主翼と砲塔の取り付け
超巨大戦艦組み立て完了

 超巨大戦艦、ついに主翼を取り付けるところまで来ました。これで残すは砲塔6つ。翼の左右両面に1つずつ計4つに艦首に後ろ向きに2つ。これで組み立てに関してはすべて終ります。

 シルバーの塗膜の上に塗ったブラックの定着がいまひとつなのか、乾燥が進むに釣れ質感がだいぶ変ってしまったのが誤算ですが、まあもういいです。これで十分。凹モールドも塗装をやり直す前よりはっきりくっきりして一からやり直した甲斐がありました。でも写真でもなんとなくわかると思いますが、特に主翼と胴体とで黒味が違ってしまったのが少し気になる、かなあ。まったく同じパレットから色を取っているのですけどね。

 主翼取り付け中に色がはげてしまったところを修正したため、乾燥待ちで残りの作業は明日以降になります。ただこれ以外にも若干塗膜が荒れている部分に気がついたので、軽くやすりをかけて修正できる範囲で手を入れるつもりです。それを終えたら艦首のライト?部分にオレンジ色を入れて完成です。年内ぴったりに終われそう。

ボス戦で軽空母全滅!
 硫黄島沖海戦攻略のコストを下げようと、戦艦1軽空母4にイオナという謎の編成で挑んでみると、なんと初めてボス戦までたどりつきました。しかし砲撃戦で相手の先手で軽空母すべて中破・大破で潰されるという・・・。空母は中破から艦載機の運用が出来なくなり、もともと夜戦には参加できず、ということで攻撃手段がなくなり敗北しました。戦艦・金剛が夜戦でひとり奮闘し、ボス残り50のところまで削ってくれたのですが、イオナがどうでもいい敵戦艦に魚雷を撃ち込み、しかもミスという残念な展開。イオナがボスに当ててくれたらなぁ。まあそもそも軽空母4で編成した私がおかしいのですけど。ボスの耐久からして夜戦で勝利する公算が高いので、コストを意識するなら重巡洋艦を使うべきでした。でも戦艦でさっさとクリアしたほうがトータルコスト低いかも。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.