低速回線にはつらい仕様
 とりあえずWindows10をMediaCreationToolを使ってISO形式で保存しておこうとダウンロードを開始させ、待つこと2時間半で50%までいきました。うちは低速ADSLなので、時間そのものはこんなものです。しかしこのツール、一旦終了させるとそこまでダウンロードしたファイルをまるごと削除してきます。終了させてしまいました。つまりダウンロードは最初から・・・。がくり。このツールはダウンロードを途中から再開してくれないうえ、回線の上り下りをいっぱいまで使ってしまうので、ダウンロードが完了する長時間、何も出来なくなるのがつらいです。高速回線しか念頭にない模様。せめて回線の優先度を下げられたらいいのに。ちなみに32bit版のISOで2GBくらいでした。

 MediaCreationToolはXPからは起動できませんでした。

大鳳間に合わないな・・・
 夏のイベントが8月10日からであることが確定。そして大鳳はまだレベル65。このペースだとレベル90どころか80にのるかも怪しいです。しかも未改造ですし。ギリギリでレベル80にしても近代化改修が間に合いません。開発運営が空母空母言ってるので、大鳳も夏のイベント向けの戦力に計算できるよう持って行きたいところです。

 明石と衣笠が残り2万強です。今月中とはいきそうもありませんが、8月に入ってすぐレベル99に到達しそう。呂500と秋津洲もレベル98目前ですし、艦隊が良い感じに煮詰まってきました。

 まるゆ狙いの大型艦建造(資材最低値)が10回を数えました。資材が貯まったら2回ずつやって、回復したらまた2回やってと繰り返して、能代・山城・榛名・利根・まるゆ・比叡・榛名・陸奥・日向・伊勢となっています。結局まるゆは1つだけ。月が改まるとまた任務が復活しますし、10日からイベントも始まりますから、大型艦建造は当分お休みです。

大鳳やっとレベル50
 大鳳レベル50になりました。建造で出てきたその瞬間はまるゆそのものでしたが、レベリングしていくうちに、まるゆとは別物だと実感できるようになってきました。凛々しくて結構好き。

 そのまるゆですが、引き続きの大型艦建造5回目で1つでました。資材が貯まったら2回ずつ建造して、つまり機会としては3度目のところででました。大鳳を育てるのにとても助かるので有難いです。このペースでまるゆ量産といきたいものですが。

 大鳳に随伴させている明石は残り5.5万まできました。今月中にレベル99到達するかも?という微妙なところです。サブ島沖海域周回に出なければ衣笠より早いかも。明石の次のキス島沖養殖お客さん枠は香取か秋津洲になると思います。

大鳳育成は遅々として
 大鳳がレベル40になりました。夏のイベントには間に合わないというのが常に頭にあり、いまひとつ波に乗れない感じ・・・。夏のイベントは8月上旬と明言されているため、土日を抜きにすると8月3日でなければ7日開始が濃厚に思えます。そう考えるとまだ2週間もあります。大鳳を手にしてから3週間はあったので、本気を出せばレベル90は超えられたかもなあと思うと、ちょっともったいなかったかもしれません。今更ですけどね。

 その代わりサブ島沖海域周回は相変わらずしていて、阿武隈がレベル93にまで育ちました。矢矧と摩耶がレベル95、衣笠と明石はレベル98の30~40%あたり。演習で育てている秋津洲はレベル97。秋津洲はリランカ島空襲の対潜周回でも稼がせることは可能ですが、秋津洲が艦隊にいると2戦固定になってしまい、稼ぎ効率はだいぶ下がります。なので今はもう演習のみでしか使っていません。やはりMVPが取れなくても3戦出来るほうが美味しいです。手持ちレベル99未満艦も遠征組を除くとかなり育ってきました。

 夏のイベントは秋月型2番艦が入手できるそうなので楽しみです。

まさかのオーディンスフィア!
 え?オーディンスフィア出るの?

