次のイベントはあまり関係なさそう
 覇者の証が手持ち5枚で中途半端だったので、トレジャー交換で1枚貰っておきました。これグランブルースピリッツは個人的におしまい。

 イベントで仲間になったSレア覇王丸はとても使い勝手が良く、手持ちキャラが少ない現状では本当に有難い存在でした。ナコルルも貴重な光属性アタッカーで悪くはありませんでしたけど、覇王丸よりは劣りますね。せっかくのコラボレーションなのですから、両者は属性違いで同等性能のキャラにしたほうが良かったように思います。

 不味い交換レートで覇者の証を入手した直後に参加したマルチバトル、そこでなんとまた覇者の証を入手。嬉しいやら悲しいやら・・・。タイミング悪すぎ。覇者の証1枚分のトレジャーで栄光の証3枚貰えたのでなんともモヤモヤします。まあ覇者の証はまだ足りないので無駄にはならないのですけど。最低あと2枚どこかで入手しないと、上限解放おあずけを食らうキャラがひとり出てしまいます。

 次のイベントは定期に行われている騎空士団同士での争いらしいですね。ソロで遊んでいる自分には何も関係ない内容なのかな。AP・BP1/2キャンペーンが終わってからレベリングや強化がまったく進まなくなったので、関係なければないでエンジェル・ヘイローで経験値と強化素材を稼いでその次に備えようと思います。

前哨戦っぽい戦車2体を撃破!
 第58章の3で再び戦車と合間見えることになりました。今回は誤作動なし、しかも2体います。水属性を指定されたので、次はなんだろう?程度の感覚で挑んだので焦りました。先の誤作動あり戦車1体相手でぴったりちょうど、今回は苦戦はまぬがれないと思いきや、普通に勝てました。

戦車粉砕
チェインバーストのバーストダメージがオール7!

 手持ちに水属性SSレアキャラがいないため、経験値稼ぎも兼ねてレアキャラのデリフォード、控えも同じくレアキャラのカイラナとルナールという、本当に舐めたパーティでした。

 しかし主人公キャラを(たまたま)ホーリーセイバーにしておいたため、カタリナと合わせてダメージカットが2回使えたのが勝因となりました。戦車2体は同じタイミングでチャージターンが進むので、1回のダメージカットで敵2体の大技が防げてしまう!のです。最初のブレイク以降はタイミングがズレてきつくなりますけどね。そこはカタリナとイオの回復で耐え忍び、最初のチェインバーストで片方沈めてしまってから後は楽勝ムードでした。2体相手なのに第54章の時と大差ない展開。やっぱり属性を合わせることが大事、その良い例となりました。

 デリフォードは頑張ってくれましたが、別にデリフォードでなくても・・・という感じ。レアキャラの問題点として、パーティ全体にプラス効果を付与するアビリティ持ちが少ないことが挙げられますが、デリフォードもまさにそれに当てはまります。せめてタウントが取れればなあというキャラですね。せっかく見た目が大盾を持った騎士なのに。まあでも5ターン毎に水属性攻撃(オーバードライブ時なら4倍)が撃てるのは、レアキャラとしては良いほうだと思います。

 次はポンメルン戦であるとクエストのあらすじに明示されていました。ポンメルンは冴えない印象の割りにいつもいつも強敵なので、少し装備の強化に力を入れてから挑むことにします。

三年間遊び続けてもう十分
 この一年続けてきた装甲空母組の育成もついに終わりました。翔鶴・瑞鶴・大鳳がレベル155に到達です!長かった・・・。やりました。

装甲空母組上限到達!

 これでこのゲームはもういいかなあと考えています。もともと15年秋のイベントに失望して、ここが潮時だと判断していました。しかしレベル150目前だった赤城と加賀だけ育て上げて終わりにしようと決めた矢先(記事にした1週間後)にレベル上限が155まで引き上げられ、決断に水を差されてダラダラとここまできてしまいました。

 それでも後悔はありませんが、しかし今思えばやはりあそこが間違いなく止め時でした。まさかここまで改二実装が渋られるとは・・・。季節限定グラフィックといい、今の開発運営は同じデザイナーしか起用しないので、改二が来ない艦娘にはもう絶対に来ない、そう思わせるのに十分な時間が経過してしまいました。これ以上は期待するだけ無駄でしょう。

