駆逐艦こんな感じに
駆逐艦一隻

 駆逐艦、ふたつのうちひとつはこのくらいまで完成しています(写真のピントが後ろにいってしまっていますが・・・)。砲塔を貼り付けたらほほ完成のところにあります。ただ、本体色を黒っぽくしたので、そのまま貼り付けると細かいところが埋もれてしまう感じになってしまうので、少し色味を変えようかなぁどうしようかなぁと少し悩んでいます。

 もうひとつは艦首のオレンジ色のところが上手くいかず修正中です。別に大きなミスではないのでこちらも完成まで遠くありません。塗料の乾燥に時間がかかるくらいかな。

 この駆逐艦の艦首と艦尾のオレンジ色、実は黄橙色のビンにパーツを直接沈めて色を付けています(その上から自分で調合したオレンジ色を塗っています)。以前デスラー艦隊駆逐艦のポリパテで複製した砲塔を白に染めたときと同じやり方をとりました。隠ぺい力が低い色でもこれなら簡単に色がのります。が、塗膜がすさまじい厚さになるので修正する必要があります。このやり方は単純な形状のものにしか使えないものの、使えるのであれば非常に手軽です。

 ふたつとも出来上がったら、あとはエナメル塗料で細かいところに色をおき、ネームプレートを付けて完成です。接着前のパーツはネームプレート以外すべて塗装が終っているので、もうこれでいいとなればすぐ完成させられます。ただ凹モールドを何色で塗ろうか、まったく見当もつかずこれも悩ましいです。

 コスモゼロより先に完成させます。コスモゼロは修正停滞中。

時間かかりすぎ
 ロジクールからマウスの交換手配を始めるという連絡がありました。それは良いのですが、事前の説明とはここまでの手続きの流れがだいぶ違うようです。発送すらまだって遅すぎです。こんなに時間がかかるのがわかっていたら、先日ヨドバシカメラで買い物したときにマウス新調したのに・・・。今回の対応にはちょっと不満があります。

 不具合が生じたマウスは日に日に状態が悪くなってきていて、もともとは右ドラッグが出来ないだけだったのが左クリックもおかしくなり、ついには左ドラックができなくなってしまいました。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.