羽黒がレベル99に
 羽黒がレベル99に到達!艦これを遊び始めてから最初に出た重巡洋艦が羽黒でした。その時のものをずっと使い続けて11ヶ月、長かったです。羽黒は改二で黒目が異様に大きくなってしまい、不細工になってしまったのが残念です。改二だけあって重巡の中では最強クラスなのに、肝心の見た目が悪くなるとは・・・。現状、重巡は航巡からそのメリットを削いだだけの艦という状態で、重巡ならではの特徴がなにもありません。絵は今更どうにもならないとしても、そのあたり何とか手を入れて欲しいですね。

 武蔵はレベル97になり、秋のイベントも近いので、ここで改にしました。衣装が黒っぽくなり、セリフも結構変わります。改のほうが格好良いです。それにしても武蔵は大和より連撃出にくいな・・・。性能はほぼ同じなのに、大和のときよりMVPが取りにくい感じ。そこがちょっと難点かな。秋のイベントまでにレベル99になっていれば、というところでしょうか。

西村艦隊南方海域へ進出せよ!
 西村艦隊南方海域へ進出せよ!任務、クリアしました。満潮と最上を拾いなおすところから始めたので手間取りました。

 この二隻はこの機会とはいえ育てる気にもなれませんので、最初は未改修のまま編入させて南方海域進出作戦へ投入。しかし当然ながら脆く、5回やって2回ボス戦へ、3回は初戦で最上か時雨が大破するというパターンでした。敵もなかなか賢く、やわらかいところを狙ってきます。満潮は旗艦に置いただけあって一番悪かったときで中破でした。ボス戦は1回目が敵に潜水艦がいてこれを落とせず、勝利A止まりで任務クリアならず。2回目は単横陣で潜水艦を落としながらも敵戦艦耐久残り5が削れずまたしても勝利A。がっくり。ただ、ボスマスまでたどりつけさえすれば、あとはどうとでもなりそうなのはわかりました。

西村艦隊

 仕方がないので最上をレベル10に引き上げ改に、満潮も同程度にレベルを上げました(改まではやる気が持ちませんでした)。ほぼ時を同じくして遠征組の時雨がレベル60になり改二に。それぞれ近代化改修もそこそこに出撃させての2回目(7回目の出撃)、やはり単横陣から敵潜水艦を優先的に排除し、T字有利だったこともあり砲雷撃戦終了時点で敵旗艦空母と戦艦のみ。しかし、これはもう楽勝だろうというところから敵戦艦が耐えまくり、最後の最後で6番艦の扶桑が決めて勝利S。なんとも苦しい展開でした。

 三式ソナー爆雷セットであれば、満潮が改でなくても単横陣からのクリティカル1発で敵潜水艦は沈められます。さらに時雨にソナーを持たせておけば間違いありません。敵艦隊の残りは上から正規空母・戦艦・軽巡洋艦・駆逐艦・駆逐艦でしたから、下3隻を二巡目に屠りさえすれば夜戦は上2隻を相手にするだけ、とまあ実際もこの予想通りの展開だったのですが、夜戦で敵戦艦相手にこちらの3番艦から5番艦までの連撃がすべてヒットせず焦りました。単横陣は夜戦の命中率が下がるのかもしれませんね。

 この任務をクリアすると勲章が1つ貰えます。手駒が揃っていればクリアは簡単なので随分と甘いです。おそらく山城の改二が続くからサービスした、ということなのでしょう。手駒が揃っていない、特に満潮と時雨を育てていない場合はほぼ運頼み、クリアはなかなか難しいと思います。現状、駆逐艦向け海域でなければ、常に一発大破の可能性がある駆逐艦は艦隊のお荷物扱いなのが残念ですね。連合艦隊なら護衛退避に使う意味もあるのですが・・・。

 秋イベントは11月14日からと発表されました。面白いと良いのですが。

必ずもらえるけど・・・
 my rackのレビュー0件の本にレビューを投稿すると1件ごとに30ポイント獲得、予算上限が50000ポイントという微妙なキャンペーンが始まりました(11月末まで)。27日からやってたみたいですが、1日経って新規投稿1件・・・。ひと月で1000件以上の投稿があるとも思えませんし、予算が余って終わりそう。

 価格.comポイントは1000ポイントからの交換です。このキャンペーンのみで具体的な利益にしたいのであれば最低でも34件投稿しなければなりません。しかし34件投稿してもたったの1000円分(端数は交換できない)です。手間を考えるとまともなレビューは集まらないでしょう。(ポイント狙いのいい加減なレビューは集まるかも)

 そもそも予算たったの50000円で1000件単位のレビューを得ようというのは虫が良すぎるような。それくらいは当然わかっているでしょうから、もしかしたらどうすればレビューが増やせるかの実験なのかもしれませんね。