 というわけで、オーディンスフィアのリメイク版がPS4・PS3・PSVitaで出るそうです。とても欲しいけど、テレビがない・・・(あるけど親戚の子がTVゲームするためだけにあるブラウン管しかない)。PS3は遊べなくもありませが、解像度の問題で文字情報が読み取れません。でも今更テレビは欲しくないので、Vita本体ごと買えばいいのかな?と少し真剣に考えてしまいました。本体から買うとすると全部で3万円コースか・・・。

 比較対象として正しいかわかりませんが、タクティクスオウガの移植が余計な追加要素でおかしくなっていたので(買う気満々だったのに、発売前に次々あがってきた情報でこれはダメだと確信、結局購入は見送り・・・)、ああならないことを願います。

装甲空母大鳳やっと出た
 ついに大鳳出ました!

大鳳出た!

 ボーキサイトが29.9万を超え、かつ他の資材も29万を割らない条件が満たされたら大型艦建造を1回すると決めて機械的にまわし続けて早ひと月、その7回目、大型艦建造を大鳳狙いにして半年、通算29回目にしてやっと出てくれました。声がまるゆ・・・。

 いつも大和にしていた秘書艦を(武蔵もビスマルクも大和で出してるので)、今日は加賀にしていたのが良かったのかも?

 これで大物狙いの大型艦建造からはとりあえず卒業です。これからはまるゆを狙います。同じ条件で一度に2・3回やれば、今までとほぼ同じくらいの資材消耗でまわせそう。

 特に期待はしていなかったのでびっくりしました。ただ夏のイベントまで半月程度しかないでしょうから、残念ながら参加させるのは難しいと思います。まあそれでも大鳳を育てながら明石をレベル99にできそうなのが楽しみです。

一夜明けて速攻HDD新調!
 突然HDDの電源コネクタが燃え上がるという大惨事一歩手前から一夜明け、さっそく新しいHDDを調達してきました。

 いくつかあった候補から選んだものは東芝DT01ACA200、3.5インチの2TBのHDDです。2015年5月製造、中国産。今の東芝のHDDは日立がHDD事業から撤退する際に一部引き取った工場で作られたものという噂でしたので、品質は近いものが期待できるのではないかという思惑から選びました。現物のHDDの金属カバーを見ると、確かに手持ち日立製のHDDと寸分違わぬデザインです。今回はヨドバシカメラに足を運んでの購入。バルクのものしかないらしいものの、代理店の1年保証が付いていました(ただし発送はこちらもち)。

HDD新調!

 PCへの接続は簡単です。SATAコネクタと電源コネクタを挿すだけ。旧システムでも容量の問題が絡んでこない2TBモノをあえて選んだだけあって、すんなり接続・認識してくれ一安心。パーティションの設定とフォーマットを万が一にも間違えると悲惨なことになるので、OS起動専用SSD以外は外して電源を投入、その際に初期設定を済ませてしまいました。

 Windows7を例にすると、初期設定はコントロールパネルから、コンピューターの管理→記憶域-ディスクの管理で行うことが出来ます。もしこの画面を開いたときに新しく繋いだHDDやSSDが確認されていなければ、ハードウェア的な問題で何かおかしいことになってるはず。各コネクタを挿していないだとか、挿しているけどBIOSで認識できないだとか。そのあたりの説明はここでは省きます。

 ここまできて一度電源を落とし、問題の電源コネクタが火を噴いたHDDを接続。もちろんバックアップをする為です。昨夜の時点で当該HDDの動作は問題ないだろうとわかっていた(2時間ほどディスクチェックに掛けた)のと、すでに重要な部分のバックアップは済ませておいたため、仮に動作しなくてもなんだという余裕の中、新しく追加したHDDとドライブレターが被っていたことに気づかず、最初エクスプローラーから見えなかったのには一瞬焦ってしまいました。これも先述したディスク管理のところからドライブレターを設定しなおせば即見えるようになります。

