戦力を温存しつつ第二海域もクリア!
 15年夏のイベント第二海域、ソロモン海を無事クリアすることができました。ゲージ破壊までに5回出撃し、勝利S2回、勝利A1回、勝利S1回、そこで最終形態となり最後も勝利S。勝利Aのときは疲労抜きがあまかったらしく(またか・・・)、第一艦隊、第二艦隊ともども早々に半壊して火力切れ。それでも敵旗艦の耐久残り100まで追い込み、かつ白露と村雨が健在だったのに、連撃をスカって削りきれず終了してしまいました。これを見て駆逐艦の連撃ではここのボスは落とせないと判断し、第二艦隊の旗艦に村雨を据えたうえで熟練見張員付きの魚雷カットイン装備に変更したのが良かったようです。

艦隊決戦支援が炸裂

 第二海域の攻略は第一海域攻略艦隊に伊勢型と妙高型、それに潮を加えた戦力的には中途半端な連合艦隊で挑みました。扶桑型(の改二)は伊勢型より強力なので温存、航空巡洋艦もまだここで出すほどではないと判断、第一海域で軽空母を2隻使ったので、そのままそれをベースに水上打撃部隊を編成してみたところ、南南東へ突っ切るABEGZの5戦ルート固定でした。

 第二海域ボス最終形態。軽空母組の開幕攻撃はまったく効かず焦りましたが、続く金剛率いる艦隊決戦支援が見事に決まり、いきなり重巡ネ級を撃沈。これがゲージ破壊の決め手になったと思います。

ネ級をしとめる足柄

 さらに第二艦隊の足柄が重巡ネ級eliteを落して敵旗艦と二番艦を残すのみ。しかも雷撃戦でどちらも耐久50%割れ。足柄と羽黒が健在だったので、この時点でこれはいっただろうと確信していました。

村雨魚雷カットイン

 ちょっと珍しい?村雨の魚雷カットインシーン。惜しくも戦艦棲姫一撃粉砕とはならなかったものの120ダメージで耐久一桁へ。コモン駆逐艦でもやってくれます。

羽黒の連撃でとどめ

 続く足柄が戦艦棲姫をきっちりしとめ、最後は羽黒の連撃がボス旗艦を吹き飛ばしてゲージ破壊となりました。想定した通りの展開で勝利Sがとれて満足です。

駆逐艦江風

 クリアすると駆逐艦・江風(かわかぜ)が貰えます。攻略に使った白露・村雨の姉妹艦。これは狙ったのではなく、まったくの偶然で驚きました。遠征組から攻略メンバーを抜擢する際に、たまたま姉妹で暇そうにしてたのが白露と村雨だったので・・・。ま、所詮はいまさらな駆逐艦ですからね。この江風も遠征組に押し込むことになりそうです。

 ボス艦隊編成だけ見るとかなりの難易度に思えますが、道中がずいぶんと温いのでそんなに難しくありませんでした。

反撃!第二次SN作戦開始で第一海域クリア!
 15年夏のイベント、"反撃!第二次SN作戦"が始まりました。ログインしたのが日が改まる頃だったので、とりあえず第一海域ショートランド沖のみ様子見半分で出撃、そのまま5の5、つまりストレートでクリアできてしまいました。

 この海域は"軽巡と駆逐艦複数を含む先攻偵察艦隊"で行けとあるので、駆逐艦は遠征組から抜擢した白露と村雨(共にレベル79)、軽巡は現在レベル99を目指してレベリング中の矢矧(レベル98)、開幕露払い役としての軽空母・祥鳳と瑞鳳、夜戦火力として重巡・衣笠(後半3隻はいずれもレベル99)、以上を起用し、さらにゲージ削り中は最低限の前衛艦隊支援を、最終形態と思われる段階で艦隊決戦支援も出して、大破撤退は一度もなくゲージ破壊までこぎつけました。

 軽巡と駆逐艦が指定されても必ずしも水雷戦隊にこだわるべきではありませんし(駆逐艦が大破撤退要因になる)、支援は最低限でも効果が大きいので可能な限り出す、疲労は絶対に抜くべきと、過去の経験を上手く活かせて攻略できました。

軽空母組大活躍

 上記の編成で北周りACEZの4戦ルート固定でした。4戦ですが温いです。Aマスは軽空母による開幕爆雷攻撃+前衛艦隊支援による攻撃で、砲撃戦前に終ることもありました。

 Cマスは対潜、なぜか5回中3回がT字有利で、敵が一度梯形陣を敷いてきたときに開幕雷撃で祥鳳が中破になってしまったことも。とはいえそれが唯一のピンチらしいピンチでした。

 Eマスには重巡が2隻待ち構えているものの特になんだということもなく。昼間で勝利Sになったこともありました。

白露が決めてお終い

 ボスマスも随伴艦が駆逐艦しかいないので、軽空母+艦隊決戦支援で敵旗艦を苦もなく単艦に追い込むことが可能です。夜戦の連撃さえ決まれば駆逐艦1回の攻撃でも敵旗艦を十分落とせるので、軽空母主体の艦隊編成は結構当たりだったかもしれませんね。

 第一海域クリアでは新艦は貰えませんでした。

 ひとつ懸念があるとすれば、新システムの補給増設です。使途が制限されているとはいえ、5番目のスロットの増設をついに認めてしまいました。4スロットでどうやりくりするかがこのゲームのキモだったのに、5番目のスロットに女神を置いてのパワープレイを可能にしてしまったのはどうだったのかと。どうだったというか、現金を投じさえすれば実質デメリット皆無の大破進撃が可能になってしまったわけで、どう考えてもパワーインフレの始まりです。私の勘違いでなければこれで艦これというゲームの寿命を大きく縮めたと思います。このシステムの実装は正直意外でした。まあもう飽き気味なのでどうでもいい話ですけど・・・。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.