ビグロの隙間埋め
隙間充填

 Gファイターがほぼ形になったので、完成待ちのビグロに戻って耳と本体の付け根の隙間を埋めました。エナメル塗料のフラットグリーンを希釈しないで隙間に塗りこんでいるだけです。色味が違ってますけど、はみ出しを拭ってしまえば大して気にもならないはず。仮に気になるようでもやり直せは良いだけです。残りは顔の斜めのラインに黒系の色を流し込むくらい、それで完成とします。

 このビグロは300円という値段を考えるとボリューム感があり非常にお得なキットだと思います。でもあんな立派な台座はいらないので、代わりに箱絵にあるような爪で掴めるガンダムを付けてくれたほうが喜ばれたのではないでしょうか。

 関連記事が貯まってきたのでブログにガンプラカテゴリを作りました。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.