 この先は大規模イベントの内容が良さそうなら参加して、気に入った艦娘がいれば育てる、その範囲で遊ぶこともあるかもしれません。でも基本的なプレイは今日でおしまいです。三年間おつかれさまでした。

手ごたえのないフュリアス&ガンダルヴァ戦
 第55章と第56章は雑魚戦のみ。第57章でここまで苦しめられてきたフュリアスとガンダルヴァが待ち構えています。連戦となりますが、別々の戦闘になるのでそこまで難しくはありませんでした。初戦は経験値稼ぎ編成だったのであっという間にやられてしまいましたが・・・。☆18だったので油断しました。

フュリアス&ガンダルヴァ撃破

 残念なのが露骨に手を抜いて相手をしてもらった、そんな感じが強いところです。これまでは要所で立ち塞がるふたりでしたが、ここでは接待ゲーム感がすごい。どうせ後々再戦することになるのなら、こんな中途半端なモノを出す必要はありませんでした。超えるべき山を越えた時の達成感を損なわないで欲しいです。

第54章は第52章より簡単
 第53章は難易度通りの雑魚戦のみ、第54章は☆21ながら行く手をさえぎる戦車は不良品で誤動作ばかり。一撃でパーティ全滅に追いやるような攻撃はないため、様子見の初見で倒せてしまいました。

二八式歩行戦車撃破

 敵の弱点となる水属性アタッカーが手持ち皆無なため、しかたなく敵と同じ火属性のゼタとパーシヴァルを起用してみました。正直まったくダメな編成でしたが、敵の戦車が何度となく"誤動作"し、何事もなく終わるターンが多いことに救われました。終盤パーシヴァルがやられてしまったものの、ピンチらしいピンチはそれだけ。まともな水属性パーティが組めるなら楽勝だと思います。これでユグドラシル・マリスと同じ☆21ってテキトーすぎのような。

 ストーリーは意外な展開を見せ面白くなってきました。続く第55章はまたしても☆16で簡単に終わりそうです。

第十七駆逐隊も育ちきった
 第十七駆逐隊の浦風・磯風・浜風・谷風がレベル99に到達!先制対潜攻撃実装を機に遠征組から外し、カレー洋周回の護衛や鎮守府近海対潜哨戒メンバーとして使い続けて地道に経験値を稼がせてきました。装甲空母組の育成に終わりが見えてきたところでより積極的に起用し、先にこちらが上限となりました。第十七駆逐隊はいずれもレベル90台半ばで先制対潜攻撃可能となりますので、育てる価値はあると思います。それにしても14年夏イベント最終海域突破報酬だった磯風に未だに改二が来ないとは。まさかこんなに間延びしたゲームになるとは思っていませんでした。

 装甲空母組の翔鶴・瑞鶴・大鳳は残り3万です。次のアップデートが25日と告知されましたので、それまでには必ず終わらせます。

ユグドラシル・マリスを解放いて第52章突破!
ユグドラシル・マリスに挑戦!

 ユグドラシル・マリスを倒して第52章をクリアしました。先のイベントで貰った風神剣を強化したあたりから目に見えて強くなった我が風属性パーティ、これはいけるのでは?と挑むも初戦は跳ね返されてしまいました。ユグドラシルからの奥義ダメージが積もりに積もってジリ貧から全滅。それならばとダークフェンサーからホーリーセイバーに変えて要所をファランクスで耐える戦術にしてみると、誰ひとり倒れずに討伐成功。戦力はほぼ30000の☆18です。

チェインバースト!

