夏のイベントまであと半月!
 大型艦建造1回して飛龍。飛龍もあれだけでなかったのに、いまではなんだということもなく・・・。なんだか景気良く大鳳狙いの大型艦建造してますが、自分でも少し不思議です。今月に入ってからだけでもすでに5回しています。このペースだと月に10回は出来ることになりますが、以前6回やって(当然すべてハズレ)、その時はひと月近く回復に費やしています。つまり何かが違うのは間違いありません。遠征の回数は減っているくらいですから、さらに出撃回数が減ってるのかもしれません。まあ確かに、今って高速修復材の在庫調整にサブ島沖海域を周る程度か。遠征で思ったよりボーキサイトが貯まるのも大きいのかな。

 旗艦に据えている矢矧がレベル91目前、衣笠がレベル97の60%、摩耶はレベル92のちょうど半分あたりにいます。次のレベル99艦は衣笠が濃厚です。すでにレベル98の明石はまだ残りが12.5万もありますから、今のペースでは抜かれるでしょう。衣笠がレベル99になったらレベル90の香取を稼ぎ艦隊に編入してリランカ島空襲の対潜周回稼ぎに移行することにします。複数の対潜可能艦を稼がせるならさすがにこっちのほうが早いので。

 遠征組を除いてレベル99未達の艦がだいぶ少なくなっており、夏のイベントで魅力的な新艦がこないと自分の中では艦これというゲームが終ってしまいそうです(春がいまひとつすぎたかも・・・)。季節ごとのイベントに参加するだけ。でもそれでもいいかもしれませんね。

ひさびさのまるゆ
 大型艦建造を1回したらまるゆがでました。春のイベント、最終海域攻略中に1つ取った以来です。まるゆ・ローマ狙いであれだけ周回したのにね・・・。最近はあまりキス島沖養殖していないので、まるゆを改に持っていくのは少しかかりそうですが、母港を空けたいので夏のイベント前には処理してしまうつもりです。

 大型艦建造は6月末から記事にしてない分も合わせて5回しており(すべて単発)、瑞鶴・加賀・蒼龍・飛鷹・まるゆの順に出ています。だんだん出てくる艦が軽くなってるような・・・。どうせならハズレはすべてまるゆがいいな。

 阿武隈をレベル80にして遠征組に戻しました。改二がレベル80を超えてくるようならその時また動くことにします。

グランドファンタジア終了してた・・・
 グランドファンタジア、6月末で6年にもわたるサービスが終ってしまいました。記事にしようか迷ったのですが、一時は遊んでいましたし、関連記事をカテゴリ別にもわけていたほどだったので、その締めということで取り上げることにしました。

 サービス開始当初はとても盛況で、私自身も楽しんでいました。運営もゲーム内でやる気を見せていたのですが・・・。いくつかの問題点が重なり、これはもう楽しく遊んでいけないなということで離れてしまいました。

 まずダンジョン最深部のボスを倒しても参加者の人数分の宝箱が落ちないという謎仕様がどうだったのか。私のキャラはパラディンというボスの攻撃を一身に受け持つ役割を担うものだったため、明らかに他の人より負担が大きかったにもかかわらず、とにかく宝箱がまわってこない理不尽さに何度も泣かされました。わかっていたらパラディンは選びませんでした。

 そして途中から追加された対人戦。これを境に、あの職が強い、あの職は弱いからだめ、そういうくだらない議論がゲーム内でも沸き起こりました。この雰囲気の中では野良パーティなど組んでいられません。最初から対人戦を楽しむゲームであったならかまいませんが、仲間と協力してクエストに挑むゲームの中に、対人要素をねじ込んでもろくなことにはなりません。(ブライトキングダムもそうでしたし)

 ゲームをやめる理由として決定的だったのが荷物欄の少なさでした。クエストに必要なアイテムと装備強化に必要なアイテムを抱え、アイテムの取捨選択をしてもついに身動きが取れなくなり、ついにすべてを投げてしまいました。まさかひとりでだらだらとすら遊べなくなるとは・・・。

 ここでお金を使って欲しいという運営の思惑はわからなくもありません。しかし荷物欄を増やすアイテムは有料の買い切りのものを使っても効果が薄く、錬金(いわゆるガチャガチャ)で出てくるレアアイテムを使うか、使用期限のついた倉庫(銀行だったかな)を使うしかなく、どれだけお金を使えば満足に遊べるようになるのか不明なシステムだったため、ゲーム自体に見切りをつけてしまいました。運営も無理があったと判断したのか、多くの人がゲームから去った段階でこの仕様を緩めてきましたが、後の祭りでしたね。過去記事からすると3周年目の時点で人はほとんどいなかったようなので、6周年目までよくもまあ続けたなあと思います。

