艦これモデルvol.2武蔵完成!
 艦これモデルvol.2の武蔵、完成しました。先日の榛名の完成から休まず組み立てに着手、パーツが大振りということもあり切り出すのが簡単でさくさく進みました。 

艦これモデル武蔵01

 さすが大和型、大きいです。しかし大きさの割りにパーツが少ないので、正直なところ大味な感じがします。金剛や長門ほどの精緻さはありません。甲板もすかすか。46cm三連装砲は格好良いのですが・・・。

 あと艦橋の後ろ、煙突とマストをのぞくと1パーツで成型されているので、なんというか造形が甘いです。金剛型の単装砲のようにすべてバラパラに組み立てさせるのもなんですが、逆にすべて1つの塊になっているとシャープさに欠けますね。

艦これモデル武蔵02

 マストは色々な意味で難儀させられます。こんな複雑な形状なのにこれまた1パーツ!ですが、これがたたって大きく歪んでいます。実は最初に手にしたのものはあまりにゆがみが酷かったため交換に出したのですが、届いたものも大差なし・・・。仕方がないので流し込み接着剤を塗ってやわらかくした上で少しだけ形を矯正してあります。でも完全には直せませんでした。というのも力をかけると簡単に折れてしまうのです。

 別に直すのに力をかけなくても、切り出すときに折れてしまうことのほうが多いと思います。マストの根元で1つにまとまっているため粉々にならなければ修復は容易いですが、とにかく折れやすいです。ゲート跡処理するだけでも大変。実際2箇所折りました。ここは何とかならなかったのかなと思います。

艦これモデル武蔵03

 長門と。言うまでもなく手前が武蔵です。46cm三連装砲の巨大さが光ります。武蔵に単装砲がないのは敵艦のアウトレンジから主砲をぶち当てればそれで終わりだから、ということからなのでしょうか。でも当たらないと意味がないような。

 水偵が1つ付いてきます(写真ではのっけてませんが)。カタパルトは2つあるので、どうせなら水偵も2つ欲しかったです。

 というわけで艦これモデルvol.2の武蔵でした。vol.2のシークレットは大和ですが、この武蔵とは違う金型から作られていました。大和といえば花形なのでわざわざ武蔵とは変えたのかもしれませんね。

 これで完成5つ目。次はなに作ろう?戦艦が続いたから瑞鶴あたりかな。

あっさり貯まった
 価格.comポイントの連続レビューキャンペーンのポイントが振り込まれて、2月3月4月と計4件投稿しただけで700ポイントも貰えてしまいました。2ヶ月連続レビュー投稿キャンペーンの内容がいまひとつ不明確でしたが、とにかく対象の製品であれば月に1件だけでもレビューを投稿すれば良い、ということのようです。その対象の製品が何であるのかがわからないのが難点ですが。昨年末に投稿したおもちゃ系の製品に対する複数のレビューにはポイントがいっさい付きませんでした。

 来月振り込まれるであろうMy rackのキャンペーンのポイントと合わせると、1000ポイントは超えそうです。

艦これモデルvol.2榛名完成!
 艦これモデルvol.2の榛名を作りました。久しぶり。作ろう作ろうと思いながら年が明け、3月に一度着手したものの翌日から寒さが戻り中止。机の上に出しっぱなしだったのをここでやっと完成させました。

艦これモデル榛名01

 実はこの榛名、同じく艦これモデルvol.2の霧島と同じ金型が用いられています。艦橋の一番上のパーツだけ、榛名と霧島で違っていて、榛名だと霧島のパーツが、霧島だと榛名のパーツが切り取られた上で箱に詰められています。択一関係にあるパーツなので別に切り取る必要ないのに。あくまで差別化ということなのでしょうね。

 組み立てるときは艦橋を最後のほうに回したほうが他の構造物の取り付けが楽です。単装砲とクレーン(?)は一番最後のほうがいいと思います。

艦これモデル榛名02

 今回は初めて水偵の塗装をしなおして載せています。主翼の日の丸の位置が大きくずれているのが気に入らなかったので、アートナイフで削り取った上で、ピンバイスの刃の後ろ側に塗料をつけてスタンプする要領で色をのせています。塗料が広がりすぎないよう、完全に押し付けないのがコツです。これでも面倒ながら、わりと綺麗にできました。

