今回のすごろくはハズレばっかり
 42マス目にエクスバンク拡張書を確認。そして現在41マスのところ、つまり1を出せば良いという先日と同じ条件のところで今度は2が出ました。あーあ。

 しかもこれ、ゴールできるかも怪しくなってきたような・・・。残り1日、3回とも出目が悪いと届きません。ここまできたらせめてゴールドコイン欲しいです。

稼げるけど退屈・・・
 エボートマイン3回目で2500PPでした。これはスーパーパンヤボーナスなしにまわっての結果なので、上手く使ってれば3000PPは軽く上回ってきますね・・・。要所を押さえれば誰でもこれくらい稼げます。

 これはこれで悪くはないと思うのですけど、ゲームとしてはもう終わってるかもと感じます。やっぱりね、1W250Yというのを死守して、それ以上はコントロールペナルティを科す、という初期の縛りがゲームバランス的に優れていたと思います。それを崩してしまったがゆえのコースデザインの制約がゲームをつまらなくしているというか、一か八かの決断を迫られる面白さが皆無なのが残念です。その点エボートマインはミスショットしても別に何もありません。バンカーすらありませんし。

 攻略記事は見送ります。公式にコース攻略専用掲示板が存在していたので、わざわざそれに水をさすこともなかろうという判断です。

エボートマイン遊んでみた
エボートマイン

 新コースのエボートマイン18ホール通しでプレイしてみました。★2ですが★1に近い難易度です。打ち上げホールが多く、グリーンは比較的平坦ながらも奥へのゆるい上り傾斜が多いようです。各ホールは基本的には見た目通りに打っていけば問題ないと思います。いかにもトマホーク使え、コブラ使えなホールがあり、その通りショートカットできるようになっているところもあります。

 パワーインフレの進んだ今のパンヤでは、高パワーキャラ持ちの人があまりに有利すぎてつまらない、という判断があったのかは知りませんが、ほとんどのホールは谷や川でフェアウェイが区切られ、パワーごり押しでは意味がないようになっています。逆にティーショットをアイアンで滑り台に流し込むだけでオーバードライブ300PP稼げたりと、キャラの性能問わず誰でも楽しめるような工夫が施されています。私の初見プレイでは最終的に2000PPでしたから、このコースは相当簡単に稼げるようです。たぶんチップインなしでも普通に2000PP稼げるように調整されているのでしょうね。というわけで、技術がなくてもPPをたくさん稼ぎたい人にはうってつけのコースです。

休眠復帰キャンペーン
 つい先日記事の中にパンヤの名前を出したら、休眠復帰キャンペーン対象アカウント向けパンヤのメールマガジンが本日届きました。すごい偶然というか、勘が働いたというのか・・・。(パンヤのメールマガジンは取っていませんけど)

 1年半ぶりに新コース実装だそうです。コース名はエボートマイン。しかも8月1日に実装済み!新コースが開発されているというのはずっと以前に耳にしていましたが、8月1日にくることはまったく知りませんでした。新コース攻略記事を書くかどうかは現時点ではまだ決めていません。★2の割りと簡単そうなコースですし、面白いギミックがなければ特筆するほどでもないかなと思っています。ま、そのあたりは実際試さないとわかりませんけどね。

 それで肝心の休眠復帰キャンペーンですが、しょぼい・・・。ゾディアックダークウィング無料貸し出し、ガチャ抽選券最大3枚、このふたつでした。無料貸し出しは復帰を促す材料にならないでしょう。すぐ消えてしまう装備アイテムなど最初から不要です。ガチャは3回したところでゴミしか出ないのがわかってるので、これも意味なし。なんだかよくわからないキャンペーンでした。

なぜかビグロを作る
ビグロ途中

 以前いただいたガンプラ在庫の消化のため、ビグロを途中まで組んでみました。

 このビグロ、腕の部分だけ異様に大きくボリュームがあります。逆に言うと、腕のない本体部分は小さいです。この腕が最大の特徴のメカですねぇ。肩と前腕を上腕パーツで挟み込む形になるため、塗装しつつ接着していかないといけません。あと挟み込む軸と軸受けの大きさが合わずスカスカだったので、接着剤のスチロール樹脂でもって軸を太らせ軸受けを狭めてみました。これで関節はかなりキツキツに。これくらいしないと姿勢が固定できません。方法はどうあれこの関節部分は少し工夫が必要だと思います。

 ビグロ以前にそもそも機動戦士ガンダムというコンテンツにそこまので興味はないのですが、よくわからずそれでも作っていくと愛着が湧いてきて、このビグロが気に入ってきました。

 最初から作りかけのもの等々含めてガンプラはまだ5・6個あります(どれも小さめのものですが)。これらに少しずつ手を入れて完成させたいと思います。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.