大鳳のしゃべりにびっくり
 突然大鳳が翔鶴と瑞鶴に感謝の言葉を述べだしてびっくりしました。単に季節限定ボイスというオチでしたけど、実際うちではここ半年もの間、翔鶴と瑞鶴が大鳳引き上げる形で経験値稼ぎをしてきたわけで、まさに状況にぴったり合う内容、いったい何事かと思いました。

由良浴衣

 昨年の長良と名取に続く形で唐突にきた由良の浴衣姿。普通に可愛らしくなっています。手持ちの由良、実はレベル99まで残り3万しかありません。由良だけでなく、長良と鬼怒も残り4万程度、最も遅れている名取ですら残り5万です。やろうと思えばこの4隻すべてレベル99にするのに半月もかかりませんね。経験値稼ぎの余地がある手持ち軽巡洋艦はこの4隻だけなのでしませんけど。

秋月浴衣

 秋月はローソンのキャンペーンで使われた絵に少し手を加えたものがきました。ということは照月と初月も追々くるのかもしれません。秋月は追加ボイスがまったくないのが残念です。今回もありませんでした。

秋月・大淀がレベル155に到達!
 秋月と大淀がレベル155に到達しました!赤城・加賀・大和・武蔵・金剛・榛名に続いて7番目8番目のレベル上限到達艦娘です。

 週末の演習の対戦相手に恵まれて、大淀が2万ほど稼ぎ出し秋月を抜いてしまいました。そして月曜日の演習が終わった時点で残り1000程度。サブ島沖3戦で経験値が足りそうだったため揃って出撃、惜しくも同時レベルアップは逃したものの2戦目で秋月が、3戦目で大淀がレベル155になりました。

秋月レベル155

 対空射撃がめちゃくちゃ使えると感じて育て始めた秋月。14年秋のイベントで貰ったものなのでもうすぐ2年ですね。実際秋月は本当にものすごく使い勝手が良く、15年冬以降のイベントで出番がなかったことは一度もなかったはず。ここまで本当に頑張ってくれました。他の駆逐艦の運上げにまるゆをたくさん使ってしまいましたけど、今思えば秋月に絞って運を上げておけばよかったです。

 レベル155での対潜値は95でした。

大淀レベル155

 秋月から一戦遅れて大淀もレベル155になりました。索敵値が高く4スロット持ちで昼間連撃も可能、埋もれがちな軽巡洋艦の中でも際立った存在感を持つ艦娘で、個人的にもお気に入りです。ただ秋月のようなユニークな性能はないため、レベリングが遅れがちなのには苦労しました。秋月と経験値5万の差がついたら秋月は待機、演習で大淀に優先して経験値を稼がせる、といったやり方で秋月とレベルを揃えていました。

 しかしこれで対空射撃+先制対潜可能な秋月と、昼間連撃+対潜攻撃可能な大淀が経験値稼ぎ艦隊から抜けることになってしまいました。この穴を埋めるのは容易ではありません。字面だけなら皐月が秋月とまったく同じことが可能ではあるものの、基本能力が違いすぎて話になりません。大淀のほうは、代わりになる軽巡は皆無です。

 残る高雄・愛宕・利根・筑摩がレベル152、残り64万程度。演習に参加させているだけでも今年中にはレベル155になっていそうなところにいます。ようやく先が見えてきました。翔鶴・瑞鶴・大鳳はレベル144でこちらはまだまだ先が見えません(が、重巡組が育ちきったところでレベリングは終わりにするつもりです)。

野良秋月拾った
 高速修復材が2990個に戻ったため、経験値を稼げる艦を寄せ集めてイベント最終海域に突撃してみました。ボスマスで夜戦までして勝利A、ボス旗艦は落とせずという結果でした。やはり艦隊決戦支援と大和武蔵がいないのは大きかったようです。

