レベル95空母だらけに
 後発の飛龍もレベル95まできました。五航戦の翔鶴と瑞鶴もレベル95、養殖にずっと随伴させていた軽空母の鳳翔・祥鳳・瑞鳳もレベル95に。95だらけです。この数字に意味はありません。個人的にこのレベルであればという目安にしているだけです。ここからは軽空母は外して、夏のイベント向けに正規空母と巡洋艦そして駆逐艦の底上げを図りたいと考えています。

 何気に手持ちにレベル90台の駆逐艦がひとつもありません。軽巡洋艦も連撃が使えるのは神通のレベル84が最高で、それに続くのががくっと下がって阿賀野のレベル64。このあたりがうちの艦隊の弱点ですが、高レベル水雷戦隊だけで挑ませる海域が来るとも思えないので育成に注力するにもちゅうちょしてしまいます。春のイベント程度であれば現状で足りてますし。

 駆逐艦の綾波はレベル40になりました。ここまではどんな艦種の艦でもそんなに苦労しません。問題はここから。演習とキス島沖養殖随伴出ずっぱりという高待遇でレベル70になるのはひと月後でしょうか。夏のイベントに間に合わないなら促成する意味はないので、こちらも悩ましいです。対潜以外でも楽しめるマップがあると良いのですが・・・。キス島沖は戦艦マスで一方的にぼっこぼこにされるので楽しくありません。

 大和は改にしないままレベル98の残り50000くらいです。今は演習でしか使っていません。キス島沖養殖旗艦MVPなら40回ちょっとですから、やる気になれば即日レベル99にできます。イベントでレベル99になるのを見越してこのあたりで止めるか、お金払ってレベル100にしてしまうか、近日中に判断しなければなりません。運用コストがべらぼうに高い大和はイベントでしか使わないと思うので、レベル100にしてもあまり使わなさそう。

 それにしても春のイベントが来る前はもうほとんど遊んでいないという状態だったのに、イベントが終って大型建造で大和を出して、沖ノ島沖戦闘哨戒で飛龍もきて、それらを育てているうちに随伴艦も大きく育ちました。鈴谷・熊野もレベル70こえてきましたしねえ(でも利根・筑摩との性能差は歴然・・・)。少しのきっかけでこんなに変わるとは。今は楽しんでいます。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.