艦これモデル買ってみたが・・・
 食玩、艦これモデルを箱買いしてみました!ガムのおまけに艦船模型がついてくるアレです。手持ちAmazonギフト券の期限切れが残り3ヶ月と近づいてきたので、思い切りました。

 で、1箱で全種揃うのですが、うちの赤城と翔鶴は印刷がずれてるエラー品、加賀は甲板の塗膜がほこりだらけでぶつぶつ状態というハズレ品。赤城は赤白ストライプの上にさらに赤色が斜めに走ってるという一目おかしい状態なのに・・・。印刷が乾く前にゴミがついて塗料が流れたような感じですが、でもそのゴミは取り除かれています。このあたりはいかにも中国産という感じですけど、これを良品に回したらだめでしょう。

 あまりに酷いため、遠慮なく交換依頼をだすことにしました。説明書にも不都合品があれば現品を送れとありますから。送ります。しかし9種中3種の空母が3種ともだめってどういうことなの。

 まだひとつも組み立てていませんが、利根と筑摩は良く出来ていると思います(このふたつはまったく同じものですが)。高雄は艦橋が左右のパーツに分割されているのが惜しい。合わせ目が正面に来てしまいます。空母の甲板の白線は印刷なので綺麗ですが、位置が微妙にずれています。あまり厳密なものを要求する人は買わないほうがいいかも。大きさは宇宙戦艦ヤマトメカコレの小さいサイズのものと同じくらい。精密感は艦これモデルのほうが上です。欲しい艦だけ買う分にはいいと思います。ブラインドパッケージなので、闇雲に手を出すのは止めたほうがよいと思います。

やっぱりやりなおしに
塗り分け失敗

 古代艦のマスキングテープを剥がしてみると、マスキングテープを貼る時点で斜めになっていたらしく、塗り分けラインがずれていました。仕方がないので改めてマスキングテープを貼り直して黄色を重ねてみたのですが・・・。やはり先にミスしたラインと新しくマスキングしたラインが共存してしまいヨレヨレ。これはダメ。はあ、やっぱりこういう運命なのね。銀色を塗って下地を白色にするところからやりなおします。まーヤマトも何度もやり直しましたから、こうなるかもしれないとは思っていましたけどね。やり直すのはかまいませんが、色を剥がすのが大変すぎるのが頭痛いです。

 沖田艦は白色より先に赤色を塗らないとマスキングテープを貼るスペースがないことに今更気が付き、赤色を塗っています。こちらのほうが先に完成することになるでしょう。仮にこちらも塗り分けに失敗して一からのやり直しになっても沖田艦のほうが間違いなく簡単ですから。

また一発大破・・・
 今日の第二次サーモン海戦はボス手前で敵戦艦からの雷撃により旗艦金剛が一発大破で終了。ああ・・・。昨日と同じくこの大破以外は艦隊全体が無傷に近かったので、これでボスまでいければなんとか、という感じなのですけどね。敵艦載機が異様に強いため、3戦とも輪形陣で進めています。これで消費ボーキサイトは250でした。艦隊全体の修理コストは800ほど。昨日よりは安上がりでした(が、やはり大破分で半分近く占めてます)。一発大破撤退はサブ島沖海域の夜戦マップとなんらかわりなく、実装直後のでたらめに難しい!という印象はなくなりました。繰り返していればクリアできそうな気がします。

 ただ問題は、サブ島沖海域とは違ってこの海域をクリアしても特に何だというわけではなく、月ごとに勲章がもらえてゲージは満タンになって最初から、それだけのコンテンツらしいというところです。勲章を集めると何かいいことあるかも!と開発運営が話していますが、その内容は不明。ここを早い段階で明らかにしてくれないとやる人はいなくなるでしょうね。

 私はもう少し続けます。あれこれ考えるのは面白いですし、サブ島沖海域攻略時より資材にだいぶ余裕ありますしね。春の一周年記念イベントの予行練習のつもりで遊んでいきます。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.