第二次渾作戦クリア
 第二次渾作戦もクリアとなりました。結構つまづきました。クリアまで10の5だったかな?3回ボス旗艦を落として、あと1回に見えて実は少し足りないという嫌らしいゲージの長さです。5回勝利Sを取れば間違いありませんが、前半3回で勝利Sを2回と適当にボス旗艦にダメージを与えた勝利Aを1回取っておけば、続く3回目の勝利Sを取った次で最終形態になっているはず。2番艦の軽巡洋艦が赤くなります。

第二次海域

 最初あっさりボスマスに到達。しかしボス旗艦は落とせず。1マス目北は対潜マスだったので、確実に仕留めようと対潜装備に変えたところ南行き止まり送り。なんというか、まんまとやられました。この対潜マス、対戦装備がなくても単横陣から勝利Aは間違いないくらい簡単なので、実は対策は不要です。1マス目東の旗艦軽巡洋艦の雷撃が強力で、ここで2回大破撤退しました。

簡単な夜戦マス

 ボスマス手前、Gマス(よく見るとアルファベットがふってある!)は夜戦マスです。でも簡単すぎ。一度も大破撤退しませんでした。ここで苦労するようだと明らかに艦隊の錬度不足なのでしょう。私は夜戦マスは嫌いではないので、例えば難易度をそれなりに高くしつつショートカットの間に配置する等、リスクとリターンのバランスをとった上で夜戦マスを配置してくれたらもっと面白くなるのになあと思うのです。今回は次がボスマス確定なのにこの夜戦は実質素通りという、狙いがよくわかりませんね。まあ意味不明に難しくされても困りますけど。

支援大和

 最終形態最初の夜戦、敵艦隊は旗艦のみ、こちらは6番艦の五十鈴が健在、連撃のクリティカルが入ればゲージ破壊、というところで見事に決まらず。久しぶりに起用した五十鈴、ここでやらなければいつやるんだ!?というところでやってくれませんでした。
 
 これが決まらないようでは今日は流れが悪いと判断、流れを断ち切りさっさとケリをつけようと、大和と武蔵の決戦艦隊支援を出すことにしました。敵艦隊に戦艦がいるわけでもなし、完全に火力の無駄なのはわかっていましたが、気合を入れ直して再出撃です。

 そして無事1回でボスマス到達。やってきた支援艦隊は当然ながらすさまじい破壊力で、開幕支援攻撃ひとつで敵艦隊2番・3番・4番艦を沈めてくれました。この時点ではこれはゲージ破壊確実だと思っていました。

楽勝のはずがぎりぎり

 でもそう上手くはいかないわけで・・・。姫1隻にこちらも1番艦が大破、2番艦が中破に追いやられ夜戦へ。こちらの2番・3番・4番艦は姫を削りはするもののクリティカルヒットがでず、5番艦の酒匂の連撃でなんとか仕留める展開に。6番艦の五十鈴は中破していたので、酒匂が決めなければまたゲージ破壊を逃していたと思います。あれほどの支援を受けながらギリギリになるとは。でもよかった~。決戦艦隊支援出して大正解。

 ちなみに大和と武蔵を含む支援艦隊の補給コストは燃料270・弾薬540でした。燃料はたいしたことありません。しかし弾薬は540!今回は支援一発で決まったから良いようなものの、嵌るととんでもないことになります。お勧めは出来ません。

秋月

 ゲージ破壊で駆逐艦・秋月が加わりました。大和の妹みたいで可愛らしいですね。駆逐艦は数が多すぎてどうでもいいというのが本音ですけど。

 第一艦隊:卯月(62)・弥生(59)・春雨(50)・白雪(62)・酒匂(60)・五十鈴(95)
 決戦艦隊支援:大和(134)・武蔵(114)・祥鳳(98)・瑞鳳(98)・島風(96)・綾波(80)

 というわけで第一次および第二次作戦は無事クリアできました。もっと冷静に編入する駆逐艦を選択していればもう少し楽だったのかなと正直思います。レベル90台の駆逐艦は温存するにしても、レベル80に綾波・夕立・潮の改二3隻がいたのに・・・。

 ここまで、燃料も弾薬も3000も減っていません(遠征含む)。高速修復材はぴったり40個消費しました。兵站の点ではまったく問題なく最後まで行けそうです。問題は気力が尽きないかどうか、ですね。夏は途中で一旦尽きました。

 明日以降、第三次作戦に挑みます。

第一次渾作戦クリア
 秋のイベントである渾作戦が始まりました。とりあえず第一次作戦だけクリアしました。単純なミスをしつつも6の4でクリアできたので簡単だと思います。

対空強化

 いきなり連合艦隊です。第一艦隊で砲撃戦二巡、第二艦隊で砲撃戦一巡、第二艦隊で雷撃戦、夜戦は第二艦隊のみ、夏のイベントと同じ仕様です。相変わらず砲撃戦は互いにほとんど命中しません。それでもよわっちい艦を執拗に狙ってくるようで、適当に出した阿武隈(53)が6戦中4戦大破2中破2、集中放火で苦労させられました。阿武隈はちょっとレベルが足りなかったのかもしれません。

 対空が強化されたとのことで、上のスナップショットからもわかるように、開幕の航空戦で対空砲を撃つエフェクトが追加されていました。でもこれ、制空権争いには関係しません。互いに艦載機が撃墜されやすくなった、ということみたいです。要はボーキサイトの消費がきつくなっただけ・・・。う~ん??という感じ。

ゲージ破壊直前

 6回目の出撃、4回目のボス旗艦撃破でゲージ破壊でした。失敗した2回のうち1回は、道中大破で護衛退避しようとしたところ、第一旗艦ではなく第二旗艦に艦隊司令部施設を持たせてしまったため使えず(素で勘違い)やむなく大破撤退。もう1回は疲労を抜かなかったからかボス戦砲撃戦で第二艦隊が3隻大破、夜戦もすべてミスで終了でした。

 6回目の出撃、間違って第二艦隊に重巡洋艦を入れたまま出撃してしまったものの、特に問題なくボスマスに到達しました(明石による修理をするのに時津風と妙高を入れ替えたのを忘れていた)。はっきり言ってこの編成のほうが楽でした。T字有利ということもあり、あっけなくも昼間雷撃戦でゲージ破壊となり第一次作戦はおしまい。

 編成は適当です。特に第二艦隊は鼠輸送作戦に出してる遠征組をそのままの編成で順番を入れ替えただけという手抜き。第一艦隊はレベルを上げたい艦のうち、レベルの低い順から選択という、本当にいい加減な編成です。

 第一艦隊:五十鈴(95)、日向(96)、伊勢(96)、那智(80)、阿武隈(53)、妙高(78)
 第二艦隊:酒匂(58)、時津風(51)、白雪(61)、卯月(61)、弥生(58)、春雨(49)

 この編成で時計回りの3戦固定でした。ここから時津風と妙高を入れ替えたところ、反時計回りの3戦でした。反時計回りルートのほうが敵の戦艦の数が少ない上、こちらの第二艦隊が強力な分、簡単に攻略できると思います。第二艦隊の軽巡洋艦は下のほうに置いたほうがボス旗艦を仕留めやすいかも。

 この第一次作戦では新艦は貰えませんでした。第二次作戦へつづく。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.