沖田艦完成!
 メカコレNO.19、地球防衛軍艦隊沖田艦、完成しました!箱の説明によると、正式名称はM-21741式宇宙戦艦、地球最後の防衛艦隊旗艦、艦長は沖田十三、だそうです。沖田艦長の"バカめと言ってやれ"や、"明日のために、今日の屈辱に耐えるんだ、それが男だ!"などなど、序盤の名シーンと共にあった艦です。

 しかしこのメカコレ沖田艦、劇中のイメージとはかなり違って見えます。痩せすぎというか膨らみが足りないというか・・・。正直似てません。

沖田艦01

 沖田艦本体は、胴体が縦割りの2パーツ、そこに上下砲塔を2基ずつ取り付け、艦首と艦尾の羽、艦首と胴体中央下の黄色い部分をはめ込むだけで完成してしまいます。細かいパーツは皆無で組み立て難易度は低いです。

 おまけとしてコスモゼロが付いてきます。先端がシャープなので小さいわりに格好良いです。でも折らないように注意が必要ですね。

沖田艦02

 沖田艦、上から見下ろす角度だとスマートさが気にならなくなり劇中イメージに近づきます。ただこの角度で見られるように飾ることはまず無理なわけで・・・。う~ん。

 本体の赤はハーマンレッド、白はグランプリホワイト。黒い部分はエナメル塗料のフラットブラックをかき混ぜないで上澄みだけ使って塗っています。こうするとつや消しにならないので、わざわざつや有りのブラックを買う必要がありません(ただし、他の色では上手くいかないものもあります)。黄色は赤い成型色をいったん白く塗りあげてから色を付けています。黄色は筆塗りでは難しいです。

 胴体の赤白の塗り分けは、凸モールドの関係から、まず赤を塗ってからマスキングして白を塗り分けるほうが楽でした。白側からだとモールドが邪魔でマスキングテープが貼れないのです。

沖田艦03

 おまけのコスモゼロ。沖田艦単体では満足度が低いのに、コスモゼロを並べると途端に全体が良く見えるから不思議です。本体はシルバーで塗り、その他の色はすべてエナメル塗料を使っています。やはり黄色をのせるのが難しく、粗くなってしまいました。エナメル塗料を使う場合でも下地は白にしてからのほうが良かったかもしれません。

沖田艦04

 台座。沖田艦の文字に金色をのせましたがへろへろになってしまいました。文字のモールドは悪くないので私の技術不足なだけです。コスモゼロの支柱は台座からもコスモゼロからも外せるようにしてあります。外して沖田艦単体で飾ってもよし、動かしてレイアウトを変えてもよし。支柱の差し込み軸を少し太くするだけで着脱式にできます。簡単です。

 以上、沖田艦でした。今年2つめ、これで計10この完成です。先にも書きましたが、沖田艦単体ではしょぼく感じたのが、コスモゼロと一緒だとボリュームが増し満足度も上がりました。沖田艦が劇中のイメージから遠いのが残念ですが、全体としてはまあまあ悪くはないのではないでしょうか。

 沖田艦は11cm、コスモゼロは4.5cmくらいです。

・沖田艦
 胴体赤:ハーマンレッド
 胴体白:グランプリホワイト
 黄色:下地をグランプリホワイトで白くしてからキアライエロー
 黒色:エナメル塗料のフラットブラック

・コスモゼロ
 胴体:MR.カラーのシルバー
 その他の色はエナメル塗料のフラットブラック、フラットレッド、フラットブルー、フラットイエロー(フラットレッドを微量足したもの)
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.