ここまできた
完成手前ビグロ

 とりあえず耳の部分を慎重に接着しました。位置合わせをして隙間に流し込み接着剤を流しています。しかし塗膜の厚さのせいで本体とぴったり合いませんでした。これはいつものように顔料摺り込みで隙間を埋めるしかありません。ただ、なにぶん接着部の面積が少ないので、もう少しがっり固まってから作業に入ろうと思います。

 それと目玉を入れました。直接色をのせるのではなく、ランナーを薄く輪切りにしたものを白く着色して接着しています。本体側にある目玉の凸モールドを予め削っておいたほうがさらに良かったかもしれませんが、まあこれはこれで満足しています。

完成手前ビグロ後ろ

 ビグロ後ろ。ノズルの中をエナメル塗料の銀+黒+赤の混色で塗りました。やはりエナメル塗料は金属感が強くて質感が良いです。金属と言ってもアルミ程度のものですが、これでもワンポイントには十分なアクセントです。塗膜が弱いためどこにでも使えるわけではないものの、今回のノズルの中のように普通には手で触れようがない部分には効果的だと思います。

 赤い部分はフリーハンドで塗ったため、塗りわけラインに気を使いすぎて肝心の塗膜の平坦さがいまひとつ。ここだけは軽くやすりがけ&さらっとひと塗りしなおすかも。

 まだもう少し塗るべきところがあります。それでも腕と頭部を接着させればもう完成といっても良い所まできました。もうちょっとです。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.