孤独の竜姫イベント
 孤独の竜姫、グレアイベントが始まりました。どのあたりが姫なのかは明らかにされませんでしたが、グレアの魅力が伝わってくる良い内容でした。SSレアのグレアも欲しくなってきます。やっぱり初期の復刻イベントやサイドストーリーのものとは雲泥の差がありますね。数を出すうちこなれたのでしょうか。

 残念ながら戦貨ガチャには最初からエリクシールハーフがありません。前回のカレンイベントもそうだったような・・・。だんだん渋く、厳しくなって辛い。ただ、貰える召喚石にディスペル効果があるので、今回は一応1セットだけ揃えておこうと思います。

全属性のプシュケーが揃った
 フラム=グラスHL10回して火のプシュケー10個。手持ち5個と合わせてコロッサスケーン・マグナ最終上限解放5本分の15個となりました。とりあえずこれで当面困ることはないはず。

 半分程度は6位(ビリ)でした。もともと強くない上にスパルタに英雄武器スコフニュングを装備させ、その上ディスペルとクリアオールを持たせているのですから、それはもう見事に貢献度が稼げません。10戦中9戦でスパルタスは私だけ、ディスペル持ちは私以外に1人しか見かけませんでした。自分の負担があまりに大きく、正直なところフラム=グラスHLはもうやりたくありません。難易度は問題ではありません。

 最高で3位。これは2人が中盤以降脱落しています。4位5位の時もたいてい1人2人脱落していたようです。脱落者はすべて全滅しないで放置のパターン。だめならだめで仕方ないのですから、さっさと全滅して生存組に攻防アップ付けてくれたらいいのに。私は全滅どころか、リルルが一度落ちた(一撃退場)だけでした。6人のうち2人3人消えてしまうとさすがにきついので、最後まで戦える編成で参加して欲しいですね。(中盤から3人になって倒した時は20分以上かかりました)

 ともかく、これで全属性のプシュケーが集まりました。十天衆の最終上限解放をまた狙う!でもなければ6人HLマルチバトルをする必要はなくなり、肩の荷が下りました。

バハムートマズル・フツルス製作
 記事の内容が前後しますが、バハムートマズル・フツルスが完成しました。

バハムートマズル・ノヴム製作

 ひとつ勘違いしていて、ノヴム製作とフツルス製作は続けざまに出来るものと思っていました。しかしフツルス製作は武器レベルが100であることが要求されます。こんなところで足止めされるのも癪でしたので、エンジェルヘイローを適当に周回して、軌跡の輝きで強化時の大成功率UPを発動させ、さっさとレベル100にしてしまいました。

 バハムートの角はこれでゼロになってしまいました。白竜鱗も、先日の四天刃2セット分の属性変更で消費した分と合わせて130個も減ってしまいました。また地道に集めなおそう・・・。

 しばらくは手持ち武器の最終上限解放と、それらのスキルレベルを上げることに注力します。バハムートマズルに強化資材をほとんどまわしていたため、他の武器の強化はおざなりになっていました。

フラム=グラスHLに勝利!
 バハムートマズル・フツルス製作が終わったので、予定通りフラム=グラスHLに参加してきました。わかってはいましたが、大きな問題もなく倒せました。これで火のプシュケー集めの見通しも立ち一安心です。

 小さな問題は、HP25%の大技にファランクスを合わせる際にHP25%ちょうどでフラム=グラスの変身(?)演出が入るため、その瞬間は操作不能になる、というもの。スパルタの経験がある人なら何が起きているのか想像はつくとは思うのですが、そうでない人は何を手間取っているのかと不審に思うでしょう。これを回避するためにHP26%強でファランクスを使ったほうが良さそうですが・・・。そこから1%弱を誰かが1ターンで削ってくれないと悲惨なことになります。そもそもスパルタがひとりしかいないのが間違いだったと思いますけど。

フラム=グラスHL撃破

 バハムートマズル・フツルスが使えるようになったので、シャルロッテとリルルのハーヴァン編成にしてみました。

 シャルロッテは被弾するまで毎ターンステータスがアップするサポートアビリティがすさまじく強力です。たとえ被弾しても次のターンからまたステータスアップが始まります。もうずっと連撃してる感じ。さすがはリュミエール騎士団団長、と思わせてくれます。大ハズレに終わった300連ガチャの中で唯一の当たりでした。

 リルルは攻防アップ、奥義ゲージ&上昇率アップ、全体回復+バリア持ち。ルリアと出来ることが似ているものの、回復量が大きいのが強み。手駒としては優れていますが、フェイトエピソードの内容が酷く、キャラとしてはあまり好きになれません。