 個人的に、正式サービス開始後も遊び続けたMMORPGはこのグランドファンタジアが最後となりました。RPGがどうこうというよりは、MMOはもういいや、という感じですね。

次の改二は阿武隈!
 手持ち艦のレベル99ラッシュは終ってしまったものの、まだまだ稼ぎは続きます。衣笠がレベル97に、摩耶がレベル90になりました。摩耶を使い出したのが7月7日からで、その時のスナップショットで確認するとレベル86、やっぱりサブ島沖海域周回によるレベリングは早いと思います。1周3戦で、勝利Aでも1200、勝利Sなら1440も稼げますから。(ほとんどありませんけど、旗艦MVP3連続なら1周で4320!)

 今では日の任務の補給艦3隻撃沈もサブ島沖海域3戦目の補給艦マスでこなしてます。補給艦を狩るために潜水艦で東部オリョール海に出撃する機会が減ったため、ろーちゃんの稼ぎが減るという弊害も出てますが・・・。テンポの良い夜戦のほうが楽しいですし、何より稼げるので仕方ありません。

 運営からの告知により、次の改二は阿武隈でほぼ確定。17日だとか。手持ちの阿武隈を確認するとレベル78、79に少し足りないくらいでした。仮に改二にしてもどうせ遠征組のままなので、横並びのレベルを崩してまでレベルを上げておく意味あるのかな・・・。迷いますね。

潜水母艦大鯨もレベル99!
大鯨もついにレベル99

 大鯨もついにレベル99になりました。改造して軽空母にしても良かったのですが、艦これの今のゲームシステムでは軽空母の使い道は限られていると考え、あえてユニーク艦である潜水母艦のまま育て上げました。大鯨の砲撃はほぼ期待できず、レベル90に近づくにつれ敵駆逐艦なら一撃で落とせることもある(副砲3積み)、といった程度の強さ(弱さ?)になりました。10cm連装高角砲と水偵を載せて連撃仕様にすればもう少し強いかもしれません。まあぶっちゃけ弱いです。

 私はキス島沖養殖艦隊の1枠を大鯨もしくは明石に割り当てて育て続けましたが、どう考えても演習で旗艦において出し続けたほうが早いです。15年春のイベントで取った秋津洲は、イベント中にレベル35の改にしたとはいえ、その後ほぼ演習だけで現在レベル94。ちまちま大鯨を育ててきた日々がむなしくなります。もういいですけどね。

 明石と1レベルごとに交代させて経験値を吸わせていたので、当然ながら明石は現在レベル98。次は明石のレベル99を目指したいと思います。大鳳が手に入れば一緒に育てられるのにな。

雷電姉妹仲良くレベル99に
 駆逐艦の雷と電が揃ってレベル99になりました。

衣笠さんにまかせた

 いつものようにサブ島沖海域を周回させてレベル99まで残り1100弱。上手く3戦できればレベルアップ!の初戦で雷・電仲良く中破。まあもう1回出撃すればいいかという状態で進撃した2戦目、敵戦艦の連撃を雷がダメージ0で回避。魚雷カットインを受けた衣笠も一桁のダメージでしのぎ、まさかの3戦目に突入。

雷電姉妹レベルアップ

 3戦目は補給艦マス、ボーナスステージのようなものです。中破している雷・電の連撃でも楽勝の完全勝利S、雷と電は仲良くレベル99に到達しました。夜戦連戦の中、まさか同時に中破して同時にレベルアップするとは、狙っても絶対に出来ません。雷・電のレベルアップのために艦隊の士気があがっていたように感じますね。

 これで残るはレベル98大鯨(残り7000!)、レベル98明石(残り13.4万)、レベル97呂500、レベル96衣笠、レベル94秋津洲、レベル90香取、レベル88摩耶、レベル83矢矧となりました。艦種がばらっばらすぎて美味しい稼ぎ場にまとめて出撃させることは難しそう。もう演習だけでもいいかもしれませんねぇ。

 とりあえず大鯨はレベルアップさせてしまいます。

急に弱くなった
 残っているレベル99未満艦(矢矧・摩耶・衣笠・雷・電+レベル124大淀)で艦隊を編成し、サブ島沖海域周回させてみるも、8回出撃して3戦できたのはわずかに1回・・・。弱すぎ。鳥海と妙高姉妹で艦隊を組んでいたときは5回中3回は3戦できていたので雲泥の差があります。ウィークポイントはやはり雷・電。初戦で的確に狙われて、どちらかがほぼ確実に中破大破してしまいます。そのため進撃しても2戦目で大破してお終い。ろ号作戦もまったく捗りません。

