超巨大戦艦完成!
 メカコレNO.6ズォーダー大帝艦超巨大戦艦が完成しました!白色彗星軍が誇る超弩級戦艦、全長、全幅、全高、重量不明、だそうです(箱にそう書いてある)。

 多大な犠牲を払って都市帝国を吹き飛ばし、今度こそ勝利したと思いきや、中からこの超巨大戦艦が登場。私が宇宙の法だ、私が宇宙の秩序だと言い放つズォーダー大帝に対し、宇宙は母でありそこから生まれた生命はすべて平等でなければならない、それが宇宙の真理であり宇宙の愛だと古代は言い返すが・・・。ここからズォーダー大帝はなにを思ったかまったく動かず、ヤマトとテレサに特攻されてさらば~の物語が終ってしまいます。ここまでの展開が良かっただけになんともしょっぱい結末です。超巨大戦艦、もう少し活躍して欲しかったです。遊んでないでヤマトに一発ぶち込んでいれば、それで白色彗星帝国の勝ちだったのに。

超巨大戦艦02

 全体を黒一色で仕上げました。まず下地を一色に整えるのにシルバーを適当に塗り、その上からウイノーブラックを塗っています。上手くはいったものの、どうもウイノーブラックがシルバーに食いつかず、塗膜が思いのほか弱くなってしまったのが誤算でしたが・・・。オレンジ色の部分はエナメル塗料の黄+赤を混ぜたものを使っています。塗膜が弱いため、エナメル溶剤でオレンジ色のはみ出しを拭うと塗膜がところどころ砕けてしまったのには非常にあせりました。完成目前で!?って。でも塗膜が割れた部分はすべて手直し済みです。

超巨大戦艦03

 本体黒を塗り上げてから砲塔を接着していきました。なかなか難しい作業でした。いつものように少しのポリパテで仮止め、固まったら隙間から流し込みセメントで本止め。この繰り返しで少しずつ作業を進めました。

超巨大戦艦04

 ネームプレート。文字の出来は良いと思います。当初は使わないつもりでしたが、出来の良さからもったいないと判断して取り付けることにしました。ここで取り付け判断をしなければ、デスラー艦その他のネームプレートも付けなかったと思います。超巨大戦艦は組み立てだけは早くに完成していたので、その時の判断がその後に影響しています。

超巨大戦艦05

 メカコレの中ではもっとも大振りな主力戦艦と並べて。遠近の関係もありますけど、それを抜きにしても超巨大戦艦は主力戦艦と同じくらいのボリュームです。かなり大きいです。その大きさを確保するためか、主翼の裏側は完全に肉抜きされています。見えるところではないので無視してもかまわないと思いますが、私は一応ランナー屑とポリパテを使ってまっ平らに埋めています。でも完成してみると、埋める必要あったのかは本当に疑問です。手間のわりに・・・という感じ。

 手を入れたのはこの主翼の裏側程度で、あとは艦首のライト?をピンバイスで少し掘って塗装しやすくしたくらいです。素の形状で結構格好良いと思います。ただ一点、このメカコレ超巨大戦艦は艦首部分が時計回り方向に少しねじれています。設計がおかしかったのか、後々金型がゆがんでしまったのかはわかりません。修正するには艦首を切り落として再接着するという大手術が必要なので、私にはできませんでした。はっきり言ってかなりねじれてます。

 以上、超巨大戦艦でした。登場のインパクトは最高でしたが、それだけで終わってしまったのが本当にもったいないメカだったと思います。登場して爆発して終わりって。


 本体黒:ウイノーブラック
 艦首ライト:エナメル塗料のフラットイエロー+フラットレッド(微量)
 ネームプレート:エナメル塗料のゴールドリーフ
 台座:つや消しブラック

完成直前でミス!
誤算が・・・

 超巨大戦艦完成手前でアクシデントが。エナメル塗料のシルバーを凹モールドに入れてそれをエナメル溶剤でぬぐっていたら、ラッカー塗料の黒の塗膜が粉々になって割れてしまうところが出てきました。単純に溶けるだけならまだよかったのですが、塗膜が割れる形なので、はがれたあとが段差になってしまいます。塗りなおすにも軽くやすりがけからの手直しです。塗膜が弱いのは分かっていた上でシルバー入れようかどうか迷ったあげくの失敗。うーん、判断ミスでした。

 艦首のライトのオレンジ色がアクセントになり見栄えも一気によくなりました。それだけにここにきての失敗は痛いです。今日中の完成はいけるかどうか、怪しくなってきました。ま、あくまで納得いく完成を目指しますので、だめならだめで今年最後の完成品が来年最初の完成品になるだけのこと。とにかくがんばって仕上げます。(台座のプレート含めてパーツはすべて接着済み!)