野良秋月

 この夏のイベント海域攻略中に三隈2つ、そして秋月を1つ拾いました。三隈はさっそく改にして20.3cm(3号)連装砲を回収しておきました。野良秋月のほうはメインの秋月と一緒に艦隊が組めないため、レベリングに難儀しています。改にすれば駆逐艦の装備としては非常に有効な10cm高角砲+高射装置がふたつ揃うので、面倒でも育てない手はありません。でもメイン秋月がレベル155目前の今、正直面倒です・・・。タイミング悪すぎ。

 秋月と大淀は残り4万程度でレベル155。本当にもうすぐのところまで来ています。少し遅れていた大淀を待っていなければ、秋月は今日明日にも到達していたと思います。今のペースだとやはり来月の頭かな。昨年末の時点ではレベル155は到底無理だと思っていました。しかしこの春にこのゲームにある意味見切りをつけ、終えるにしても切りのいいところで終えたいと考えるようになってからは早かったです。

 この夏のイベントで貰った新艦娘は、今のところ水無月がレベル21になっただけ。まったく育てていません。

16年夏のイベント最終海域は難易度を落としてクリア
 16年夏のイベント最終海域は難易度乙にしてクリアしました。イベントが難易度選択制になって以来初めて難易度を落として攻略しました。速吸、というか洋上補給が攻略の前提となるような長丁場の海域はもはややる気がしませんので、ちゃっちゃと終わらせてしまいました。

 C・D・H・Iマスで勝利Sを取って一旦司令部に戻ると装甲破砕効果が付与されるようです。これのおかげなのか、難易度乙だからなのかは定かではありませんが、7の7、勝利A2回、勝利S5回のストレートでした。勝利Aは共にボス旗艦を沈めています。

ボス戦まで9マスもある

 この海域のKマスは夜戦です。旗艦戦艦夏姫が駆逐艦4隻従えている中途半端な艦隊ですが、やはり戦艦夏姫は強力で中破大破は当たり前。護衛退避が可能であればボスマス到達は容易なものの、全艦軽微な損傷でボス戦に挑めたのは2回だけでした。護衛退避は3回使いました。

艦戦21型熟練でヲ級改の艦載機を削る

 港湾要塞→夜戦→航空戦→航空戦(2回目)を抜けてからのボス戦。港湾要塞には陸攻主体の基地航空隊をぶつけ、航空戦は第二艦隊旗艦の秋月による対空射撃でしのぐことで一度の大破もありませんでした。護衛退避を使ってでも夜戦さえ乗り越えれば、難易度乙のボス戦はそこまで難しくはないと思います。

 まずは艦戦主体の基地航空隊を飛ばしてヲ級改flagshipの艦載機を削ってしまいます。銀河含め陸攻ばかり飛ばしても敵艦戦にやられてしまうようで、ほとんど効果はありませんでした。

秋月と空母機動部隊でヲ級改を黙らせる

 続いて空母機動部隊による開幕航空戦。先に飛ばした基地航空隊のおかげもあり、かなりのダメージが期待できます。この一戦では戦艦夏姫を一発大破に追い込んでいました。

決戦支援艦隊が下3隻落とす

 さらに蒼龍・飛龍率いる決戦支援艦隊による砲撃が炸裂。綺麗に下3隻沈めてくれました。この時点でゲージ破壊を確信。

第一艦隊一巡目大鳳がゲージ破壊

 とりまきのいなくなったボス艦隊を袋だたきに。第一艦隊1巡目の猛攻の締めとして大鳳が重巡夏姫を撃破してゲージ破壊!

大和が勝利Sを決める

 2巡目大和が戦艦夏姫を沈めて勝利Sで終了。

 ・・・やっばりうちの艦隊だと難易度乙は簡単すぎるかも。でも意味不明にストレスを受けるよりはこのぬる~いバランスのほうがマシですね。

Re2005改

 海域突破報酬として対空+11の艦戦が貰えます。空母機動部隊だと優秀な艦戦がまだ不足気味なのでこれは嬉しい。というか、これ目当てに最終海域を攻略しました。これがなければ春のイベントと同じく攻略放棄で終わっていたはず。