艦これモデル榛名03

 手前から榛名、比叡、金剛。先ほど榛名と霧島は同じ金型から作られていると述べましたが、vol.1の金剛も恐らくは同じもののようです。金剛と霧島は艦橋含めてまったく同じものかもしれません。台座と説明書が違うだけなのかも。(説明書の榛名の完成写真もなぜか霧島という手抜きっぷり)

 比叡はまったく別物です。緻密ながら成型が粗い金剛・榛名、あっさりデフォルメされているもののシャープな作りの比叡、そんな違いがあります。どっちもどっち。500円でこれなら十分でしょう。

 やっぱりフルハルのほうが見栄えが良いです。先日記念艦三笠で見てきた艦隊コレクションも一通りフルハルタイプの模型でした。一部ウォーターラインのものも飾られていましたけど、やはり並べてしまうと見劣ります。この艦これモデルはこの点必ずフルハルのものが入ってるので嬉しいです。

 というわけで艦これモデルvol.2の榛名でした。これで4つ目の完成。残り5つ。次は武蔵にしようかな。

今月も無難な感じ
北方AL攻略中

 今月の北方AL海域ゲージ削り中。3回までは無難にきました。3回目、艦隊が綺麗に小破中破まみれになりながらも勝利S。ゲージ破壊まであと1回ですが、高速修復材をケチりたいので今日はここまで。

 島風と吹雪は残り5000前後でレベル99になります。育てる意味のある艦が少なくなってきたので、この先どうしようかなあと悩んでしまいます。

 春のイベントから手を引いて早3日、ほとんど何もしていないので資材は再び26万台に回復しました。意識していれば、資材についてはあっという間に回復する感じですねぇ。問題はやはり高速修復材で、1日10個貯まればかなり運が良いほうです。これは遠征と任務以外なにもしないことが前提ですから、実際には7個上積みできれば、というところでしょうか。上限までの回復は遠いです。

 イベント産のまるゆ2つと以前大型艦建造で出したまるゆ1つ、合わせて3つを改にして綾波に食べさせたところ運は+5されました。これで運45。雪風と同じにするにはあとまるゆ6つ・・・。最終海域でもう少し出てくれたら良かったのですが。

 開発資材については3000張り付き状態で使いきれていませんので、資材が上限近くまでき次第、大型艦建造で消費してしまうつもりです。

無理矢理資材を消費してイベント終了
 春のイベント終了まで残り7日。資材が25万を切ったらローマが出る出ないにかかわらずイベント終了すると決めたにもかかわらず、ここにきて、切るどころか26万台に回復してしまい頭が痛いです。さすがにやってられないので、連合艦隊を重く編成、前衛支援も決戦支援も使ってボス戦9回して一気に減らしてしまいました。もちろん何も出ませんでした。まあもういいです。最終日に1・2回やるかもしれませんが、とりあえずお終いにします。

 遠征と任務で回復した分を含めて、最終的に残った資材は燃料25.1万、弾薬25万、鋼材28.1万、ボーキサイトはほとんど減らず29.4万でした。高速修復材は2712。資材については、出撃を控えればひと月かからず取り返せると思います。逆に、高速修復材は早くても2ヶ月はかかりそう。だいぶ使ってしまいました。でも、惜しみなく使ったつもりでも2700残りました。イベントは気力が先に尽きるので、使い切る機会はこの先ないかもしれませんね。

 しばらく休んでから今月分のゲージ破壊任務を片付けることにします。

よこすかカレーフェスティバル2015行ってきた
 よこすかカレーフェスティバル2015に行ってきました。曇り空、わずかに小雨も降るというイベントに遊びに行く側としては好条件の中、9時開始のところ8時半にカレーバイキングの列に並び、前から数えて150人いかないくらいでした。余裕も余裕。帰り際の11時半くらいにも確認しましたが、ブース周りは混雑していたものの、列は300人もいない程度で、とにかく並んでいれば間違いなくありつけそうに見えました。(下の写真は帰り際のものです)

