないので、アサルトタイム中にゾーイのコンジャクションからのチェインバーストで貢献度10万前後もぎ取って終わりです。召喚石はもちろん、他のアビリティを使っている暇がないのです。コンジャクションを使ったところで終わってしまうことすらあります。ゲームになっていません。これでは戦力がない人はまったく稼げないでしょう。正直なところ、今すぐサーバーを閉じて調整しなおしたほうがいいと思えるくらい酷い有様です。

お試しベアトリクス
 ハロウィンパーティーのチャレンジクエストが新たに解禁となり、ハロウィンバージョンのユーステスとベアトリクスが使えるようになっています。ガチャにあわせた試用クエストなのでしょう。

くせのあるふたり・・・

 ベアトリクス、いつかゼタと組ませたいと考えていたので、ここで使うことができて良かったです。でも思っていたのとちょっと違う・・・。声の張り上げかたが強すぎて、掛け合いがあってもひとり浮いていそう。

 これで2週間続いたキャンペーンもおしまいです。今回は明確な目標がなく、せっかくAP・BPが1/2だったにもかかわらず、ほぼ普段通りのプレイに終始していました。キャンペーン関係なくローグクリスタル武器を集めてましたし。無料ガチャは結局、レアキャラすら出ませんでした。ついてないです。

ハウンドドッグ使うまでもなかった
 わざわざタクティクスコマンドでゾーイとコルワを入れ替えるまでもないのではないか、との疑問から、武器を見直した上でいつものようにウォーロックでやってみると、やはりユグドラシル・マグナ討伐戦は1ターンで終わらせることが可能でした。しかも先日より大幅にダメージが伸びました。

ハウンドドッグ使うまでもなかった

 ユグドラシルの防御を大きく下げる狙いから、ウォーロックにアーマーブレイクとローズクリスタルナイフ(奥義で風属性防御ダウン)を持たせました。そして武器は背水スキルに特化させ、ティアマトボルト・マグナに加えてセレストホーン・マグナも使ってみたのです。闇属性の武器ながら風属性背水スキル(大)を持っているちょっと変わった槍。これがなかなかの効果が認められ、主人公、ユイシス、レナ、3人とも奥義が200万弱まで出るようになりました。フォームチェンジ前のユイシスは攻撃力がまったくないので、正直びっくりです。

 ちなみに、レナはコンジャクションと自身のサポートアビリティの効果により4ターンでHPが全快します。背水スキルとの相性は良くありませんが、これはこれで凄い。レナの10000強のHPが凄い勢いで回復していくのが面白いです。

 今回のキャンペーン中の無料ガチャで初めてSSレア枠を引けたのですが・・・。召喚石シャインホーク・ガルラでした。使い道のないハズレ。せめて手持ちの召喚石のなにかと被ってくれればなぁ。がっくり。

スキルレベル15でも案外たいしたことない
 全属性とも武器2セット分のスキルレベルを15にしてみました。正直なところ、かけたコストに見合う強さになったとは言い難いです・・・。残りすべての武器のスキルレベルを上げきったとしても、与えるダメージの数値は大して伸びないでしょう。1割増えるかどうかすらあやしいです。普通に手にしやすい武器だけ揃えても、案外天井は低いことに気がついてしまいました。

ハウンドドックなら1ターン

 ユグドラシル・マグナ討伐戦、苦戦するところはまったくないものの、無駄に6~7ターンかかってしまうのが以前からの悩みでした。それならばとゾーイを起用して開幕コンジャクションを使わせてみると、見事に1ターンで倒せるではないですか。まあやる前からわかってましたけど。ティアマトボルト・マグナもセレストクロー・マグナと同じ背水(小)スキル持ちですから。

 ハウンドドッグには"タクティクスコマンド"という任意の二人の位置を入れ替えることできるアビリティがあります。これを使ってコンジャクション使用後のゾーイを後ろに下がらせることで、最初から4人全員風属性で戦うことが可能となります。ただし、ゾーイと交代で前に出したキャラにはコンジャクションの効果はのっていないので、当然背水効果ものりません。今回試した3回とも、チェインバーストを当てたところでHPが数パーセント残り、ユグドラシルからの攻撃を受けて(回避して)からのチャフリリースのカウンター効果で倒しきる展開となりました。

