戦艦ローマ出た
戦艦ローマ

 戦艦ローマも出ました。ゆーちゃんが出てからさらに4回目の出撃で、ハズレ・ハズレ・大破撤退(今日初めての大破)ときた次がローマでした。やっぱり水上打撃部隊だと簡単に勝利S取れますね。最初から水上打撃部隊で攻略していたらストレートでクリアできてたかも。ローマとももっと早く出会えてたかも。それくらい空母機動部隊とは難易度が違います。

 リットリオがいまひとつ好きになれず、その流れでローマにも興味がなくなり、早々にイベント海域からは遠ざかってしまったものの、だめもとでやってみた最後の最後でU-511とローマが取れるなんてラッキーでした。

 今週のろ号作戦任務がまったく進んでいないため、もう少しだけ最終海域に出撃します。まるゆでないかなぁ。

いまさらゆ~511
ゆー511

 最終海域ボス戦、勝利SでまさかのU-511。ええええ!?って感じ。同じ艦は2つ持たないことにしているのと、U-511のまま育てるのは手間がかかることから、どうせ消してしまうことになりそうですが・・・。とりあえずレア魚雷回収を目指します。それにしてもローマはどこにいるのやら。

 今週はゲージ破壊がらみを除いてほとんど出撃しないでいたためか、資材が思いのほか貯まってしまいました。27万台に戻しそうだったので、さすがにもったいないと判断。本当は最終日に最後のイベント海域出撃を予定していたのを繰り上げて、最終海域ボス戦周回を重ねて6回、うち5回が勝利S。U-511はそのうちの5回目に登場。あとはハズレばっかり。大破撤退、護衛退避はありませんでした。

 周回は軽空母2を使った北ルートの水上打撃部隊でしています。このルート、軽空母使うと楽勝です。いまさら気がつきました。攻略に使った南ルートの空母機動部隊は結構やられましたからねえ。

 15冬のイベントから空母機動部隊を使う価値はぐっと下がってしまった感があります。14秋のイベントでは空母機動部隊を使うと第一艦隊の命中率がものすごく上がったので、道中の不利を考慮してなお空母機動部隊を使う意味はあったのです。それが今や何の意味もなし。あの仕様のままでよかったと思うのですが、開発運営はボスマスはどうしても夜戦に持ち込ませて勝敗をつけさせたかったみたいで、バランスがおかしくなってしまいました。本末転倒ですね。

 本イベントで初めてレアっぽい艦が取れて少しやる気になりました。今日明日であと勝利Sを10回とれるくらいは周回してみます。

艦これモデルvol.2武蔵完成!
 艦これモデルvol.2の武蔵、完成しました。先日の榛名の完成から休まず組み立てに着手、パーツが大振りということもあり切り出すのが簡単でさくさく進みました。 

艦これモデル武蔵01

 さすが大和型、大きいです。しかし大きさの割りにパーツが少ないので、正直なところ大味な感じがします。金剛や長門ほどの精緻さはありません。甲板もすかすか。46cm三連装砲は格好良いのですが・・・。

 あと艦橋の後ろ、煙突とマストをのぞくと1パーツで成型されているので、なんというか造形が甘いです。金剛型の単装砲のようにすべてバラパラに組み立てさせるのもなんですが、逆にすべて1つの塊になっているとシャープさに欠けますね。

艦これモデル武蔵02

 マストは色々な意味で難儀させられます。こんな複雑な形状なのにこれまた1パーツ!ですが、これがたたって大きく歪んでいます。実は最初に手にしたのものはあまりにゆがみが酷かったため交換に出したのですが、届いたものも大差なし・・・。仕方がないので流し込み接着剤を塗ってやわらかくした上で少しだけ形を矯正してあります。でも完全には直せませんでした。というのも力をかけると簡単に折れてしまうのです。

 別に直すのに力をかけなくても、切り出すときに折れてしまうことのほうが多いと思います。マストの根元で1つにまとまっているため粉々にならなければ修復は容易いですが、とにかく折れやすいです。ゲート跡処理するだけでも大変。実際2箇所折りました。ここは何とかならなかったのかなと思います。

艦これモデル武蔵03

 長門と。言うまでもなく手前が武蔵です。46cm三連装砲の巨大さが光ります。武蔵に単装砲がないのは敵艦のアウトレンジから主砲をぶち当てればそれで終わりだから、ということからなのでしょうか。でも当たらないと意味がないような。

 水偵が1つ付いてきます(写真ではのっけてませんが)。カタパルトは2つあるので、どうせなら水偵も2つ欲しかったです。

 というわけで艦これモデルvol.2の武蔵でした。vol.2のシークレットは大和ですが、この武蔵とは違う金型から作られていました。大和といえば花形なのでわざわざ武蔵とは変えたのかもしれませんね。

 これで完成5つ目。次はなに作ろう?戦艦が続いたから瑞鶴あたりかな。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.