東郷元帥像

 カレーバイキングは18種の中から最大4種選ぶことが出来ます。今回私が選んだのは、横須賀食肉事業(協)のビーフカレー、レストランTSUNAMIのフォンドボーカレー、さいか屋レストランスワンの20種類スパイスカレー、あすなろファームの海上自衛隊内店舗カレーです。

 この中では横須賀食肉事業(協)のカレーが別格で美味しかったです。家では食べられないようなどっしりとした味わいながら、高級レストランのような西欧風とはまた違う、絶妙なビーフカレー。まだ最初のほうということもあり、大きいお肉を貰えたのも良かったです。TSUNAMIのフォンドボーカレーは酒(ワイン?)が強すぎてあまり好みではありませんでした。スワンのスパイスカレーはスパイスより酸味(トマトかな)ばかり強くて、どこがスパイス?な感じ。酸味豊かな~な売り文句のほうが誤解を生じないと思います。あすなろフォームのカレーはすっごく普通。辛くはなく甘すぎもせず、くせがないので誰でも食べられるであろう味。普通に美味しいです。でもお金を出してまでして食べたいとは・・・。ま、お祭りなのでこんなものでしょう。ちなみにダントツで人気だったのがハングリーズの海上自衛隊内店舗カレーでした。すごい列だったのであえて避けました。

 食べ終わっていきなりお腹がいっぱいに。本当はカレーパンバイキングも試すつもりだったのですが、それぞれのパンが半分に切られた大きさで、どう考えても値段に見合ってない、普通にカレーパン買ったほうが満足度が高そうに思えたのでやめてしまいました。カレーと同じくトレーに載せられてしまうため、食べ切れない場合に別途袋を持参しておかないと持ち帰れないのも改善の余地があると思いました。

 また、今年のカレーフェスタは全体に値段が高いです。一皿700円800円、強気な価格設定のカレーばっかり。そこまでいくなら1500円出してまともなカレー食べたほうが良いです。今までハーフサイズで300円だったところも400円に値上がってたり。もろもろのコストが上がったにせよ、なにがどうなると3割アップになるのやら。正直萎えます。そんなこともあってか、カレーバイキングが盛況な一方で、全国カレーエリアでカレーを買っている人はあまり見かけませんでした。これらのお店はバイキングが売り切れてからが本番なのでしょうね。

記念館三笠入口

 記念艦三笠も見学しました。思いのほか広く、見所が多く、正直疲れてしまいましたが面白かったです。中で旅順攻略から日本海海戦、そして三笠が横須賀港で沈んでから今に至る流れを解説するビデオが観られます。NHKが過去に製作したものみたい。まだ10時すぎだったのに、意外にもこのビデオ室に人が集まっていました。人が人を呼ぶ感じですね。三笠の案内・解説をする係りのおじいさん達も思わぬ盛況になんだか嬉しそうでした。

三笠艦橋

 甲板から階段を登ると操舵室のある最上艦橋にまでいけます。写真の左上の列がカレーバイキングに並んでいる人たち。混むのがわかりきっているのでバイキングエリアは僻地にあります。私が並んでいたときもちょうどこれくらいでした。

操舵室

 最上艦橋には操舵室があり、ぴっかぴかの状態のものが見学できます。真ん中の筒に羅針盤が置いてあるのかも?この部屋には入ることは出来ないので未確認です。

 ここには監視&解説係のおじいさんが常駐しているみたいで、嬉々として話しかけてきます。話しかけてくるのはかまわないのですが、反対側の下りの階段が急でかなり危険なので、むしろそちらに気を配ったほうが良いような・・・。

三笠模型

 甲板を下りると展示室になっており、さまざまな資料を見ることができます。写真は下りてすぐ先にある三笠の立派な模型。もう半世紀も前のものなのに、綺麗なまま展示されています。