Warspite_20160821062942fd0.gif

 正直まったく興味のない海外艦。戦艦なので演習対潜2巡要員に使えそうかな。積極的にレベリングすることはないでしょう。

伊26

 そういえば最終海域攻略中に伊26が出ました。

 基地航空隊登場から2度目のイベント、その重要性は一層増していました。基地航空隊の有無で特定マスの突破難易度がまったく違うのです。しかしこれからこのゲームを遊び始める人には陸攻を入手する手段が現状まったくないわけで、かつてないほどパワーインフレが進行してしまったとも思えました。基地航空隊そのものは艦娘のパワーインフレを緩和させるための手立てのつもりなのだろうと考えていたので、本末転倒な今回のゲームバランスには疑問を感じます。

大鳳のレベルが翔鶴と瑞鶴に並んだ
 後発の大鳳がついに翔鶴・瑞鶴に追いつきました。レベル143の途中です。

大鳳追いつく

 しかしまだ先は長いですねえ。ま、重巡組がなかなか育たないので、最終的に同じ頃に上限到達してくれればそれで良いと思っています。ただ、年末あたりにレベル上限を引き上げてきそうな気がします。出来ればそれより先に上限にしてしまいたいです。

 この2日間イベント海域には触れていません。演習で最終海域クリア報酬のイギリス艦娘を見かけましたけど、う~ん、いらない・・・。いらなければ最終海域をクリアする必要もないわけで、色々と迷いますね。

最終海域の攻略は来週へ持ち越し
 残すは最終海域だけとなりましたが、攻略する気がおきません。イベントは31日まで、実質30日いっぱいまでと公式に告知がされましたので、イベント海域は少しお休みします。はっきり言ってあまり楽しくないですしね。秋月と大淀のレベリングを黙々としていたほうがよっぽど楽しいです。

 来週になればまた攻略に対する気力が充実しているかもしれません。充実してなければ夏イベントはこのまま終わりにしてしまうつもりです。

16年夏のイベント第三海域クリア
 16年夏のイベント第三海域クリアできました。昨日の時点で9の6、6回の勝利Sでゲージはぎりぎり削りきれていないところから、今日1回目の出撃で勝利Sをもぎ取りました。やはりボスマス手前が苦しかったです。10の7、ボス戦は7回とも勝利Sでした。

ほぼ無傷でボス手前まで到達

 ゲージ破壊時のボスマス手前。ほぼ無傷で到着できたのでこれは余裕で抜けられたのではないかとこの時は思っていました。が、甘かった・・・。

戦艦夏姫だけでこれだけの被害が・・・

 開幕で戦艦夏姫だけに追い込めたにもかかわらず第二艦隊1巡、第一艦隊2巡の攻撃でまさかの大破1中破4!酷い有様ですが、大破した鈴谷は第二艦隊旗艦なので大破進撃による轟沈リスクはなし(旗艦は絶対に轟沈しない)、そしてゲージ破壊の決め手となるであろう第二艦隊の熊野と大淀が無傷だったので、まだチャンスはあると考え進撃を選択。

寄り道なしのルート

 攻略は最短ルートを選択。第二海域は自力攻略にこだわり無駄が多かったため、第三海域はツイッターでちょこっと情報を集めてルート固定面子を調べてから挑みました。幸い、攻略に使いたいと考えていた艦娘とルート固定面子が無理なく合わさるかたちで連合艦隊が組めましたので、最初から最後まで手を入れずに攻略しきりました。

 連合艦隊は経験値を稼がせたい大鳳・翔鶴・瑞鶴を主軸に空母機動部隊を選択。

 第一艦隊の三隈には護衛退避用の艦隊司令部施設と、制空権争いのための二式水戦改を3つ持たせています。三隈の攻撃を捨てることで制空権争いに余裕を持たせ、その分正規空母に艦攻を多めに持たせられるよう工夫したつもりです。

 第二艦隊の駆逐艦はすべて護衛退避要員と割り切りました。白雪は三式探信儀と三式爆雷そして探照灯、吹雪は先制対潜仕様の四式聴音機2つに三式爆雷、秋月は対空射撃かつ先制対潜も可能なハイブリッド仕様にしています(うちの秋月は高レベルなのでソナー1つで先制対潜攻撃が可能です)。対潜マスでの中破・大破は一度もありませんでした。10回の出撃で小破1回だけ。