 カタリナはメインクエストのものです。Sレアとはいえディスペルマウントと回復が使える点で重宝します。しかしステータスはあくまでSレアキャラなのが残念・・・。

 参戦して気がついたことを書いておきます。

・クリアオールは自分で用意する。誰も持ってこない可能性が高いディスペルも欲しい。
・HP45%以降、フラム=グラスの攻撃が厳しいと感じたら躊躇せずにシャルロット&カタリナのダメージカットを使っていく。
・HP25%間際もしくはぴったりでファランクスを使おうとすると演出に操作を遮られてしまうため、HP26%強で使う。
・HP25%からHP10%の間で参戦者が積極的にスロウを使ってくれないとチャージターンMAXを挟んでしまうため、スパルタとしては非常に苦しい。
・HP10%の大技はファランクス+アテナで100%ダメージカットする。カーバンクルでしのぐには火属性&水属性の両方を使う必要がある。

 とりあえず7回してみまたが、確かに6人HLマルチバトルの中では一番難しいかもしれません。HP45%時の弱体化リセット以降がなかなか厳しいです。誰もアローレインを持ち込んでいない場合、ここから脱落者が出始めます。しかし、難しすぎる!というほどでもありません。

 あとやっぱり皆スロウ使わなさすぎ。HP25%時とHP10%時両方でファランクスが必要となるのに、HP25%以降スロウを使わずにターンを進めてしまうものだから、チャージターンMAXが先にきてしまいます。しかしこのタイミングでファランクスを使うわけにはいきません。HP10%時に間に合わないからです。この条件下ではHP10%時が優先される、ここでファランクスはないとわかってくれていれば良いのですが、それがわかっているならスロウを使うはず・・・。参加者の攻略に対する無理解が無駄に難易度を上げてしまっていると思います。

野良のフラム=グラスHLを試す
 唯一やったことのないフラム=グラスHLが野良で流れてきたので、だめもとで参戦してみました。もちろんだめでした。私はスパルタ、エリュシオンが1人、カオスルーダーが2人、ダークフェンサーも2人いたので、スロウでチャージターン削ってくれれば随分楽になったはず、なのですが・・・。誰も削ってくれませんでした。

 スパルタの視点から言わせてもらえば、チャージターンMAXのところでスロウを使われると非常に困りますが、それ以外は積極的に使って欲しいです。途中参加で一度のブレイクも挟んでない場合は進行がそれぞれ大きく異なるため、スロウを使うことに躊躇するのはわかります。しかし、少なくともブレイク中にスロウを入れる分には誰にも影響を及ぼしません。見ているとそれすらしない人ばかりです。なぜ?

 それでもHP50%まではあっさり削れました。問題は45%あたりで、敵が水属性にチェンジした後です。ここから味方の動きが急に鈍くなり、まともに戦っていたのは私含めて3人だけ。HP32%のところで最後まで動いていた私が全滅、私は即時撤退したのでその先どうなったのかは知りません。前半は本当に何の苦もなく終わったので、このまま最後まで行けてしまうのではないかと思いきや、甘くはありませんでした。

 私と同程度動ける人が6人集まって各々の役割をしっかりこなせれば、普通に倒せただろうなあと思える難易度でした。今回のお試し参戦はとても参考になりました。やっぱりやってみないことにはね。

 水属性パーティ強化のためのバハムートマズルはスキルレベル9になりました。数日内にバハムートマズル・フツルスになっているはず。そこまでいったら共闘側のフラム=グラスHL募集に参加してみたいと思います。

 水属性パーティの主力となったシャルロッテはレベル99、残り77万。あと半月程度はかかりそう・・・。

リッチ100ターン
 リッチ討伐戦、100ターンかけて倒しました。マルチバトルのリストにあったものですが、残り60分を切ったところでほぼ削られていない状態でした。こんな中途半端なもの、おそらく誰もこないだろうと力試しのつもりで参戦、そして討伐成功。8割近くは私ひとりで削ったのではないかと思います。27分かかりました。終盤になって参戦者が増えましたが、ひとりでも倒せそうです。最後の最後が厳しいかな。

リッチ100ターン

 セージにベールとキュアーフェンにクリアオールを持たせ、闇属性カーバンクル2つ装備、サーポター召喚石はもちろんアポロン。ここまで万全だとさすがにピンチは一度もありませんでした。自分からは救援要請も出していません。

 HP25%を切ったあたりで参戦者がぽつぽつと現れ、終わってみれば14人。残念ながら山場をひとりで楽しむことは叶いませんでしたが、なかなか楽しく遊べました。

サイドストーリーはどれもつまらない・・・
 4本目の六道・黄木天の箭をトレジャー交換して、真化のトレジャーも揃っていることを確認して、個人的にゼノ・サジタリウスはおしまいとなりました。やっぱり1本ドロップしてくれたのが非常に大きかったです。HELLとマルチバトル、あわせて30回こなしたかどうか程度、今回は本当に楽でした。