艦隊コレクション赤城
こんな感じの艦船模型が廊下側に沢山展示されてる

 これとは別に、艦隊コレクションという艦これに乗っかったような艦船模型の特別展示がなされていました。こちらはごく普通の模型ですが、とにかく沢山あるので見応えあります。しかし艦これに登場する艦すべてがあるわけではありませんので、念のため。

 1時間ほどかかった三笠の見学も終わり、これで帰るのもなんなので(カレーバイキング500円+三笠見学300円しか使ってないですし・・・)、無理して海上自衛隊再現カレーコーナーで護衛艦きりしまのポークカレーと護衛艦あまぎりのシーフードカレーを食べてきました。これも一応バイキング形式で、3種の中から2種選ぶというもの。でも1種あたりのカレールゥの量はカレーバイキングと同じ。それでいて600円もします。こだわりがなければカレーバイキングのほうが絶対におすすめ。

 きりしまのポークカレーはスパイスが効きつつ豚肉の旨みが前面に出たとても美味しいカレーでした。昨年の護衛艦カレーグランプリに、きりしまがこのカレーを持って参加できていたら間違いなく入賞していたと思います。しかしあまぎりは・・・。シーフードカレーというのでグランプリ2位だったちょうかいのようなカレーを期待していたのに、なぜかたまねぎとにんじんどっさりのたまねぎカレー。下味含めてシーフード要素ゼロ。これ看板が間違ってたのでは???酷い。きりしまのポークカレーを600円分食べるべきでした。

がらがら・・・
全国カレーエリアの寂しいこと・・・奥の人ごみはこんごうカレーの列

 最後であまぎりのカレーに騙された感が強かった以外は楽しいイベントでした。ただやはりメインとなるカレーの値段が高すぎます。カレーバイキング以外お得感がまるでありません。実際、列が形成されるほど売れていたのはカレーバイキングと自衛隊がらみのカレーばかり。ご当地カレーを売りにきた人たちは、このイベントで知名度を上げたいのか、お祭りの屋台感覚で儲けたいのか、一体何しにきたのだろうか?という浮いた存在になっています。このあたりは来年に向けた運営の課題になるのではないでしょうか。

 これから行く人は芝生の上に座れるようシートを持っていくと良いかもしれません。芝生になっているところは結構あるので、テーブルを確保できなくてもシートさえあれば食べるのに困りません。直接座ってもまったく構いませんけどね。あと飲み物は会場内で普通の値段で買えます(探すと100円で売ってるのもある)ので、あらかじめコンビニなどで買っていく必要はありません。私は買ってしまい後悔しました。持ち込みは禁止されていないようでしたので、家から水筒を持っていくのが最も賢いと思います。

 明日10日もカレーフェスタやってます。

まるゆでもいいのに
 いまだに戦艦ローマは出ません。このペースだと、イベント終了までに探索を打ち切ろうと決めた資材25万切れには届かないかもしれません。赤城と加賀を出ずっぱりにさせているので、そこそこ出撃コストは高いはずなのですが・・・。飽き気味で数をこなしてないというのもありますけど。

 最終海域周回中、ローマと同等のレアリティと思しき陸奥が1回でました。まるゆはなし。葛城はレベル60に、呂500はレベル85(周回開始時レベル80)に、吹雪と島風はレベル99まで残り1万となりました。なんだか普通に経験値稼ぎしてるだけのような感じです。せめてまるゆがもう少し出てくれればいいのにな。

 明日と明後日、横須賀の三笠公園でよこすかカレーフェスティバルが行われます。とんでもない晴天でなければカレーバイキング食べに&三笠見学に行って来ます。会場が海の真横(公園の柵を越えると海面)なので、天気が良いと思いのほか暑く日焼けしてしまうため、すぐ疲れてしまいます。楽しむには曇りのほうが望ましいです。

クリアしてると拘束されない?
 間違って最終海域周回用の連合艦隊を、第四海域カレー洋リランカ島沖に出撃させてしまいました。ぎゃーと焦りましたが、戻ってみれば拘束はされておらず、そもそも他の海域に拘束されているはずの艦がいたにもかかわらず出撃制限にはかからなかった事実から、最終海域までクリアしているとあの拘束はなくなるのかもしれません。

