やっぱりラクではなかった
 2キャラ目は3戦3敗!かはっ。上手くいかないな・・・。3勝なら18ポイントのところ3敗で6ポイントですから、30ポイントが遠いです。

 そういえばセスタスとフェンサーのスキルがかなり変わるみたいですね。セスタスは対歩兵の点でも現状強すぎると思うので下手にいじる必要はないような気がします。各モーションにウエイトをかける程度で十分バランス取れると思います。なので大幅な変更はどうなのかな。フェンサーはもう長いことしていないのでまったくわかりません。まあフェンサーに限らず他クラスについても疎いわけですが。3キャラセスタスでトータルスコア稼ぎメインで遊んでいます。

今回はラクかも
 現在ファンタジーアースゼロで行われているイベントでエクスバンク拡張書が報酬になっていたため、久々に遊んでいます。運の良いことに昨日から参加して5戦4勝。あっさりとあと1戦するだけのところまできました。途中参加で適当に入れる側に参戦しているだけなのに、やけについてます。

 1キャラだけ貰えればと考えていましたが、これならもう1キャラ分いけそうです。

図書カードもいいけど
 7月の頭に交換依頼を出したサイバーパネルの図書カードが届きました。普通の図書カード1000円分が1枚でした。

図書カード1000

 でもやっぱり図書カードよりAmazonギフト券がいいな・・・。

単品でも売って欲しい!
 なんと、ヤマトメカコレシリーズに新規造型3種が加わるそうです。ドメラーズ2世、ブラックタイガー、コスモクリーナーD。でも既存のメカコレ30種とのセット販売だとか。なんだー。既存の30種はもう手もとにあるので、買う気にはなれません。こんな抱き合わせではなく普通に3種セット1000円で出して欲しかった・・・。

 宇宙戦艦ヤマト メカコレ スペシャルボックス プラモデル[バンダイ]《11月予約》

 現在、超巨大戦艦の塗装を進めています。本当は今月中の完成を目指していたのですが、やはり黒を綺麗に塗るのは難しく、なかなか順調には行っていません。ウイノーブラック単色ではどうしても不自然なツヤ(ぎらつき)とムラが出てしまうので、ミッドナイトブルーを少し混ぜた色を使うことで問題の解決を図りました。当然ながら微妙に色味が違ってきますが、ぎらつき感がなくなり塗りやすくなったと感じます。真っ黒にこだわらなければミッドナイトブルー単色を使うのが早かったかも。まあそれだと先に完成させた地球防衛軍艦隊駆逐艦と同じになってしまいますが。

ここもか
 楽天銀行のパスワードを一回間違えただけで追加認証によるログインがあったとメールで連絡がありました。入力してる文字列は確認できないうえ手打ちするしかないのだから一回くらい間違えたって不思議じゃないのに。ここまでくどいと腹立ってきますね。

 どこまでがユーザー側の責任なのかをはっきりさせて、責任はこちらがとるからもう少し使いやすく使いたいという設定をユーザー側で持てたらよいのですが。そのうえでやられた!となればそれはユーザー側が100%悪いのです。逆に、サーバー側で情報丸ごと抜き取られた間抜けなところもあるようですが、それはユーザー側ではどうしようもありませんから、そういうのはそちらで責任を取って欲しいものです。やられた連絡だけよこしてあとは音沙汰なし、そういうのはやめて欲しい。

ユーザーの利便性はどこへ
 Outlook向けの新着チェッカーが反応しないなぁとふと気が付いたので手動でログインしようとすると、コードを入力せよという画面が出ていました。なるほどこれがチェッカーを阻んでいたようです。コードを発行してもらって入力するといつものOutlook画面へ。案の定8月8日からメールが貯まっていました。まあOutlookはどうでもいいメール受信用に使っているだけなので本当にどうでもいいのですが、ここまで見逃すのは我ながら失態だなと思いました。

 その流れでなんとなくPontaポイントを確認しようとすると、こちらは16桁の会員IDの入力を求められました。めんどくさすぎです・・・。Firefoxにも記憶できませんし、なにこの仕様。ポイントの不正使用を防ぐためなのでしょうけど、利便性があまりに悪くなりました。もう進んでログインすることはないでしょう。でもポイントちょぴっとだけ増えてました。coneco.netへの投稿をしなくなってからポイント加算もぴたっと止まっていたところ、先月1つレビュー投稿したらまたポイントが加算されるようになりました。たまーに投稿するのが賢いようです。

あまりに数字が偏ってる
 なんとなくファンタジーアースの遊技場ハイアンドローで遊んでみたところ、5回やって一度も4回目にいけませんでした。つまり最高でも3回目で失敗という・・・ついてなさすぎ。