 バックアップは手動で、ルートフォルダ単位で行いました。途中でHDDに不具合が起きたとしてもどこまでバックアップ出来ていたかを確実に把握するためです。まあ火を噴いた原因はHDD側にはないらしいので大丈夫だとは思いましたけど。なにせ昨日の今日ですから、無駄に慎重にもなります。

 で、現在この記事を書きながら、なおもバックアップ作業中(ほとんど終わり)です。数年分積み重なってるParagon BackupのOS領域まるごとバックアップを捨てれば数百GB浮きそうだなあと思いつつ、一応それも含めたので2時間くらい掛かっています。データの取捨選択は完全にバックアップをしてから、ゆっくりやります。

クリスタルベンチ

 最後になりましたが、東芝DT01ACA200のクリスタルベンチマーク結果をおいておきます。パーティションを切った内周100GBのドライブなのでちょっとずるいように見えますが、別パーティションの1700GBのドライブでも同じ結果でした。一昔前のHDDと比較したら十分すぎるほど速いです。ま、速度面ではSSDに任せてしまえば良い時代になった今、今更HDDにことさら速度を求める人はいないと思いますが。

 まさか火の気のないPC内が炎上するとは思いもよりませんでしたが、炎上します。HDDの電源コネクタは内部で錆びてショートすると火を上げて燃えます。この目で見ました。皆さんも気をつけてくださいね。

 追記:不運にも火に巻き込まれたHDD、まだ実用に耐えうるのではないかと未練タラタラでしたが、裏の基盤が真っ黒に煤で染まっているのを見て今度こそ諦めました。コネクタの下側から火が出てましたから、見えないところで火に晒されたパーツがどれほど劣化しているのかわかりません。少なくとも信頼性の点でもうダメですね。

HDDの電源コネクタから発火!(シャレにならない・・・)
 HDDが突然火を噴きました。PCから白く焦げ臭い煙がもくもくと立ち昇り、側板を外すとHDDが燃えてるではないですか。あっ!危ない!とすぐに電源を落とし(自分でも意外でしたが、冷静に電源スイッチ2回押しての強制終了)、まだ小さかった火をふた息ほどで吹き消しました。煙が大きかったわりに火は小さかったのが不幸中の幸いでした。PCの真上にある火災報知機は鳴りませんでしたが・・・(役立たず)。

燃えたコネクタ

 いったいなぜ?と思いつつ、煤だらけのHDDを取り出してみてわかりました。HDDの電源コネクタが発火源でした。煤をぬぐうとコネクタ内部に緑青が浮いているのが見えました。今までも気がつかない範囲でずっとショートしていたのでしょう。ついに耐えられなくなり、コネクタを燃やすほどになってしまったようです。

 発火中の写真はさすがにありません。コネクタの下側から噴出した火がコネクタを包むように上側で燃え上がっていました。指先で摘んで消せるほど小さくはありませんでしたが、ろうそくに火が灯ったくらいか、それより少し大きい程度で、初動を間違わなければまだ大惨事にはならないとわかる程度のものでした。HDDがまるごと火に包まれていたら躊躇なく消火器を使っていました。

 HDDは日立製1TBのもので、バックアップや普段使うツールを保管してある、うちのPCの中枢ともいうべきもの。ファンの風が良く当たるようにと安物の電源コネクタで延長して引き回し、良い位置に配置しておいたのが裏目に出てしまいました。しかしHDD側の端子は金メッキされていて、緑青の付着は確認できたものの腐食はなく、綺麗に拭ってみるとコネクタの一部が熱で変形してしまっただけのように見えます。今現在HDDのバックアップをしながらこの記事を書いているわけですが、問題なくデータを回収出来ているのはラッキーでした。様子を見ながらしばらく使ってみますけど、残念ながら近いうちに買い替えることになるでしょう。古いHDDながらエラーもなく、まったく問題なく使えているのに。ついてないです。