 でもその雷・電も残り1万くらいです。1回2戦でも経験値800くらい稼げますから、10数戦でレベル99到達してしまいます。それくらいは我慢しよう。雷・電が抜けたら、手駒がもうないので、レベル132高雄・愛宕、利根・筑摩を持ち出そうと思います。育成対象の艦がどんどんいなくなるなぁ。

夏前のレベル99ラッシュ
 那智と足柄が同時にレベル99に到達。

那智足柄レベルアップ

 サブ島沖海域3戦目の補給艦マス、足柄がMVPなら那智と一緒にレベルアップだけど・・・と見ていたら、本当に足柄がMVPを取りました。狙って取れるわけではありませんので驚きました。これで1年に及んだ妙高姉妹レベリングもついに完結です。良い形で終われました。

天津風もレベルアップ

 その後の演習で天津風もレベル99になりました。よくよく考えると天津風も14年春のものなので、これまた1年かかってますね。あれだけいる駆逐艦勢の中からなぜに天津風を育てようと考えたのか理由はさだかではありませんが、島風とペアで使おうと思ったのかも。(その島風の出番があまりありませんけど・・・)

 雷・電は残り2万を切りました。こちらはキス島沖攻略艦隊メンバー(吹雪・島風・暁・響・雷・電)で、そのまま育ててきました(暁と響は東京急行のスペシャリストとして活躍中、現在レベル86)。でも雷と電は明らかに弱いです。経験値稼ぎにサブ島沖海域に出すと、他の艦と比較して目に見えて大破がかさんでしまいます。改二で化けるのを期待するのでなければあまりお勧めできません。駆逐艦はぱっと見どれも大差ないように感じますが、実際はかなり差があります。海域攻略で起用する際にはよ~く吟味したほうが攻略が楽になりますよ。

 さて、次はどうしようかな。稼ぎ対象の艦がかなり少なくなってきて、艦隊編成の選択の余地もなくなってきました。

妙高もレベル99に
 妙高もレベル99になりました。丸1年かかりました。

妙高レベルアップ

 妙高姉妹は最初は4人とも育てていました。しかし母港の空きが苦しくなり、妙高と那智はレベル30台で処分してしまいました。しかし突如追加された第五戦隊任務が妙高姉妹必須、レベル1から育てなおしてやっとここまできました。任務以外ではキス島沖養殖の3番4番艦枠(2戦してオレンジ疲労で交代)程度しか使わなかったため、ずいぶんと時間がかかってしまいました。後半、サブ島沖海域周回稼ぎが美味いことに気づけて経験値稼ぎが加速したのが非常に大きかったです。

 この妙高でレベル99に到達した艦は60隻となりました。遠征組が73隻目からなので、意図的にレベルアップする意味のある艦は少なくなってきました。うち那智、足柄、天津風、雷、電、大鯨は近いうちにレベル99になるでしょうから、残りわずか。この夏のイベントで育てようと思える艦がこないと、興味が大きく削がれそうです。どうしたものか・・・。

重量級決戦艦隊で押し切る
 今月のカレー洋リランカ島沖のゲージ破壊に成功しました。旗艦秋月でボスマス手前を輪形陣でしのぐ戦術で3連続でゲージ削りに成功。削りきったところで少し悩みましたが、流れがいいのでそのまま出撃、ボスマスまでは問題なく進めたものの、やはり最終形態相手には火力不足で敵旗艦を落としきれませんでした。先月と同じパターンです。

旗艦ビスマルク

 ここは戦艦を詰め込んで押し切ろうと、今月はビスマルクを投入。通常海域攻略では初起用です。まあ結果としてはビスマルクだからなんだということもなく、普通に活躍してくれました。ビスマルク、大和、武蔵、扶桑、山城、加賀の1周弾薬1000弱の重量級決戦艦隊で、昼間のうちにボス旗艦以外殲滅、その旗艦も半分まで削り、こちらは扶桑と加賀が小破してるだけ。安心してみていられました。夜戦ではビスマルクと大和がちびちび削るだけの焦れる展開ながら、3番艦の武蔵が重い一撃を入れて勝利Sでのゲージ破壊でした。

 この艦隊でダメならこの海域はしばらく放置する予定でした。なんだかんだで消耗が大きいですし、ここをクリアするのに手間取っているよりは、さっさと妙高姉妹をレベル99にしたかったからです。重量級決戦艦隊にしての1回目の出撃でクリアできてほっとしました。

 運営からの新たな告知により、夏の改二実装は阿武隈の可能性が高くなりました。阿武隈!持ってる!ついてます。ひたすら遠征に出して現在レベル78、足りてるとは思いますが、矢矧と代えてレベル80にしておこうかな。実は矢矧もレベル78だったりします。これは本当に偶然で、サブ島沖周回稼ぎをしている今、たまたまレベル78になったところでした。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.