嵌ってる
 う~ん、硫黄島周辺海戦で嵌ってます。7戦やってボスまで行けたのは2回、ボス撃沈0回、4回は南ルートボス手前で大破撤退、1回はハズレルート。さらにやっとたどり着いたボス戦でT字戦不利を引くという・・・。結局ゲージはまったく削れませでした。

 南ルートは敵戦艦がいないのでほぼ無傷で進撃できるのが魅力なのですが、ボス手前マスの旗艦からの一発大破が厳しいです。重駆逐艦が1隻大破するだけで、他はほぼ無傷なのに撤退しないといけないのが空しい。今回4回ともすべて無傷からの一発大破でした。当初の狙い通り低コストではあるのですけどね。

 北ルートは敵戦艦3隻と戦わないといけないので、どう考えても南ルートより厳しそうに見えるのですが、ある程度の損害を受け入れるならこちらのほうが大破しにくいかもしれません。今回2回ボスにたどり着いたのはともに北ルートでした。でも中破3くらいの瀕死で到達してもボス戦夜戦までには確実に大破してるのであまり意味ないですね。コスト的にも北ルートは好みではありません。

 南ルートに限れば被害がほとんどないので、イベント限定艦であるタカオ(高コスト)を入れるのもひとつの手かなという気がしてきました。まあこれは後々試すとして、一発大破を回避するため手持ち重巡洋艦のレベル底上げを頑張ろうかと思います。3隻レベル60くらい目標。4隻目の養殖も開始!

硫黄島周辺海戦攻略の鍵
 イベント海域の硫黄島周辺海戦でついに一勝をもぎとりました。戦艦を使わないなら夜戦でボス艦を沈めるのが現実的なわけで、それならどう考えても軽空母はなかったのだ・・・という前回の反省から、今回は重巡洋艦主体の艦隊にしてみました。重巡洋艦3、駆逐艦1、空母1、潜水艦1。これで試してみるとボスの耐久残り5のところで終了。この時は砲雷撃戦で大破が3隻も出てしまい倒せなかったのですが、これは誤差の範囲だろうともう一戦してみると、今度は夜戦でボス旗艦が吹っ飛んでいきました。減らせたゲージは1/5くらいと割りと渋い感じながら、これでクリアの目処がつきました。あと4回くらいかな。

 具体的艦隊編成は重巡洋艦・利根(レベル59)、筑摩(レベル54)、羽黒(レベル44)、駆逐艦・島風(レベル42)、正規空母・赤城(レベル85)、そして潜水艦にはイオナを起用。最初から最後まで単縦陣で突撃させています。重巡洋艦4隻でなく3隻なのは単に4隻目がいなかったから・・・。手持ち4隻目の重巡洋艦となると足柄(レベル25)まで落ちてしまいます。なので、駆逐艦ながらレベルが比較的高めの島風を選択しています。駆逐艦でも夜戦まで持てば強力ですしね。空母は先制の艦攻で先手を取るために入れています。艦戦2艦攻2を搭載した赤城1隻でも制空権はボス戦でも優位に、艦攻の雷撃で最低でも1隻は撃沈できるので、野戦に参加できない点を考慮しても外せないと考えました。単純に空母・赤城が気に入っているのもありますけど。イオナは攻撃役というよりは敵駆逐艦と軽巡洋艦の的になってもらう役です。これでイオナ以外は道中無駄な被弾がなくなるため、非常に大きいです。イベント限定艦である重巡洋艦・タカオはコストの問題からまったく考慮しませんでした。

 戦艦を使わないと攻撃が一巡して砲雷撃戦が終わるので、何気にこれが攻略の鍵となったような気もします。一巡目で敵艦隊をはほぼ全滅できているならよいのですが、強力な雑魚が残った場合、戦艦がいるとニ巡目の攻撃でこちらが大破する可能性がでてしまうわけで、避けられるリスクは避けたほうが賢いわけです。