 実は一昨日、焦げ臭さを感じ、PC内部を確認していました。しかし異常は目視では認められませんでした。まさかコネクタ内部の腐食だったなんて、わかるわけありません。でも今回の件はたいへん勉強になりました。焦げ臭さを感じたところで徹底的に原因を追究すべきだったのです。

 それにしても本当に不幸中の幸いだと思います。電源コネクタは火に包まれたものの結果としてボヤ未満で済みましたし、HDDも即死ではありませんでしたし(というか今はまだ普通に使えてる)。もしタイミング悪くPCを付けたまま食事していたりお風呂に入っていたり(どちらも普通にありうる)して気がつくのが遅かったらと思うと、正直怖いです。もう火が出ていましたからね。不運ながら運が良かったです。

 PCの真上2mほどのところにある火災報知機はぴくりとも反応しませんでした。実際に発火を目の当たりにすると、まず先立って無駄に煙がすごいので、煙に反応しない火災報知機はあまり役に立たないように思いました。

 追記:処分する前にコネクタを割ってみました。

やっぱりサビまくり

 予想より錆びまくっていました。やはりわかるわけがなかったことが改めてわかりました。見える範囲は錆びてないのですから。これはあまりに酷い・・・。なにに付属していたコネクタなのかわからないのが悔しいです。まあこういう不良品を使っていたら火も噴きますね。

見違えた阿武隈改二!
 阿武隈改二!びっくりしました。

阿武隈改二

 なんだかめっちゃくちゃ格好良くなってます。影のうす~い日陰の存在だった阿武隈が、突如主人公になったかのような変わり様。あのよくわからないポーズも一変し、一目凛々しくなっています。これならまったく同じ立ち位置の鬼怒も期待できそう・・・(改二がいつくるのかは知りませんが)とふと思ったので、阿武隈の代わりにレベル1鬼怒を遠征組に放り込んでみました。引き続き育てるかどうかはわかりませんけど。

やるときはやるんです阿武隈

 夏のイベントでも戦力になるよう、阿武隈を急遽育てることにしました。あと2週間あればレベル90台にはいけるだろうとの判断です。

 久しぶりにリランカ島空襲対潜周回させてみると、経験値は美味しいけれど少し物足りないです。サブ島沖海域周回でも、MVPを取らなくても旗艦で720、3戦出来れば1周2160ですから、リランカ島空襲のほうが圧倒的に条件が良いわけでもないようです。旗艦MVPが狙えるので旗艦だけ育てるなら良いのですが・・・。艦隊全体を育てたいならサブ島沖海域のほうが良いような気がします。う~ん、迷うなこれは。

今月も価格.comポイント貰えた
 価格.comへのレビュー投稿6月分、また350ポイント貰えました。しかし6月に投稿したのは新製品に対してだったのに、100ポイントではなく50ポイントでした。やはり条件があやふやですねぇ。"※発売日が2014年7月1日以降の製品が対象です。"との条件は確かに満たしていたはずなのですが・・・。(今改めて確認しても間違いありませんでした)

 あと、"※レビューは200文字以上のレビューが対象となります。"とあるのに200文字に満たないものでもポイント貰えてたり。適当すぎ。文末までにある改行から次の文までのスペースも文字数に換算されてるのかも?あやふやというよりは判定がおかしいというべきか。

 相変わらず謎の多いキャンペーンですが、月1のレビュー投稿で350ポイント貰えるのは美味しいです。4月からポイントが貰えるようになって1850ポイント貯まりました(条件は満たしていたはずなのに3月までは一度も貰えませんでした)。my rackにも少し投稿しましたけど、投稿したい本に先にレビューされていてなかなか数がこなせません。こちらはあまり期待していません。

 一方、coneco.netは最低限管理されているだけになって久しく、今年は一度も投稿していません。ヤフーはconeco.netを死に体にするために買収したわけではないと思うのですが・・・。黙っててもユーザーがレビュー投稿してくれると勘違いしたのかな。とても良いサイトだっただけに残念ですね。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.