 新たなサイドストーリーが実装されていました。ジェシカとアリーザのSレアキャラが貰えるイベント。全体に予告編のような、とても薄い内容・・・。敵も味方も誰も活躍しません。続く(であろう)イベントのための伏線を張っただけ、むしろそれが目的だったのかもしれません。とにかく見所がなく退屈です。

 それでもトレジャー交換でSSレア武器が6個取れるようなっています。例のごとく1種類につき3個まで、レベル100に持っていけないサイドストーリー仕様ですが、強化素材としてはありがたいです。バハムートマズルも近いうちにスキルレベル10に持っていけそう。現在スキルレベル8です。

ゼノ・サジタリウス撃滅戦
 ゼノ・サジタリウス撃滅戦の初日から、早くも六道・黄木天の箭が3本集まりました。1本はHELLからドロップ。すっごくついていると思います。4本すべてトレジャー交換で賄うとなると、要求されるトレジャー数が跳ね上がりますからね・・・。ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦の時もわりと簡単に集まりましたけど、今回はさらに楽にいけそうです。

 ゼノ・サジタリウスはさほど強くはないのですが、HELLモードで繰り出してくる大技はどれも即死級です。特に序盤で出してくる多段攻撃はルリアの幻影では防げず、しかしここでスパルタのファランクスを使ってしまうと最後の最後で連発してくるアストロホライズンがしのげなくなってしまうため、少し工夫しました。

ノイシュを犠牲にする戦術

 怖いのは序盤の大技だけで、ターンが進み風属性カーバンクルとアテナが使えるようになれば安泰です。そこで最初は"かばう"で大技を一手に引き受けさせるノイシュを前に出し、ゼタは控えにまわしました。ノイシュは大技を喰らって落ちてしまいますが、むしろゼタと入れ替わってからが本番、という戦術です。実際これで楽勝になりました。ただ、大技は必ずしも多段攻撃ではなく、単発攻撃のほうだとルリアの幻影のおかげでノイシュは無傷で通過してしまったりします。こうなるとそのまま最後までいくしかありません。まあそれでも問題なく倒せますけどね。

 今回は上位のアニマがマルチバトルからしか取れなくなったようです。その代わりなのか、ゼノ・ウォウマナフの時よりはかなり出易くなったと感じます。蹄鉄のほうはHELLモードとマルチバトルの両方で取れます。HELL120で3個確定かな?マルチバトルでは出難くなったような気がします。HELLモードを周回できない人には前回より厳しいかもしれません。

 4本1セットと最終上限解放に必要なトレジャーが集まったらそこで切り上げます。

6箱目でおしまい
 だらだら続けて四天刃は6箱目の6本目まで取ることができまた。4箱目がほぼ底までかかった以外はすべてあっさりり出てくれて助かりました。これで次に四天刃を狙う時は5本で2セットになります。

 コルワの使い方がわかってきました。ノワール・エ・ブロンとデ・ヴェテモンを掛けた状態でフィル10の時に奥義を撃てば凄まじい効果を発揮してくれます。通常攻撃20万のトリプルアタックが3ターンくらい続きます。でもユグドラシル・マグナ討伐戦のような数ターンで終わる戦いであればルリアのほうが強いです。奥義ダメージ上限が引き上げられた結果、もともとSレアとは思えない強さだったルリアが更に強くなってしまいました。火属性パーティで召喚石シヴァとあわせると開幕奥義で190万ダメージ程度出してきますし・・・。なんだかユイシスを手に入れた時を思い出してしまう・・・。ユイシスはリミットボーナスで防御力とHPを上げればかなり実用的な強さになりすけどね。コルワもまだ私が使い切れていないだけかもしれません。

四天刃も揃ってきた
 四天刃は5箱目まで来ました。ここからはボックスの中身を引き切らないと先に進めないため、おそらくここで終わりでしょう。予想通りすでに飽きてますし。

タコ

 今回はエリュシオンでHELLを周回しています。AP30で貢献度26万、累計貢献度稼ぎだけみればEXTREME+の5倍の効率。累計貢献度報酬が比較的簡単に貰えるのが嬉しいですね。しかし1周8分もかかります。戦貨ガチャ目当てであれば1周2分のEXTREME+のほうがはるかに効率が良いです。

 エリュシオン、結構強いとは思うのですが、うちの土属性パーティの通常攻撃がたいしたことないので、強力なダメージアビリティ頼みのウォーロックでも大差ありません。

 2セット揃った四天刃、さっそく風属性と火属性にしておきました。四天刃はあと2本余っているので、この先2度の古戦場イベントで5本ずつ集めれば3セット揃う計算です。これが無理なさそう。でもやっぱり槍も欲しいので、次は一伐槍かな。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.