南方海域に進出!
 イベント海域は修理コストがかさみすぎて無理!ともはや投げ気味。これなら南方海域に着手しようと思い試してみると、南方海域進出作戦一発クリア、珊瑚諸島沖海戦4戦4勝ストレートクリアとなりました。

 南方海域進出作戦は水上打撃部隊で行けと指示があるので、水上打撃部隊ってなんだろうかと悩みつつ、航空水上打撃部隊の任務をヒントに戦艦3重巡洋艦3の編成で出撃させてみるとボス直行、そのままクリアでした。ものすごくあっけなかったです。

 続く珊瑚諸島沖海戦は空母機動部隊で行けとわかりやすい指示があるので、我が艦隊トップ3の赤城、蒼龍、飛鷹を加えた戦艦3空母3で出撃させるとやはりまたボス直行。ただ、ボスの耐久が高く夜戦にもつれ込んだので、2戦目からは戦艦1を重巡洋艦1に変えて出撃させていました。まあ夜戦でも結局は戦艦・金剛と榛名でカタがついてしまいましたが。4戦して被害は小さくなかったものの、ここで重巡洋艦・衣笠と潜水艦・伊58をゲット。どちらも編成任務こなすにの必要な艦なのでラッキーでした。潜水艦はともかく重巡洋艦なんていまさらどうでもいいですけど、衣笠がいないと任務がこなせませんからね。

 このゲームは砲撃戦での駆逐艦と軽巡洋艦の対潜攻撃が必ず潜水艦に向かうようになっています。つまり、キス島沖での経験値稼ぎに潜水艦1隻入れておくと被弾するのはその潜水艦だけという・・・(雷撃戦では潜水艦以外にも攻撃が向かいますが)。しかも潜水艦は修復時間が短いので、大破しても数分で復帰できる利点まであります。もっと早くに気がついていればもっと効率よく稼ぎできてたのに。

主翼と砲塔の取り付け
超巨大戦艦組み立て完了

 超巨大戦艦、ついに主翼を取り付けるところまで来ました。これで残すは砲塔6つ。翼の左右両面に1つずつ計4つに艦首に後ろ向きに2つ。これで組み立てに関してはすべて終ります。

 シルバーの塗膜の上に塗ったブラックの定着がいまひとつなのか、乾燥が進むに釣れ質感がだいぶ変ってしまったのが誤算ですが、まあもういいです。これで十分。凹モールドも塗装をやり直す前よりはっきりくっきりして一からやり直した甲斐がありました。でも写真でもなんとなくわかると思いますが、特に主翼と胴体とで黒味が違ってしまったのが少し気になる、かなあ。まったく同じパレットから色を取っているのですけどね。

 主翼取り付け中に色がはげてしまったところを修正したため、乾燥待ちで残りの作業は明日以降になります。ただこれ以外にも若干塗膜が荒れている部分に気がついたので、軽くやすりをかけて修正できる範囲で手を入れるつもりです。それを終えたら艦首のライト?部分にオレンジ色を入れて完成です。年内ぴったりに終われそう。

ボス戦で軽空母全滅!
 硫黄島沖海戦攻略のコストを下げようと、戦艦1軽空母4にイオナという謎の編成で挑んでみると、なんと初めてボス戦までたどりつきました。しかし砲撃戦で相手の先手で軽空母すべて中破・大破で潰されるという・・・。空母は中破から艦載機の運用が出来なくなり、もともと夜戦には参加できず、ということで攻撃手段がなくなり敗北しました。戦艦・金剛が夜戦でひとり奮闘し、ボス残り50のところまで削ってくれたのですが、イオナがどうでもいい敵戦艦に魚雷を撃ち込み、しかもミスという残念な展開。イオナがボスに当ててくれたらなぁ。まあそもそも軽空母4で編成した私がおかしいのですけど。ボスの耐久からして夜戦で勝利する公算が高いので、コストを意識するなら重巡洋艦を使うべきでした。でも戦艦でさっさとクリアしたほうがトータルコスト低いかも。

