今月はすぐ貯まった
 マクロミル、先月終わりに500ポイント交換したのに、今月分500ポイントがもう貯まりました。アンケート依頼の半分以上は無視してるのに。事前アンケートは2ポイントしかつかないのでほぼスルーしています。手間に見合いません。そして事前アンケートなしでもポイント安めの本アンケート依頼が僅かながらあるので、それだけはこなすようにしています。1回で50~80ポイントくらいつきます。2ポイントのアンケートを40回答えるのとは比較にならないほど楽です。これを繰り返して500ポイント。美味しいです。

 過去にないほどのアンケート依頼攻撃に不満がでたのか、依頼メールを1日ごとに1通でまとめるオプションがついたようです。でもなぜか一度登録すると解除できないという謎仕様。確かに現状はあまりにうっとうしいですからね。私も利用してみたいとは思うのですが、解除できないのはちょっとね。

 マクロミルは今のアンケート依頼システムを見直さないと信頼性の高いアンケート結果を得られなくなると思います。今の依頼頻度にすべて応じている人は、相当な暇があるか、いい加減に答えてとにかく終らせているかどちらかでしょう。前者の中には真面目に答えている人もいるとは思いますが、圧倒的に少数派のはず。かかる時間に対して報酬があまりに見合ってませんから。

艦これモデルを試しに作ってみた
艦これモデル比叡

 艦これモデルの比叡を作ってみました。1BOXで買うと10個入り、艦これモデルは9種類なので1つ余ります。この余りが比叡でした。空母が余れば艦載機が増やせたのですが・・・。まあいいです。というわけで、モノの確認と練習を兼ねて、特になにもいじらず、そのままストレートに組みました。

 本体の上下パーツがかなり反っていたため、ここはダボに接着剤をつけてがちっと貼り合せて矯正してあります。あと後方左側のアンテナ?(写真右側、茶色い甲板の上にある棒状のパーツ)がどうしても甲板に刺さらなかったため、差込軸を削ってここも接着剤で止めています。前者のように反りを矯正する目的であれば専用のABS用接着剤を使うのが望ましいと思います。後者のように補助的に止めるだけであれば木工用ボンドでも足りると思います。それ以外に接着した箇所はありませんが、逆さにすると落ちそうなパーツがいくつかあります。本来は止めてしまうのが良いでしょう。

 パーツの中には非常に小さくあるいは細く紛失・破損しやすいものが多いので、組み立ての際に無理に力を加えないようにするのが肝心です。パーツを切り出すときもニッパーは使わず、エッチングソーでゆっくり切り出したほうが確実です。ニッパーでパチッと力を加えた際にパーツが飛んでしまったり、折れてしまうリスクがなくなります。

 この比叡でほぼ11cmでした。大きさからするととても良く出来ていると思います。パーツの分割はよく考えられていて、パーツの合いも基本的には良好です。塗装済みなので完成したときの満足度も高いと思います。ただこの艦これモデルは塗膜にホコリが混じっていることが多く、この比叡も側面に1つ、底面は多々こびりついていました。酷い環境で作られているようです。今回は練習ということでなにもいじりませんでしたが、本番はここまで酷いホコリの場合はやすりで削り落とした上で塗りなおすかもしれません。本体パーツは上下にわかれているため、艦底だけ塗りなおす分にはわけありません。なお成型色は本体に使われている軍艦色より明るいグレーのようです。

 これで500円、好きな艦が買えるなら悪くないと思うのですが、実際は選べません。そこが残念ですね。また、艦これ専用台座が無駄に大きく、この台座を使ったまま飾るのは相当なスペースが必要です。しかしこの専用台座を使わず、写真にもある小さい台座だけで飾ることも可能となっています。これなら沢山の艦を並べて飾れそうです。この専用台座、せっかくのデザインですが、これはどうだったかなあと思わなくもありません。繰り返しますが本体はとても良いと思います。

 練習はここまで。次は利根か筑摩を作ろう。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.