まったくだめ
 うーん、最後の撃破が出来ず北太平洋海域決戦クリアとなりません。なにも変えていないのに。4回やって道中大破撤退2回、ボスマス到達は2回ながらも2回とも開幕で戦艦が大破。せっかくボスマスに到達しても開幕爆撃に戦艦がやられるパターンばかりです。夜戦が終った時点で敵旗艦の耐久は79と103。戦艦が健在であれば十分倒せるところまではきていたのですが。ドハマリ状態ですねえ。資材が凄い勢いで減ってしまい、クリアできないことよりつらいです。イベントはまだ残り1週間あるのでさすがにいけるのではないかとは思うのですが・・・。ここまで酷いと弱気になりそう。

艦これモデル加賀を作った
 艦これモデルの加賀を作りました。構造は赤城とまったく同じなので、どちらかを作っていれば残りのほうを作るのは非常にたやすいと思います。空母系は甲板の嵌めこみが難しく、水平を出すのに苦労すると思いますので、本体側の軸受けをピンバイスで広げてストレスなく嵌めこめるよう(緩すぎれば適当に接着してカバー)加工すると良いでしょう。

艦これモデル加賀

 この加賀、2回も交換してもらっています。1回目は甲板にぶつぶつの汚れが付いている塗装難あり品。修正も難しいので躊躇なく交換依頼を出しました。しかし届いたものは甲板は綺麗なものの甲板側面の機銃が折れまくりの不良品。ぼっきぼきに折れてました。そして新たに届いたものはまったく文句の付けようもないものがきました。ただ組み立ててわかったのですが、この機銃脆すぎて折れて当たり前です。甲板を嵌めるときに指が少し当たっただけで曲がってしまいました。折れはしませんでしたが・・・。折れてしまったらその長さにすべて整えるのが早いと思います。とはいえ問題があるとしたらここくらいで、組み立て難易度は低いです。

艦これモデル加賀完成

 完成。艦これ内の加賀の甲板のデザインと塗装が違っています。私はこの日の丸の塗装も好みなのでまったく不満はありません。しかし気になる人は注意してください。

 そういえば本体側面の単装砲は赤城と違って奥まで差し込めます。赤城を先に組み立てていると勘違いするかも。赤城は大きく削らないと奥まで差し込めないのに比べると加賀は良く出来てます。

赤城と加賀

 赤城と加賀の甲板。残念ながら"ア"と"カ"の文字に統一感がありません。あと私のものは加賀の甲板の印刷のほうが濃く、やはり全体の統一感が欠けているのが惜しいです。赤城のほうが自然な感じで好みです。

 例によって艦載機はまだ切り出していません。他の空母と同じく9機付いてきます。

 というわけで艦これモデルの加賀でした。他のものより大きく、かつ精緻感もあり満足度は高いと思います。500円でこれなら赤城と同じく当たりの部類にあります。利根や高雄が悪いわけではありませんどね。でもあれふたつ並べて、これで1000円かと冷静に考えると、う~ん?と首を傾げたくなります。赤城と加賀であればそうは思いません。良い出来です。

 これで残りは金剛と矢矧、ダブリの比叡となりました。今更不良品が見つかってももう交換できない(するつもりがない)ので、良品であることを祈ります。交換に出した矢矧はちゃんとまっすぐのマストのものが届いたことは確認済みではありますけどね。でもその他の不具合が油断なりません。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.