16年夏のイベント第一海域クリア
 2016年夏のイベント"迎撃!第二次マレー沖海戦"が始まりました。残念ながらこのゲームに対する熱がかなり冷めてしまっているため、テキトーに進めていくことになると思います。

 いきなり難易度丙でもいいかなと思わなくもなかったのですが、いつも通り第一海域は対潜マップでしたので難易度甲を選択、先制対潜艦を惜しみなく投入してあっさりクリアしてきました。今回は、先制対潜攻撃可能な艦が揃っていればいつにも増して簡単です。5の5、ストレートで終了。

水雷戦隊なら道中3戦でいける

 大淀の説明では水雷戦隊で行け(巡洋艦を含めても可)とありますが、軽空母も使えます。これで戦闘のないDマスを経由して道中3戦ルート固定でした。

 BマスとFマスは潜水艦しか出てこないため、先制対潜攻撃可能な艦が4隻いればミスらない限り無傷で通過できます。

 Gマスは旗艦の軽巡洋艦を随伴艦の補給艦3隻が守る形になっていて(補給艦の耐久が高い!)、どうしても砲撃戦後の雷撃戦にもつれやすくなっています。錬度が低い水雷戦隊で挑む場合はこのマスが難所になるかもしれません。

先制対潜攻撃でここまで追い込める

 先制対潜攻撃可能な艦を5隻投入したので、ゲージ破壊時も一方的な展開でした。開幕前の時点ですでに潜水夏姫は中破してます。ただ、この潜水夏姫は中破していても開幕雷撃をしてきます。祥鳳が中破しているのはそのせいです。ここで運悪く対潜艦が潰されてしまうとトドメをさせなくなってしまうかもしれませんね。こればかりは祈るしかありません。

リベがトドメをさした

 先制対潜攻撃を受けた後の潜水夏姫は五十鈴の攻撃をかわし粘りをみせるもリベッチオに補足されて終了。皐月の攻撃がまだ残っていたので、リベッチオが仕留め損なっても終わっていたでしょう。

 難易度甲でクリアしてもたいしたものは貰えませんでした。これだったら乙か丙でもよかったかも。

夏のイベントは12日から
 最後発の大鳳が翔鶴と瑞鶴のレベルに追いつきました。レベル140台で追いつくだろうと予想はしていましたが、実際にはレベル142でした。ただ経験値はいまだ9万の差があります。完全に並ぶのは上手くいって次のレベルでしょう。

 重巡組がレベル155になるまでに空母組がどこまで差を詰められるか、それだけが今の艦これの楽しみです。

 夏のイベントは12日の夜からと公式に告知がきました。春のイベントのような開幕基地航空隊頼みの大味なところは直してくるだろうとは思うのですが、今の開発運営にはあまり期待が持てないのが残念です。イベント毎にいかに母港枠・装備枠を圧迫させるか、そのためだけに新システムをねじ込んでくるものだから、ゲームバランスがどんどんおかしくなっています。

野良明石拾った
ふたり目の明石

 高速修復材と資材がかなり余っているので北方AL海域周回していたら、ボスマスで明石が出ました。2年前のイベント海域で貰って以来です。これで艦艇修理施設は4つとなり、同時に5隻まで修理できることになります。これは嬉しい。

 艦艇修理施設、明石改でもう1つ手に入りますけど、どうしようかなあ。

秋月と大淀がレベル153に
秋月レベル153

 秋月と大淀がレベル153になりました。これでレベル上限までは47万弱だと思います。レベル1からレベル86にするくらいの経験値でしょうか。9月には到達しそうなペースで来てはいるものの、夏のイベントを挟むため、実際はどうなるかわかりません。魅力的な新艦が来て、そちらのレベリングに勤しむことになるかもしれませんし。まあ来なさそうですけど・・・。

 行けるところまでどんどん行きます。

大淀もうすぐレベル153
水上反撃部隊突入

 今月の水上反撃部隊突入任務、せっかく無傷でボス戦へ突入したのにT字不利を引いてしまい、もう一周か・・・という流れでしたが、砲撃戦で夕立が大破した以外は健在、運良く敵下3隻沈めることもでき、5対3の優位を持って夜戦で勝利Sが取れました。

 この任務はいまでも難しい部類に入ると思います。ただ、ゲージ破壊前であれば敵重巡洋艦が軽巡洋艦になっているので、水雷戦隊でも若干分が良くなるのが救いです。以前はゲージ破壊してから任務に取り組んでいたので無駄に苦しい内容が多かったです。これに気がついてからはずっと一発クリアが続いています。でもたいていボロボロですね。今回は夕立を除いて小破にすらならず、珍しい終わり方でした。

 秋月と大淀はレベル153まで残り1万を切りました。

ダウンロードに5時間かかった・・・
 Windows10のAnniversary Update用にISOをダウンロードしてDVD-Rに書き込んでおきました。x64版で3.41GBあります。実際に試すのは週末以降になります。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.