まだまだあった不良品
 1BOXで買った艦これモデルの不良品があまりに多いので、すべて仮組みまでして確認してみると、さらに出てきました。

矢矧曲がり
なぜか最初からへの字に曲がってるアンテナ

 まず、矢矧のアンテナ(写真中央)が曲がってました。本当はまっすぐのパーツです。あとから曲がったのではなく、折れてるわけでもなく、最初から曲がった状態で成型されているという珍品。組立不可能です。

 先日交換してもらった加賀も今更よくよく確認すると、今度は甲板側面の砲身が折れまくっているものでした。5基6門が折れたり曲がったり。でもこれ折れても仕方ないくらい細かいパーツなので交換どうしようかな。でも折れてるし・・・。甲板の状態は悪くないものなので悩みます。箱に詰めてまとめて送れそうなら送ろうかな。

利根えぐれ
利根本体部分の豪快なえぐれ

 金剛も利根のように本体のゲート跡と思しき部分がえぐられていました。ただ利根のように完全に隙間になるような酷いものではなく、モールドが欠けたわけでもなく、この部分以外については美品なので自分で直そうと思います。

 ダブっていた比叡はダブリ分も問題ありませんでした。艦底に若干色がのってませんがこれくらいはいいです。

 先に交換してもらっていた赤城、翔鶴、高雄はさすがにいずれも綺麗な状態のものが届いていました。最初からこれくらいの品質のものを期待させて欲しいです。これで普通だと思います。ちなみに、不具合のある部分だけの交換ではなく、すべて入れ替えられていました。当たり前ですが、こちらもガムと外箱以外はすべて送り返しています。

 というわけで、艦これモデルは1BOX10こ中6こが不具合を抱えていた難あり商品でした。ここまで酷いと私の運のなさが問題なのではなく、むしろこれで当然なのだろうと思われます。ゲート跡の処理を人の手でナイフでスパッとやっているようなので、私の利根のように大きくえぐれているものはかなり多く出回っていると推測できます。歩留まりを上げて利益率を上げる、その分サポートを手厚くする、泣き寝入りしてもらえれば儲けもの、というところでしょうか。

 ここまで酷いものが重なるなら、前回のエラー品もすべて写真に収めて1コンテンツ作っても良かったなあと思ってしまいます。まあ現行商品だからかすぐに交換に応じてくれるのが救いです。以前の交換品は届くのがホント速かったですよ。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.