ビットキャッシュカード届いた
 先日当選したビットキャッシュ5000円分のカードが届きました。A4サイズなので無駄に大きいです。写真のウェブマネーカードとの比較で一目瞭然。

巨大ビットキャッシュカード

 カードといってもぺらぺらなものではなく、しっかりした材質で下敷きとして使えそうな感じ。このデザインで良ければ、ですが・・・。私のように適当に票を投じて当たったのではなく、望み通りのキャラのものが当たったのであれば結構良いグッズかもしれませんね。そしてこのカードの裏面にIDが書かれていました。

 ひとつ大きな問題があります。このビットキャッシュはSTと呼ばれるもので、艦これには使えません。DMMポイントを買うにはEXのほうでなければなりません。ビットキャッシュで本を買えるECサイトもありませんし、STだと使いどころなさすぎ・・・。STをEXにする方法もありますが(EXにSTを残高引継ぎするとすべてEXになる模様)、EXのビットキャッシュを自前で用意する必要があります。持ち出しが必要なのがしゃくですねえ。ま、それくらい出しますか。

アンドロメダ完成させたい
 アンドロメダの塗装をしています。もともと塗りかけで放置していたものなので、すでに色をのせたクリーム色の部分はそのまま活かしつつ、塗りかけのグレーの上から新たに別のグレーをざっと塗ってみました。

アンドロメダ塗装中

 アンドロメダはこのグレーをどのような感じにするのかで悩みました。劇中ではいかにもなグレーだったり、突如青っぽいグレーになったり、箱絵では白っぽいグレーだったり。地球防衛軍旗艦ということもあり、白味が強いほうが格好良いかなと試してみるとこれがイメージに合わず、そこから長らく手つかずになっていました。

 今回は銀色をベースにグランプリホワイトとミッドナイトブルーを混ぜて、銀のラメ感がぎりぎりない、わずかに青味のあるグレーにしてみました。これといった特徴がないのが残念ですが、無難な仕上がりになりそうで、これはこれで悪くなさそうです。

 塗装は8割ほど出来たという状態、製作を再開してからまだ数日ですが、もう完成しそうですね。今まで何をやってたんだという気がします。

 ガミラス艦はいまだ生乾きです。この記事を書くのに確認してみると、ほんの少しだけホコリを被ってしまったので、マスキングテープで綺麗にしておきました。やはりちょっと表面が粘つく感じがします。いつ乾くのこれ。このまま生乾き状態が続いても、アンドロメダが完成する直前に台座のネームに金色を入れて完成させてしまいます。

 古代艦は本体についてはもうすることがありません。残っていたアンテナパーツもすべて取り付けてしまいました。ただ、おまけのブラックタイガーの塗装をどうするかで少し迷っています。黄色と黒色、マスキングして両方ともラッカー塗料で塗るか、黒色はラッカー・黄色はエナメル、もしくはその逆、いくつか手があるので悩みますねえ。

 このペースならアンドロメダとガミラス艦は同時に完成しそうです。今月中には完成させたいな。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.