わりと余裕かも
 西方海域カスガダマ沖海戦を試してきました。北方海域をクリアした艦隊そのままで行くも潜水艦のみの構成の敵艦隊が登場してきたので撤退。出鼻をくじかれました。対潜用に駆逐艦・島風(レベル37)を入れてみると、ぎりぎり倒せるかな?程度でした。今更気がついたのですが、軽空母の飛鷹も潜水艦に爆撃してました。一方で正規空母の赤城と蒼龍はぴくりとも動かず。軽空母は対潜にも使えるということなのでしょうか。しかし攻撃力なさすぎて実用性もなさそうに見えました。

 ボス戦はまだしていないので全体としてどうなのかは定かではありませんが、道中に関しては北方海域艦隊決戦より明らかに余裕あります。先にこちらを攻略すべきだったのかも。

 2回挑んで結局ボスルートに入らず。赤城と蒼龍が小破状態でもったいなかったので、修理前に空母5隻で対潜用軽巡洋艦・五十鈴のキス島沖レベリングをしてみました。空母が5隻もいると開幕航空機がもわさあっと出るのが爽快ですが、効率は空母3隻の時とたいして変わりません。敵が単縦陣なら駆逐艦はたいてい全滅、軽巡洋艦だけは残ることがある、複縦陣だと駆逐艦もぽろぽろ撃ちもらします。空母は攻撃順が遅いため、砲撃戦でこの残存艦に先手を取られてしまうことがあり、そこが上手くありません。なので空母5隻よりも戦艦もしくは重巡洋艦を少なくとも1隻は入れて先手をとったほうが良さそうです。まあもっとも五十鈴のレベルアップを待つまでもなく、ボスルートに入れば余裕でクリアできそうな気がしますが。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.