基地航空隊も苦しい

 ボス手前で半壊したわが連合艦隊はボス戦へ。基地航空隊もあまり戦果を上げられず、未帰還機多数が出てしまう有様。これはここまでの攻略で一度もなかったので焦りました。しかし4回の爆撃が終わってみれば、いつも通り下4隻が消滅。春イベントの基地航空隊はそのダメージの振れ幅があまりに大きく、運の要素が大きすぎた反省を受けてか、この夏は比較的安定していました。

空母機動部隊からの開幕雷撃

 空母機動部隊の開幕雷撃もそこそこ決まりました。続いて艦隊決戦支援からの攻撃も加わり、一連の開幕絨毯爆撃でボス艦隊も半壊(しかも砲撃戦中は攻撃してこなかった)。しかしこちらも最初から砲撃戦の要である金剛榛名がヘロヘロ、どちらも大破寸前の中破だからか決定打は出ず。まあでも攻略全体で見れば金剛と榛名は大活躍でしたね。攻略中、レベル上限にも到達、本当にここまで頑張ってくれました。

熊野が露払い

 夜戦へ。熊野が集積地棲姫に連撃150+170叩きこみ、残るは港湾夏姫のみ。

大淀が決めてゲージ破壊

 そして大淀が連撃110+230で港湾夏姫を吹っ飛ばしてゲージ破壊となりました。やはり熊野と大淀が決め手となりました。

 ボス戦に限れば基地航空隊を集中させることで最後まで難しくありませんでした。

銀河

 難易度甲クリアで銀河がもらえます。基地航空隊で使う陸上攻撃機です。

第三海域のゲージは削りきった
 第三海域攻略、昨日の続きから4の3で計6回勝利Sを取ってぎりぎりゲージが削りきれないところまできました。次に勝利Sが取れれば確実にクリアです。(この記事書きながら出撃させた9回目は駆逐艦3隻が揃って中破・大破して護衛退避も出来ずに終了)

 今日になって突然ボスその他弱体化可能という情報が出回り(空襲に対し防空成功させる、ふたつの航空戦マスで完全勝利S)、さして難しくないので試してみたはいいものの、あまり違いは感じられませんでした。確かに基地航空隊の爆撃で大ダメージが出るようにはなってはいます。しかしこの海域はボス手前をいかに突破するかが最大の問題で、ボス戦はもともとそんなに難しくなかったので、正直言ってあまり意味がないように思いました。

 第三海域周回中に秋月がレベル154になりました。残り24万です。ついにここまできたか!と感慨深いです。大淀が1.6万遅れていますが、こちらもすぐにレベルアップするでしょう。

 第三海域クリアは明日以降に持越しです。現在9の6、勝利S6回。

U-511改レベル99に到達
3の2で勝利S

 16年夏のイベント第三海域攻略中。3回出撃して2回勝利S取りました。連合艦隊なので護衛退避でボスマスにさえ到達すればなんとかなる感じ。ボスは耐久が高いため、逆に砲撃が少しかすめただけでごそっともっていけます。

 三式弾+WG42の熊野の夜戦連撃が140x2、WG42x2の大淀が180x2だったので、夜戦開始時に航巡が1隻健在かつボス耐久が300未満であれば十分落とすチャンスがありそうです。

 問題はボスマスに到達するのが難しいことですね。ボス手前の手前が空母ヲ級改flagship、ボス手前が戦艦夏姫x2、なかなか手ごわい編成が続きます。1回目は第二艦隊の駆逐艦がすべて中破してしまい護衛退避が出せずやむなく撤退。2回目は第二艦隊の駆逐艦が大破して護衛退避を使ってボス戦へ突入。つまりこの時は第二艦隊が4隻しかいないままボス戦で勝利Sを取っているわけです。駆逐艦はあくまでボスマス手前の護衛退避要員と割り切ってしまうほうが良さそうです。例えば先制対潜装備にしてしまうとか。

