Class.IVジョブはそれほどでもなかった・・・
 ウォーロックとベルセルクのジョブレベルが20になり、リミットボーナスが使えるようになりました。リミットアビリティはなかなか高コストなので、とりあえず2つずつ習得させて様子見です。攻撃力も☆3にして、この時点で1つのジョブ当たりリミットボーナスは60かかりました。

 なんとなくわかっていましたけど、リミットアビリティを習得しても即座に目覚しい強さを発揮するわけではありませんでした。マルチバトルでMVPに輝くベルセルクやウォーロックをよく見かけますが、あれはそのジョブそのものが強いわけではなく、MVPを取ったその人の戦力がとても高く、たまたまそのジョブを使っていただけ、というのが真相のようです。

 野良で遊んでいても銀天の輝きの入手性が現実的なものとなり、これだったらと目指し始めたClass.IVジョブ取得でしたが、この程度だと正直肩透かしですね。ダークフェンサーとホーリーセイバーで遊び続けていても大差なかったかもしれません。強力な召喚石と武器がある程度揃った上で更なる高みを目指すジョブ、そんな感じです。達成感・満足感の点では十天衆獲得のほうが断然お勧めです。

 残りリミットボーナスは80。リミットアビリティ含めて考えるとClass.IVジョブは当面あとひとつだけ。どうしようかな。ダークフェンサーの上位であるカオスルーダーかホーリーセイバーの上位であるスパルタのどちらかにしようかな。どちらも絵が微妙ですが・・・。それにしても、ジョブを取得してからレベル20にするまでリミットボーナスが増えないのがまた嫌らしいです。

 アサルトタイム&キュアポーション2つ持ち限定ながら、シュヴァリエ・マグナ討伐戦をひとりでMVP確定のところまで削ることが出来ました。Class.IVジョブ取得前からいけそうな気はしていましたけど。一時は手持ち二弱として水属性と並んでいた闇属性も、いつのまにか強くなってきました。

 3日目の無料10連ガチャはレアキャラすらいないという過去にない大ハズレ。3000円出してこれだとしたらお金をドブに捨てたに等しいです。やはりガチャするためにお金は出せません。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.