イベントキャラは強いけど
 カスガダマ沖海戦も無事クリアとなりました。難しくはありませんでしたが、4回目のボス戦の敵旗艦は耐久が270とかなり大きい上、艦隊戦に勝利してもその旗艦を落とさないとダメという仕様の前に、1戦無駄にしてしまいました。初見でも倒せそうだったのですけどね。夜戦で3連発ミスって終了。当たれば倒せそうだということで、そのままボスルートに入るまで粘って潰しました。年内のうちに切りの良いところまで進めることができ良かったです。

イオナ
潜水艦イオナ。レベル1からでも超強い。その分修理コストもかかる。

 イベントのほうは最初のエリア、観音崎沖迎撃戦はクリア出来ました。出来ましたというか、特につまることもなく楽勝でした。ボスまで一直線な上、道中に敵戦艦・空母すらいません。その代わり経験値は少なめです(キス島沖の1/3くらい)。ボスはレーザーによる範囲攻撃を使ってきますが、レベル差が大きいのかほぼ回避で危うげなく倒せました。3回だったか4回だったか繰り返せばゲージを削り切れ、次のエリア開放の足掛かりとなります。

タカオ
重巡洋艦タカオ。レーザー撃つけど当たらない・・・。修理コストが異常。

 しかし続く硫黄島沖海戦で足止めを喰らっています。道中のレーザー攻撃で複数の艦が一発大破してしまいます。大破からの進撃は有り得ないので先に進めません。これはクリア出来そうな気がまるでしません・・・。何気に修理コストも凄まじいですし。タカオ大破の修理に鋼材800近く取られました。タカオはもう二度と使いません。こんな先の見えないところで資材を垂れ流すくらいなら、普通に経験値稼ぎしてたほうが楽しいです。イベントは2週間あるので1日2回程度試して、ダメならそれでいいかな。たぶんクリア出来ずに終りそう。

 大型艦建造も可能になりましたが、これはまったく話になりませんでした。1回の建造に最低でも燃料1500・弾薬1500・鋼材2000・ボーキサイト1000が必要、これ以下の設定は不可、というすさまじい仕様。今の手持資材では1回で1/10以上吹っ飛ぶ計算で、無理も無理という感じです。これも集金システムのひとつなのでしょうね。私は無理なく遊べる範囲で遊びます。

運が悪く足踏み
 コラボイベントが開始されましたが、まずはカスガダマ沖海戦を優先!しかし4回連続で駆逐艦が道中で大破。対潜用の島風・吹雪・暁・電が順に・・・。駆逐艦でも大破すると修理2時間弱待ち。あぁ、ボス戦どころではありませんでした。運のなさに泣けてきます。まーこんなこともありますかね。

 イベントに参加すると簡単な任務をこなすことにより強力な潜水艦が仲間が得られ、イベント期間中だけ自由に使うことができます。イベント限定エリアだけでなく既存エリア攻略にも使えます。ただ修理コストが非常に大きいので、鋼材等に余裕がない人は使わないほうがいいかもしれません。私も少し試してみて、これは割に合わないと考え使っていません。イベントエリアの観音崎沖迎撃戦のボス戦ではそれでも楽勝でした(戦艦4空母2編成で3戦すべて完全勝利Sでした)。

そういうことか・・・
 カスガダマ沖海戦ボス倒しました、けど・・・。これって4回倒さないとダメみたいですねえ。どうりで楽なはずです。2回倒してエリア表示上のゲージが半分になりました。

 回数をこなしても南ルートしか取らず、どうやらキス島沖のように艦隊編成縛りがあるようだと気付きました。そこでレベリング中の軽巡洋艦・五十鈴と駆逐艦・吹雪を入れてみると西ルートを取るようになりました。しかーし、これが結構な罠で、まっすぐ西へ進んでくれればボス直行にもかかわらず途中確実に北へそれてしまい、しかもそのそれたマスの敵艦隊が空母・戦艦構成といういやらしさ。次のボス手前のマスもやはり空母・戦艦構成で、難易度が無駄に高くなってしまいます。これはダメ。南ルートからでもそれなりの確率でボスルートに入れるため、積極的に西ルートを取る意味がありません。

 ちなみにボスそのものはあまり強くなく(鬼という種類の空母?)、敵戦艦の一発のほうが脅威といえば脅威です。ただ、今のところはボス戦2回とも夜戦前にケリがつくくらい余裕あります。やっぱり北方海域艦隊決戦のほう後にするのが正解だったようです。

 西方海域ももう攻略目前です。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.