夏のイベント最終海域へ
 夏イベント最終海域に突撃してみました。くだらない作業からのストレスも少し癒え、イベントも残り1週間を切ったので、思い出参加です。クリアする気はまったくありません。

豪華支援

 とりあえず支援艦隊を豪華にしてみました。大和に陸奥を投入。うちの艦隊の火力トップ2です。他の艦もすべてレベル90を超えています。この強力な艦隊が先手で敵艦隊を壊滅してくれればと思ったのですが、甘かったです。

しょぼい結果に

 結果は駆逐艦2隻落としただけ。豪華支援艦隊を出すのは無駄が多すぎます。"かばう"も発動してますし、下2隻を潰すだけならもっと軽い艦隊でも十分いけます。しかし大和と陸奥がいてクリティカルで50未満って・・・。

 そういえば赤城を旗艦にすると突然饒舌になりますね。MI作戦、確かに面倒でしたけど、赤城が恐れを抱くほど難しくもなかったような。本イベントは同じ作業を何十回と繰り返すだけ、ただただ面倒なだけの作業、これにつきます。

旗艦大破

 話を戻して、初戦をしのぐと反時計回りに夜戦連戦。1戦目はほぼ無傷で通過できましたが2戦目は敵戦艦の連撃2発目に高雄が大破させられて強制撤退で終りました。夜戦連撃は探照灯でも止められないのでどうしようもありせん。

 この海域は艦が拘束されないようなので、第一艦隊と支援艦隊を行き来できるみたいです。当然ながらAL作戦・MI作戦で拘束された艦はもう使えませんが、編成の自由度が高くなっています。その分だけ今までの海域よりマシかもしれません。ただし、連合艦隊はここでは使いません。つまり護衛撤退も使えません。せっかくの新システムが最後の最後で使えないのはどうなのかと思いますね。

 母港を整理して空きがあと3枠であることを確認しました。もう次のイベントはきついです。ここから手持ち駆逐艦を潰して枠をひねり出しても1枠2枠がやっとでしょう。指輪&書類を買う予定だった700ポイントに500円足して母校拡張を買うか、ちょっと迷っています。今回のイベント内容からして、このゲームはもう潮時・見限り時な気もしています。お金出してまで続ける意味があるのやら。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.