 戦艦ローマはいまだ出ていませんが連合艦隊の面々は着実にレベルが上がっています。赤城と加賀はレベル140になりました。吹雪と島風はレベル99まで残り3万切り、川内も今のペースであればレベル98に届きそうです。随伴艦としてほぼ出ずっぱりの川内の経験値からするとすでに6~7万は稼いでる計算になります。つまり、少なくとも60~70出撃(x2戦)はしているはずなのですが・・・。まるゆすら出ません。事前の予想通り、ドロップ運なさすぎです。

 秋津洲はレベル35で改になり、3つめの二式大艇を持ってきました。秋津洲はとりあえずイベントが終わるまではここまで。葛城はレベル53になりながら改にはしていません。周回するのに改にする必要性がないため、しばらくこのままレベリングを続行します。

イベントはまだ終ってない・・・
 戦艦ローマ探索に最終海域を周回し続けて、燃料弾薬の任務・遠征をあわせての見かけ上の数値が10000減りました。ゲージ破壊にかかったコストに届きそう。出るまで続けていたら間違いなく超えるでしょう。まだ26万以上あるのでその気があればいくらでも周回できますが、気力が先に尽きそうです。そもそもそこまで欲しいわけでありませんから、25万を切ったら止めるつもりでいます。

 秋津洲はレベル30になっても改にならず、なかなか手ごわいです。育成は少しお休み。

 葛城は周回艦隊の旗艦に据えてレベル47まできました。雲龍と天城の例からして、レベル50で改装設計図を使っての改なのは明らか。もうちょっとです。葛城は使っているうちに活きの良い翔鶴のように思えてきて、気に入りました。

 リットリオは途中まで周回艦隊に入れて稼がせていたものの、色々アレなのでレベル23で外してしまいました。低レベルのうちからかなり強い艦だとは思いますけど・・・。もし将来イタリア艦がらみの任務や開発でリットリオを使う必要性がなければ消してしまいたいくらい、今のところ気に食わないですねぇ。せっかくの新艦なのに、この出来はもったいない。

 今回のイベント海域は今までとは違って経験値がそれなりに貰えるようになったため、第二艦隊で随伴させていた吹雪と島風のレベル99が見えてくるくらい稼げています。ローマが出なくても経験値は稼げているのが救いです。

最終海域の南夜戦マスでお手軽経験値稼ぎ
 最終海域、これあれですね。空母機動部隊で第一艦隊の旗艦に育てたい艦を旗艦を据え(例えば秋津洲)、さらに第二艦隊に潜水艦を編入することでお手軽に経験値稼ぎが可能なことに気がつきました。南の夜戦マスは敵旗艦の攻撃以外はすべて潜水艦に向かうため、比較的軽微な損傷で済みます。残念ながら敵旗艦の攻撃は逆に潜水艦には絶対に向かいませんので、潜水艦以外の誰かが被弾する可能性がありますが・・・。経験値は素晴らしく美味しいとまでは言いませんが(勝利Aで旗艦MVPの経験値が810)、第一艦隊の旗艦は自動的にMVPですし、第二艦隊にも稼がせたい艦を配置することで経験値稼ぎの時間効率はかなり良くなると思います。

 第一艦隊は戦闘に参加しないため、空母機動部隊の条件を備えられればどんな編成でもかまいません。出来るだけ出撃コストを抑えられるよう、軽く編成すると良いでしょう。第二艦隊も適当でかいませんが、どうせなら勝利Sを狙える面子を出すべきでしょう。

 もしかしたら15冬のイベントの時のように、潜水艦を第二艦隊に入れて開幕雷撃に期待したほうが攻略自体楽だったのかもしれません。道中の敵があまりに対潜寄りなので何事かと思いましたが、前衛支援を出せば開幕で蹴散らせますし、潜水艦を使うのに問題はなかったのかも。それなら攻略に使いたかった・・・。

 戦艦ローマ探索はしばらくおいておいて、ここで秋津洲を改まで育てようかな。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.