当っても嬉しくなかった
 PC Watchでたまたま見かけた"パソコン自作講座2015"という雑誌のプレゼントに応募してみたら、応募即日発送したのかもしれない、というくらいあっという間に当選通知と共に雑誌が送られてきました。応募したの3日前のような・・・。1300円もするA4サイズの雑誌です。応募者いなかったのかもしれませんね。

 しかし肝心の内容はただの宣伝・カタログ。編集部側がオススメするパーツ構成のPC紹介でカラーページは終わり、具体的な講座といえる内容、例えばCPUの性能はこれこれこれくらいで、グラフィックカードはこのゲームを遊ぶならこのくらいのものを選択して、というところは、モノクロでしかもページ数がとても少ないです。オススメPCについても、なぜそのパーツを選択したのかの説明すらありません。この本から得られるものはありません。新しくPCを買うのに情報が欲しいというのなら、BTOのPCを選択して、お店の人に一から十まで聞きまくったほうが間違いないでしょう。

 懸賞に当ったのは嬉しいのですが、当ったものは期待はずれのものでした。こんな提灯記事寄せ集め雑誌にお金を払う人はかわいそう。

扶桑改二で強くなったけど
 扶桑、改二でやっと他の戦艦並の強さになりました。耐久は低めながら艦載機は多め、索敵値も高いので、イベントの最終海域以外ではかなり使えそうです。最終海域は耐久がものをいうので、そこまで使う気であればレベル100超えさせるのが良さそうです。残念ながら新しくなった絵はいまひとつでした。金剛型のように絶対嫌だというほどでもありせんが、前のほうが良かったです。絵がよければレベル100にしたのですが・・・。やっぱり武蔵にしようかな。

 その武蔵はレベル90を超えてきました。その代わり資材はかなり減ってしまい、扶桑改二の改造で資材の万の桁がひとつ下がり、そろそろ貯めなおしたほうがいいかも?という状況です。武蔵育成艦隊はたった1戦で弾薬100弱減りますからねえ。

 大和や金剛が演習で着実に経験値を稼いでレベルアップしているのに(大和Lv133、金剛Lv132、榛名Lv132)、演習に出づらい赤城(というか空母全部そうですが)のレベルは相対的に低くなってしまった(赤城Lv128)ので、このあたりで赤城も引き上げたいと思います。赤城がレベル130になるまでは武蔵は少しお休み。赤城のほうが武蔵より育成コストが低いので、これで資材回復も狙います。一石二鳥。

ここでゴーランドに戻る
 先日の古代艦で今年5つ完成したことになるわけですが、残り二ヶ月で当初の予定である残り2つ(計7つ)まで完成させるのはまず無理そうです。ま、別に急かされるようなノルマがあるわけでもなし、気ままにやっていきます。

 とりあえずコスモゼロは塗装するだけの状態にあるので完成する可能性はあるのですが・・・。やはり塗りわけが難しくて手間取っています。このあたりは古代艦とまるっきり同じパターン。とはいえ次に完成するとしたらこのコスモゼロなのは間違いないでしょう。バルゼーは甲板をシールで仕上げることにしたので、コスモゼロとは逆に塗装を剥がし中。なっかなか綺麗に落ちなくて苦労しています。完成は遠いです。そしてゴーランド。技術もないのに不満点に手を入れたばっかりに長らく作業が滞っていました。

ゴーランド途中経過

 とはいえ投げ出したわけではなく、少しずつやすりをかけたり塗装してみたりはしていました。そしてなんとなく形が見えてきたかなというところまできました。このゴーランドがとりあえず次の次の完成品候補です。本当にそう上手くいくのかなという気もしますが。結構ボリュームもあり格好良い(ように見える)ので、なんとか完成させたいです。

古代艦完成!
 宇宙戦艦ヤマトメカコレNO.20、地球防衛軍艦隊古代艦が完成しました。正式名称はM-21881式雪風型宇宙突撃駆逐艦で、古代守が乗っていたのはその17号、だそうです(箱書きによる)。劇中ではヤマト登場前の最大の見せ場を作った艦です。

 このまま自滅するよりは撤退だと判断した地球防衛艦隊司令である沖田十三に対し、ここで撤退しては死んでいったものに顔向けできないと反論する古代守。沖田は、ここで全滅してしまっては地球を守るために戦うものがいなくなってしまう、明日のために今日の屈辱に耐えるんだ、それが男だと説得するが古代は納得しない。男だったら戦って戦って戦い抜いてひとつでも多くの敵をやっつけて死ぬべきじゃないんですか、見逃してくださいお元気でと沖田艦長に別れを告げて特攻をかける。