 上記スナップショットは3回目、やはり護衛退避で白雪が抜けていますが、夜戦まで熊野と大淀が健在だったため問題なく勝利Sが取れました。

 護衛退避を使うと疲労がいっきに積もるので、疲労抜きが大変です。間宮伊良湖を買わせたい意図はわかるのですが、買わない・使わない場合はプレイのテンポが悪くてつまらないです。

 こんなときに何ですが、U-511改がレベル99になりました。昨年の春のイベントで獲得したのかなあと記憶しています。潜水艦の中では回避が高いため、呂500とは別にもう1隻持っておこうと育て始めたものでした。しかし潜水艦で任務をこなすことがまったくなくなってしまい長らく停滞していました。そんな中、先制対潜可能な艦を鎮守府近海対潜哨戒を周回させるのが案外美味しいことに気がつき、3戦ルートの場合はいっしょに出撃させて経験値のおこぼれを貰えるようにしていました。先制対潜が実装された時点でレベル97半ばだったものが、1戦180の経験値を地道に吸わせ続け、ついにレベル99到達です。

 追記:寝る前にもう1回出撃してみたら3回目の勝利Sが取れました。しかも砲撃戦で終わりました。今のところ4の3で良いペースです。

昼で勝利S

 2巡目の金剛が弾着観測射撃を決めてトドメ。金剛と榛名のふたりで500以上ダメージを与えていました。金剛型、改二にしなくても連合艦隊であれば普通に強いです(演習は弱い・・・)。そしてこの一戦でレベル155になりました。赤城・加賀・大和・武蔵に続いてのレベル上限到達です!

16年夏のイベント第二海域クリア
 16年夏イベント、第二海域もグダグダになりながら難易度甲でクリアしました。ここは15年秋イベントからなぜか続いている、輸送部隊でTP削るだけのマップです。ボスマスでボスを沈める必要はなく、勝利AでもTPが0になった時点でおしまいです。

 4回勝利S、5回勝利A、2回ルート逸れ、1回大破撤退(対潜マス)の12回もかかってしまいました。

輸送は無視

 まずは軽めの編成でFマスからの5戦ルート。しかしこれが上手くいかず、Lマスの行き止まりへ流されてしまいました。索敵値が足りないのだろうと考え、ここで早くも利根を投入。すると今度はKマス行き。どうやら素の索敵値はあまり意味がないようです。

 ここでめんどくさくなり、扶桑山城姉妹を起用して索敵値はまず問題にならないであろう重い編成にし、Cマス能動分岐経由の6戦ルートでやっとボスマス到達することが出来ました。江風に大発動艇を3つ持たせてはいますが、あとは利根と初月にドラム缶を1つ持たせたり持たせなかったりの、これのどこが輸送部隊?という艦隊で最後までやりきりました。

砲撃戦前に勝利A確定してる

 最後は勝利AでもTP0が確定していたので、ボスマス到達時点でクリアは確信していました。

 ルート逸れが続いた後は4回連続勝利S、これなら7回でクリアできそうだとの皮算用が良くなかったのか、そこからは結局最後まで勝利Sが取れませんでした。勝利Aでよければ軽い編成で試行錯誤したほうが安上がりでしたし、そちらのほうがおそらく少ない回数でクリアしていたはず。今回の攻略艦隊は勝利AでTP39くらいでしたから。

倒しきれず勝利Aどまり

 一応夜戦へ。江風以外すべて健在、夜戦アタッカーすべてが良い状態だったにもかかわらず、やっぱり勝利A。途中から嘘みたいに流れが悪くなってしまいました。疲労もしっかり抜いていたのに不思議です。6戦目なので弾薬切れなのは重々承知しています。でも同じ条件の前半4回は楽々勝利Sでした。なぜ。

水無月

 クリアすると駆逐艦・水無月が貰えます。しゃべりが皐月っぽい。まあ、育てるとしたら秋月がレベル155になった後かな・・・。正直なところ駆逐艦ではなく潜水艦のほうをクリア報酬にして欲しかったです。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.