第三海域は半分削った
 第三海域はとりあえず半分ほど削りました。勝利S2回、勝利A1回、大破撤退1回でゲージは半分切ったか切らないかあたり。本イベント初の大破撤退を経験してしまいましたが、今のところ難しいとは感じていません。

 この海域のボスには装甲破砕効果を付与できるらしいものの、その作業がとても面倒に思えたため何もせずに出撃させています。それでも勝利Sは普通に取れています。神通の夜戦連撃で147が出たのを確認したので、問題なく止めが刺せますね。これなら第二艦隊に大井と妙高を使ってしまったのは早計だったかも・・・。比叡あたりでも夜戦火力は足りていたかもしれません。まあ最終形態で相手がどう化けるかにもよりますけど。

 第一艦隊の愛宕が異様に強く、砲撃戦で敵戦艦や敵空母を一発で仕留めたり(単発で100ダメージ!)、なんだか普通ではありません。第五海域では酒匂やプリンツオイゲンが異様な強さを発揮するようなので、もしかしたら愛宕にもそういう仕掛けがあるのかもしれませんねぇ。でも第二艦隊の高雄はごく普通の強さです。

 追記:勝利S3回・勝利A3回でどう見ても次で終わるところまできました。よくよく考えると勝利Aはすべて反航戦の時です。同航戦さえ引ければいけそうかな。続きは週の任務を少し整理してからにします。

16年秋イベント第二海域クリア
 16年秋のイベント第二海域もあっさりクリアできました。まあ出回っている攻略編成を参考にしてますけどね。勝利S4回、勝利A1回で最終形態になり、最後は勝利Sで終わりました。艦戦主体の基地航空隊を敵空母機動部隊にぶつけることで、難易度はかなり下がるように思いました。

二航戦ルート

 蒼龍&飛龍の二航戦コンビを起用すると下ルート、対潜マスなしでいけるとの情報をもとに艦隊を編成しています。高雄&愛宕もルートに絡むうんぬん情報が錯綜していた中、、それとはまったく関係なく、いつも出し惜しみして使いどころがないまま終わってしまう反省から、ここで高雄&愛宕を起用することにしました。

一巡目いきなり飛龍が・・・

 最終形態。まったくの無傷でボスマスに到達したので、これは楽勝だなあと舐めてかかったのが良くなかったのか、一巡目にいきなり飛龍が大破。飛龍は行動前だったので痛すぎます。ゲージ破壊が一転して怪しくなってしまいました。

旗艦高雄が決めてゲージ破壊

 それでも砲撃戦で高雄が敵戦艦を撃沈、なんとか持ち直して夜戦へ突入。しんがりに置いた愛宕がすでに中破していたため、撃ち抜けるかどうかが気がかりでしたが、旗艦高雄があっさり決めてくれました。高雄様様です。やはり出し惜しみせずに高雄を起用することにした判断は正解でした。

 難易度甲でクリアしても大発動艇が貰えるだけらしく、はっきり言って旨みは少ないです。ここは難易度乙でさっさと抜けてしまうのが賢いのではないでしょうか。先に気づいていれば私も乙にしていたと思います。まあ難易度甲でも特段難しいわけではありませんけど。

 あとアメリカの艦攻と艦爆が1つずつ貰えます。性能はかなり低く、後々機種転換任務がくるのかも?(こないのであればこれはいったい・・・?)という感じです。サラトガはスルーするつもりなので、所持前提の任務だと頭が痛いです。

 攻略中に山風が出ました・・・。秋月型もしくはそれに匹敵するユニークなものでなければ駆逐艦はもういらないので、これは見なかったことにします。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.