 その特攻を仕掛けた艦がこの古代艦です。

古代艦01

 塗装に非常に苦労しました。成型色が赤一色なので、赤を塗るところ以外はまず銀色を塗り下地をつくり、ついで白色、さらに黄色、という順に塗っていきました。しかしどうしても上手く行かないところもあり、すべて色を剥いでやり直し、また銀白黄を塗り、また気に食わなくてやり直して・・・、結局3回塗りなおしました。

 黄色はなかなか発色せず、意図して作った色より薄くなってしまいました。もう少しオレンジ色寄りだったのですが。まあでもこれでも特に不満はありません。

古代艦02

 黄色と赤色の塗り分けも大変でした。前半分の黄色は赤色側からマスキング出来るので簡単ですが、後ろ半分の黄色はその形状からマスキング出来ませんでした。結局行き着いた方法はフリーハンド。先に赤い部分を塗り、黄色い部分はマスキングなしで適当に塗り、最後の黄色の部分をマスキングして赤色側にはみ出した部分を修正という手順で塗り分けています。

 この塗り分け作業の中で、本体に貼り付ける出っ張り部分の黄色と赤色のラインとも合うように修正しました。わかっていればどうということのない作業ですが、試行錯誤しながらやったため、二度も一からやり直すというとんでもない手間がかかってしまいました。

古代艦03

 おまけブラックタイガー。これも黄色が薄かった・・・。けどいまさら仕方ありません。まず黄色に塗って(裏は白一色)、フリーハンドでエナメルの黒を塗り、あとはマスキングテープやモールドを使って余計な黒を拭う、という塗り方をしました。黒を被った黄色がどうしてもくすんでしまうのが難点ながら、複雑な塗りわけもそれなりに仕上がりました。

古代艦04

 沖田艦と。本体もおまけも古代艦と沖田艦は同じ大きさです。欲を言えば沖田艦がもう少しどっしりとしていれば良かったのですが。痩せすぎです。古代艦の形状は文句ありません。

 カラーリングがド派手なうえ劇中でも印象的な艦であり、なかなか存在感があって良いメカだと思います。完成までとにかく苦労したこともあり、思い入れも深まりました。もう一回作りたいとは思いませんけど・・・。

 というわけで古代艦完成です。今年メカコレ5個目の完成品。

 本体赤:ハーマンレッド
 本体白:シルバーの下地にクールホワイト+グランプリホワイト(半々くらい)
 本体黄:本体白の下地にキアライエロー+黄橙色(黄色はなかなか発色しないので、意図した色味より濃い目のほうがいいかも)
 窓:エナメル塗料のフラットブラック+フラットブルー

古代艦もうすぐ完成
古代艦完成間近

 おまけブラックタイガーも塗りあがりそう。ついに古代艦が完成しそうです。艦橋上のアンテナの色が白なのか赤なのか良くわからないので未だに迷っていますが(劇中では白だったり赤だったり・・・)、箱絵に従って赤く塗りなおすつもりです。あとは台座の文字に金色を入れておしまい。問題がなければ明日中に完成させます。

 このおまけブラックタイガーはなかなか格好良いです。もう3機くらい付けてほしかったです。

稼ぎが安定してきた
 武蔵に水偵を追加したところ、とたんに連撃する確率が上がりました(水観+水偵)。武蔵の連撃が期待できるならと随伴の巡洋艦も連撃にして、稼ぎがまともに回転するようになりました。資材も順当に減るようになりました。減って喜ぶのもなんですが、これで先が明るくなりました。

 随伴艦メンバーである鈴谷と熊野がここでレベル95になりました。しかしすでに改二である利根型(レベル110)と比較して、索敵が40近くも低いです。わかってましたけどね・・・。

 扶桑の改二は来週24日!何気にこれが楽しみです。勲章は15こあるので、設計図が1枚ずつであれば扶桑も山城も即改造可能です。でも必要レベルが99だったりすると半月先かな。

武蔵は上手くいかない
 武蔵のレベリング、あまり上手くいっていません。MVP、横から取られまくりでかなしい・・・。連撃が出ないとまず逃してしまいます。MVPが取りにくいというのもあってかいまひとつやる気がでず、資材は減るどころか増えています。大和のときはすさまじい勢いで減っていたのにな。このペースだとレベル100にするには相当な時間がかかりそう。ま、秋のイベントまでにレベル80超えてればいいです。

 随伴させている明石はレベル67に、大鯨はレベル60になりました。とりあえずこちらの目標はレベル70。

 秋のイベントで新艦がくるとの発表がありました。どうせ駆逐艦だと思いますが・・・。先日改二がきた初春はいまひとつだったので、新艦次第では二番艦の子日と合わせて差し替えるかもしれません。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.