 例えば"30"という数字が最初に出たら普通はハイを選択するとは思うのですが、そうすると"19"がでたり、どうしようもありませんでした。

 リング余りまくってるので1000回くらいやってみようかという考えも吹っ飛びました。

あとは緑色塗って完成
ビグロ仮組み

 ビグロはすべてのパーツを使うところまできました。腕先の六つの爪とくちばしはそれぞれ開いた状態・閉じた状態の二種から選択して接着することになります。私はすべて開いた状態の爪を使いました。くちばしは閉じた状態を選択。ここ差し替え式にしようと途中まで作業していたものの、開いた状態のパーツの塗装が異様に難しかった(オレンジ色がのらない)ので、閉じた状態固定でいくことにしました。攻撃対象のガンダムが付いていたら開いた状態にしたのですが・・・。

 腕も爪も塗装は終っているので、あとは本体の緑色と赤色を塗るだけです。

 台座は本体のボリュームからすぎるとあまりに過ぎたものが付いています。もともと台座がなくても本体は安定して設置できますし、腕を本体より下にして飾りたいというのでなければ不要です。個人的にもこの台座は使う必要がないと感じたので、余った爪パーツと一緒に未塗装のまま保管しておくことにします。この台座の代わりに箱絵にある爪で捕らえたガンダムが付いていたら良かったのに。

coneco.net買収されてた
 coneco.net、この8月頭にヤフーに買収されたそうです。へー。coneco.netは単純な価格比較サイトとしては価格.comに大きく後れを取っていると思いますが(この分野では価格.comがへましない限り挽回はもう無理だと思う)、製品レビューの充実度では勝っていると思います。Amazon.co.jpのレビューは面白く参考になるものも多いですけど、信憑性がうーんなものも少なくないので、動画・写真つきレビューが多いconeco.netはやはり別格だと考えます。

 PCパーツ長者のほうはどうなるのかな・・・。確かに最近やってないみたいです。私はもう応募すらしてないのでなくなって困ると言うほどでもありませんが、ないならないで残念ではありますね。PCのCPUクーラーを借りて、別売りのものってこんなに静かなんだ!と知ったきっかけとなったのがここでしたからねぇ。

 Pontaポイントはどうなるのでしょうか。ヤフーは自前のポイントをTポイントにしてしまったので、もしかしたらconeco.netのポイントも変えてくるかもしれません。

さっさと2勝してきた
 すごろくはぎりぎりゴールでした。2週目ならず。

 今週からは2勝でアクセサリが貰えるイベントなので、とりあえず1キャラだけ2勝してきました。勝ちが読みやすい砦戦に参加。でもなかなか厳しいです。勝ち方を読まない人が多すぎて無駄に苦戦していました。最後の最後、オベリスク1本折ってぎりぎり勝ち、残り時間はほとんどないという状況で、オベリスクのない側から攻めようと声をかける人がいたり、あくまで中央ゲートにこだわったり・・・。うーん、何も考えずに動いているのが良くわかります。

 砦戦防衛側二段目のオベリスクは北西に2本、南東に2本あります。これを早々に破壊できた場合は、あとはどんどんオベリスクを建てて領域を拡大させればそれでもう勝ちです。もし終盤までにこの4本のオベリスクのいずれかが残っていればそれを狙いに行くのがセオリーというか、そうするしかありません。最終戦以外はこの4本すべて折らずに勝てることはまずないと思われます。中央ゲートを攻める戦力をなぜこれらオベリスクに向けないのか、こんな明白なことがなぜできないのかがわかりません。中央ゲート破壊しても拠点ダメージはありませんからね。

 中央ゲートは破壊できるにこしたことはありませんが、すでに二段目にオベリスクがなく中央ゲートからさらに奥になだれ込まなければ勝ち目がない、という状況でなければ無視してかまわないのです。そもそも現状のオベリスク破壊ダメージ+領域ダメージのバランスのもとでは砦戦二回戦と最終戦は中央ゲートを突破しなくても十分勝てます。それで勝てないのは領域を取らないから。

 そしてこれは防衛側にも言えます。拠点ダメージが逆転された時点で領域も負けていたらそのままずるずると負けの方向に向かいます。防衛側は領域ダメージしか拠点ダメージしかない(正確には破壊ダメージもキルダメージもありますけど最低限です)砦戦の仕様上絶対に逆転できないからです。なので領域が取れるところはたとえ防衛側でも積極的に取っていく必要があります。オベリスクが破壊されるリスクは取れない、だから建てないというのは大きな誤りで、ある程度はリスクを取って建てなければ負けてしまいます。このあたり現状の砦戦防衛側は消極的すぎると思います。やっぱりオベリスク守るより歩兵戦してたほうが楽しいということなのでしょうね。

 個人的に3キャラ2勝してこのイベントへの参加は終わりにします。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.