 わかっていたこととはいえ、実際にやってみるとインパクトは大きいです。今まで地道に7ターンもぺちぺちやっていたのが馬鹿みたい。ハウンドドッグを使うのが嫌でなければこの手はお勧めです(が、自分はあまりハウンドドッグは好きではありません・・・)。

せっかく綺麗にまとまっていたのに
 さくらイベントの追加ストーリーは完全に蛇足でした。せっかく綺麗にまとまって終わっていたのが台無しです。

ユーリチャレンジクエスト

 サイドストーリーにも"若き義勇の振るう剣"が追加されました。ファラと同期のユーリが仲間になります。初期のイベントと思われますが、意外にも話はそこそこ良かったです。この頃のポンメルンはやっぱり外道でした。

 サイドストーリーのトレジャー交換で入手できるSSレア武器が最大4個までになりました。いままで最大3個だったからこそ何も考えずに強化素材にまわしていたのに・・・。最初から4個だったら残しておいたであろう武器もあるので、今更これはないです。運営が一度決めた方針を安易に変えるようでは不信感が増すばかり。これっきりにして欲しいです。

封印の杖も揃って一段落
 ローズクリスタル武器4種ともスキルレベル10に持っていきました。前回のキャンペーンの時はバハムートマズル・フツルスを突発的に製作しましたし、いつも横道にそれて基本武器の強化が進みません。しかし今回のキャンペーンはまだ1週間あるので、ここから少しは進められるのではと期待しています。

 ローズクリスタル武器のうち、ローズクリスタルナイフだけは効果が薄く、ダメージはまったく伸びませんでした。むしろ微妙に減ったかも?とも感じました。ティアマトボルト・マグナが強力すぎるようです。ローズクリスタルナイフが持つ土属性ダメージ軽減効果が不要であればこの武器を装備させる意味はありませんね。まあでも私は防御面も結構重視しているので使っていくことにします。

 さくらイベントの"封印の杖"も揃い、最終上限解放まで終わりました。闇属性のまともな杖は持っていなかったのでありがたいです。スキルレベルはまだ上げていませんけど、これは後回し。

またガチャ300回分貯まった
 手持ち宝晶石が66830個でガチャ222回分、これにガチャチケット80回分を加えてガチャ302回分になりました。年内中にはいくだろうとは思っていましたが、ここまで早く貯まるのはまったくの予想外でした。

 今年2月中旬に復刻されたゾーイ(水着バージョン)が欲しくなり、その時点でガチャ99回分あったところから貯め始めて5月末に300回分に到達。7月末にゾーイが復刻され、無料ガチャ40回と合わせて手持ち260回分で蒼光の御印とゾーイを交換。これでついに目的は達成されたわけですが、それでも相変わらず節制して今に至ります。

 ゾーイ獲得の際に40回分浮いたので、今回は4ヶ月半で260回分貯まったことになります。半年我慢すればガチャ300回分貯まるかどうかあたりを運営は意識していそう。まあこれはこれでありがたいのは確かですが、こんなに温くして大丈夫なのかと余計な心配もしてしまいます。反動が怖いです。

 現時点で明確に狙っているキャラはないため、近いうちにガチャ300回をする予定はありません。出てくれたらいいな程度でリミテッドシリーズのリーシャとカタリナ、ユグドラシル、レ・フィーエ(土属性バージョン)、シルヴァ、あと火属性のSSレアキャラ(なんでもいい)。このあたりがごそっと狙えるチャンスを待ちます。

 ここからまたさらにガチャ300回分の上乗せを目指して続けていきます。半年で貯まるとすると次は年度末か・・・。クリスマス、年末年始、四周年記念あたりで大盤振る舞いがくれば来年2月中にも貯まりそうな気もしますけどね。さてどうなりますか。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.