第四海域もクリア!
 2015年冬のイベント、第四海域であるトラック諸島海域をクリアしました。ここって第二海域そっくりのような?と思ったので記事を見返すと、やっぱり進撃ルートの構成ががまったく同じ。ボスマスの位置も同じ。手抜きですね。ただ、ボスはこちらのほうが圧倒的に強いです。

 10回の出撃で勝利S4回、勝利A3回、そこで最終形態になるも勝利Aでゲージ破壊ならず、12回目の出撃で勝利Sのゲージ破壊となりました。大破撤退は3回です。

トラック諸島海域

 最初の最終形態時はまたしてもT字有利でした。ボス戦でのT字有利はこちらに有利に働くことが多いのですが、ここはそんなことはなく、互いに壊滅して夜戦で手数がなくなりボス旗艦を落とせないパターンになるだけでした。綾波が魚雷カットインを出してくれれば勝負あったものの、出ず。綾波、前回のイベントでは大活躍してくれたのに、今回のイベントではいまひとつです。

到達時点でぼろぼろ

 最終形態になってから2回目の出撃は、初戦で綾波から変えた雪風がいきなり中破、さらに次の戦艦マスで秋月が小破、そしてボス手前の空母マスで秋月中破に赤城小破というどうしようもない有様。流れが悪すぎですね。でもこういうときに限って結果が出るのです。ここまでずっと複縦陣だったのを、この時だけ単縦陣に変えたのが嫌な流れを断ち切るのに効果があったのかもしれません。

大和が削り

 夜戦開始時の時点でボス旗艦は単艦。こちらは大和と武蔵が健在、秋月と雪風は中破でもうダメ(秋月は夜戦で大破)。敵旗艦の耐久は180。ここで大和が138削ってくれました。

武蔵が決める

 これはいけるだろうという期待の中、武蔵が応えてくれました!ここでゲージ破壊となりました。

 しかし雪風は秋のイベントに続いてまたしても良い所なし・・・。

 秋月は夜戦での活躍こそなかったものの、防空担当として期待通りの活躍をしてくれました。育てておいて本当に良かったです。駆逐艦の中では一番のお気に入りとなりました。

香取

 そしてここで貰える新艦は練習巡洋艦・香取。性能は雷装が低く対空が高い駆逐艦といったところ。対潜装備が可能なので、育てるのは比較的簡単そうです。

 一方、装備は何も貰えませんでした。この海域は難易度甲でクリアする意味はないかもしれません。

 これで残る海域はあとひとつとなりました。過去の例からして、最後で詰まるのは明らかです。嫌気が差す前にクリアできると良いのですが。

やってることは第二海域と変わらない
 第四海域攻略中。勝利S3回、勝利A3回、大破撤退3回で残りゲージは2回分くらいになっています。駆逐艦2隻縛りの少数精鋭でとの指示なので、ちゅうちょなく大和と武蔵、赤城と加賀を選択。駆逐艦枠に秋月と夜戦カットイン担当の綾波を起用しました。これでボスマスまで東3戦の4戦ルート。やってることは第二海域とほとんど変わりません。第四海域のほうが空母多めというだけ。ゲージも長く、あまり面白くないです。少し休憩。

 イベント開始から、この海域で初めてT字有利以外で大破撤退を経験しました。ボス手前の敵空母に綾波が無傷から一発大破、これが2回です。なんてことのない編成なのにやられてしまいます。あとやはりボスマスでのT字有利を2回引き、砲雷撃戦中に艦隊が壊滅しての勝利Aが2回。ボスマスでのT字有利はこちらに有利に働くことが多いのですが、ここは敵艦隊の耐久が高めということもあり、明らかに不利に働いています。大和でも一発大破に持っていかれますし・・・。T字有利でなくても単縦陣だと被害が大きい感じなので、途中から道中含めてすべて複縦陣にしています。

 大和と武蔵を使っているためすごい勢いで資材がなくなっていきます。やっぱり補給と修理の両方にかかる燃料が一番減りますね。任務と遠征で稼いだ分を合わせても、すでに15000ほど減ってしまいました。逆にボーキサイトはほどんと減らず、ここまできても3000ほど。高速修復材は第四海域攻略中に2900を割ってしまいました。

 まあまだ丸々2週間ありますから、資材の残りは気にせず海域突破に注力したいと思います。

第一海域より簡単だったかも
 2015年冬のイベント第三海域、トラック白地沖もクリアしました。最初の出撃でとんでもないルートをとってあせりましたが、終ってみれば5回の出撃、勝利S3回と勝利A2回でゲージ破壊となり、3つの海域のうち一番あっさり(簡単に)クリアできてしまいました。

トラック泊地沖

 最初の5戦ルートをとった編成にほんの少し手を入れるだけで3戦ルートに固定されました。対空カットインは第二艦隊ではでないのではないかという迷いから、当初秋月を第一艦隊に編入したわけですが、この不自然な秋月を第二艦隊の旗艦に据え(対空カットインは問題なくでる)、その代わりに第一艦隊に筑摩を投入、第二艦隊は護衛退避用に駆逐艦を優先して重巡洋艦を1隻に絞ってみると、これがまた嘘のように楽勝ルートに進むではないですか。よく考えると、これって秋のイベントの最終海域で使ったのとほとんど同じ編成のような。

トラック泊地沖砲雷撃戦終了時

 空母機動部隊の圧倒的火力により、ボス艦隊最終形態も問題なく蹴散らせます。ただボス旗艦の装甲は相当高いらしく、大和・武蔵の弾着観測射撃を持ってしても100も削れませんでした。ゲージ削り中から一度として昼間のうちに落とせたことはありませんでした。

 なお赤城と加賀は烈風を積んでるだけで攻撃には参加していません。

プリンツが仕留める

 ボス旗艦はとにかく硬い!ということで、第二艦隊の下3艦は魚雷カットイン装備にして挑みました。途中まで大淀ではなく神通を起用していましたが、連撃ではまったくダメージが通らなかったため、夜偵と照明弾を持たせた大淀に変えて夜戦のサポートをさせました。大淀万能すぎ。

 今回トドメを刺したのはプリンツオイゲンです。秋月と大淀の連撃で残り耐久100強まできていたので(夕立は攻撃前に沈黙)、カットインでなくても重巡の連撃であれば倒せたかもしれません。ま、とにかく上手くいってほっとしました。

ユー

 この第三海域をクリアして、やっと新艦が貰えます。潜水艦U-511。できれば伊号で潜水艦部隊を組みたかったですけど、Uボートでも嬉しいです。でも潜水艦はまともに育てると時間かかるのがなー。
 
前半終了

 というわけで前半戦終了です。残り海域はふたつ!
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.