沖田艦&古代艦に着手
 年末に超巨大戦艦、年始に大戦艦が完成したことで、手元の完成予定ストックがさびしくなってしまいました。そこで、新しく沖田艦と古代艦を作ることにしました。

沖田艦

 沖田艦。一目パーツが少ない・・・。左下のコスモゼロの先端がやけにシャープなのが印象的です。なぜここだけ。

古代艦

 古代艦。沖田艦とほぼ同じレイアウトのランナー。同じ人がデザインしたのかもしれませんね。こちらにはブラックタイガーがついてきます。

沖田古代艦組立

 即日組み立て。単純なパーツ割りなので簡単に組み上がります。パーツの合いも悪くありませんでした。古代艦の下側後方が上側より若干大きいため、合わせ目が段差になったのを削り落とした程度の作業で済みました。沖田艦のほうは表面を慣らしただけ。ただ、砲塔を差し込む穴が左に寄り過ぎているため、穴を無視するか開けなおす必要がありそうです。

 古代艦は非常に良い出来に見えます。おまけのブラックタイガーもそれっぽい感じ。沖田艦は船体が細すぎて劇中のイメージとはだいぶ違って見えます。言われないと沖田艦長が乗っていた艦だとは思えません。塗装してなんとかごまかさないと。

 メカコレNO.19沖田艦、20古代艦、21コスモゼロ、このあたりはどうやらランナーをケチってるようで、いずれもちっちゃいです。NO.22の巡洋艦になるとまたランナー3枚構成になって、ちょっと豪華になります。その意味で沖田艦・古代艦はお買い得感が低いです。おまけのコスモタイガーを3機くらいにして欲しかったな。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.