続々とレベル99に
 軽空母・千歳、千代田、隼鷹、龍驤と軽巡洋艦・神通がレベル99になりました。

 軽空母(というか空母)はキス島沖で稼ぎするのに本当に重宝しました。遊び始めた時は潜水艦など持っていませんでしたから、軽空母を複数投入して開幕雷撃一撃必殺といった感じで稼ぎ艦隊をまわしていたものです。個別に見るとあまり好きではない艦もあったものの、結局ひとつも消すことなく、手持ちすべての軽空母をレベル99にしてしまいました。近頃は潜水艦も正規空母も入手しやすくなりましたから、あえてでなければ軽空母の出番なんてほとんどないような気がしますけどね。

 神通は狙って経験値を稼がせた記憶がないので、それだけ普段の任務やイベント海域などでの出番が多かったのでしょう。改二で最も強化された艦という印象から重用していたと思われます。しかし冷静に他の軽巡洋艦の性能を確認してみると、実は球磨や阿賀野あたりも改二でないにもかかわらずかなり強かったりします。特に阿賀野は索敵値が高く、今のゲームシステムではむしろ阿賀野を重用するのが正解だったかもしれません。

 次にレベル99に到達するのはその阿賀野と五十鈴になりそうです。五十鈴は弾着観測射撃ができないというだけで随分と使い勝手が悪くなり、めっきり出番がなくなりました。レベル99目前なので育てていますが、レベル60くらいだったら消していたと思います。今はそれくらい使えません。水偵が1機だけでも載せられるようになるといいのになぁ。

 それにしても主要な艦のレベル上げが終ってしまい、もう惰性で遊んでるだけの状態に近いです。高レベル艦の高火力&高命中を抑えつけるような今冬イベントの仕様でこられるとレベル100以上にしてもまったく意味がありませんから、なんだかがっくりしてしまいました。パワーインフレになるのは私も大反対ですが、あるべき強さを削いで実質的に下に合わせるのはゲームとしてどうなのかとも思います。コストと時間をかけて艦を育てて強さを求めることが開発運営に否定されてしまうのであれば、実はもうゴールは過ぎていたのかも?という気がしています。

 阿賀野と五十鈴は急がず、まず香取のレベル上げで仕切りなおしたいと思います。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.