 戦力が上がったのも大きいですが、覇王丸が仲間になったのも大きかったと思います。覇王丸はアタッカーとしてはもちろん、相手に風属性弱体化を打ち込むアビリティを持っているので、補助的な面でも優秀です。SSレアキャラが手に入るまでのつなぎとしては十分すぎますね。ただ、前にも触れたとおりとにかくMISSが多いです。この点でわざわざSSレアキャラと差別化したのでしょう。

撃破目前

 ユグドラシル・マリスを倒しても話は特には進みませんでした。イベント中ということもあり、APがもったいないので第53章は後日にします。第53章の難易度は☆16、第52章からがくっと下がるので、これといった戦闘はないのかも。

先制対潜攻撃可能な駆逐艦が次々とレベルアップ
 Z1とリベッチオがレベル99になりました。先制対潜攻撃が実装されてからは比較的対潜値が高い艦娘を優先的に起用するようになり、皐月を筆頭に次々とレベル上限にしてきたわけですが、このふたりもその流れでの到達です。第十七駆逐隊の面々も残り25000ほどのところまできています。次にレベルアップするのは装甲空母組とどちらが先か、という感じですね。ここまではやりきりたいと思います。

 装甲空母組の翔鶴・瑞鶴・大鳳は残り10万を切りました。ただ経験値稼ぎのペースが下がっているので、来週中にレベルアップするかは微妙・・・。早々にいけるかと思っていましたが、それはなさそうです。

 以前から告知されていた次の改二はザラで確定しました。ザラは素の状態で射程"長"、さらに瑞雲も積めるユニークな重巡洋艦なので、すでに実質改二のようなもの。なので次の改二の候補には挙がらないと考えていました。開発運営はゲームバランスを考慮した上で改二実装を決定しているものと信じていたかったのですが、この1年の改二実装・新艦娘実装からして、ゲームバランスではなく単にデザイナーの起用方針によるもの、ということのようです。三越とのコラボレーション含めて起用されているのが同じデザイナーばっかり。そういうことかぁ。青葉や高雄の改二が来るわけありませんでした。伊号潜水艦の改二ももはや期待できないのかな。

覇王丸とナコルル貰った
 マルチバトルの仕様、やっぱり変わりました。これなら1戦した後に少し待てばもう1戦出来るので、アップデート前までの1戦する(下手するとクリック1回しただけで終わる)と次は100分待ちという意味不明な状態にはなりません。最初からこれで良かったのでは?と思えるアップデートですねぇ。

 今日から始まったグランブルースピリッツはストーリーがとても薄く、実質的にはエクストラクエストで戦いまくってトレジャー交換するだけのようです。先のヨハンイベントよりはマシですが、せっかくのコラボレーションのわりにしょぼい・・・。

格闘ゲーム風にアレンジされてる

 覇王丸は信頼度500で正式に仲間になります。エクストラクエストのEXTREME1周で信頼度+30、難しくはありませんが、それなりに大変ではありますね。キャラはルシウスのような小細工抜きのアタッカーで、最初から結構強い感じ。手持ちの風属性アタッカーがリーシャしかいないので有難いです。ただ、攻撃にかなりMISSが目立ちます。

 ナコルルはトレジャー交換でしか手に入らないものの、覇王丸を正式に仲間にするよりは簡単だと思います。アビリティはすべて全体攻撃から追加効果が付くタイプ、キャラとしては補助的なアタッカー、なのかな。手持ち全体攻撃可能な光属性キャラがいないため、これまた嬉しいですね。

 このゲームはイベントが間断なく開催されていて、すべてに付き合っているとイベント以外は何も出来なくなってしまいます。どこかで手を抜く必要がありそうですが、このイベントがそのタイミングのようです。まずは心許なくなったルピの稼ぎに力を入れることにします。

急に遊びにくくなった
 DMM版グランブルーファンタジーが開始されてから続いていたAP・BP1/2キャンペーンが終わってしまい、とてつもなく遊びにくくなってしまいました。APのほうは文字通り半分なのでそこまで不満はありません。しかしBPのほうは実質1/3だった(2戦しているうちに3戦目のBPも貯まった)ので、キャンペーン終了と共に遊べる範囲も1/3に激減。マルチバトル1戦して、次は100分待ち!?はいくらなんでもコンテンツ薄すぎ~状態です。

 SSレアキャラの上限解放を繰り返したため昨年末に配布された10万ルピも残り少ない状態にあります。キャンペーン中にもっとしっかり稼いでおくべきでした。後の祭りですね。下手すると身動き取れなくなりそう。

 風神剣を少し強化すると最近あまり動きのなかった戦力が29000を超えました。ちょっと頑張った甲斐がありました。30000を超えたらメインクエストに挑戦してみるつもりです。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.