グラディウスポータブル遊んでみた
 PSP版グラディウスポータブルを借りて遊びました。これ一本に横スクロールシューティングゲーム、グラディウス1から4と外伝が収録されています。連射設定あり、難易度調整やステージ単位でのセーブができる至れり尽くせり仕様です。

 とりあえず、難易度を一番低くして、セーブも駆使して一通りクリアしました。4と外伝は正直大差なく、全体に長めな上、中盤以降の展開が似たり寄ったりで飽きてきます。ただ、シリーズの中では武装が豪勢で遊んでいて楽しいです。ちょっと遊びたいというのであれば1が一番手軽で、ステージ構成もメリハリがあって良いです。1だけは初見の一発目でクリアできてしまうくらい簡単でおすすめ。2と3は特に魅力は感じませんでした。

 セーブはその状態そのまま保存できるのではなく、その時点でのパワーアップ状態とパワーゲージ段階だけ保存され、スタートはステージのきりのいいところから(ようは復活ポイントから)となります。なのでセーブを使っても要所は自力で突破する必要があります。難易度を一番低くしていれば敵の攻撃はたいしたことないものの、地形がらみのギミックでどうしてもつまづくところが出てきてしまうでしょう。そこはセーブをしても意味がないのでなかなか難しいところでした。

 ひとつ残念なのは、画面を引き伸ばした際のクオリティがあまりに低いところです。あまりに汚くて使い物になりません。PSPの解像度にグラフィックを最適化しろとまではいいませんが、拡大率とクオリティのバランスのいいところで表示するなどやりようがあったと思います。

 定価で2940円です。PSPでシューティングゲームなんて無理だろうという思い込みは間違っていました。これについては楽しく遊べました。

グラディウス ポータブル コナミ・ザ・ベスト

ダンガンロンパクリアしてみた
 PSP版ダンガンロンパ、借りたものですがクリアしました。まあまあ面白かったです。ちまたの評価ほどすごいとは思いませんでしたけど・・・。まあ自腹切ってないのであまり突っ込んだ評価は控えます。

 個々のトリックは非常に荒いものの、プレイヤーに真相がすぐ理解できるようわざとあまくなっているのだと私は理解しました。学級裁判の演出も含めると白熱する内容になっています。実際この部分はとても良かったです。変にポリゴンを使って安っぽい3Dキャラにしなかったのも◎。

 気になったのは、学級裁判で真犯人を挙げないと真犯人以外の全員が処刑されてしまうにもかかわらず、議論が稚拙でとにかく誰かを犯人に仕立てたい、押し付けたいという他人事のような雰囲気が強いところです。私がこのゲームをそこまで評価しないのは主にこの点が大きいです。緊張感がもっと欲しかったな。この内容であれば、真相関係なくやらなければやられるという強制コロシアイルールのほうが良かったように思いますね。

 キャラはみんな良かったです。序盤、桑田君と江ノ島(ニセ)さんの出番がもう少しあればとも思いますが。

 現在ダンガンロンパはBEST版が3000円弱で買えます。この値段であればそんな悪くはないでしょう。それまで仲間だったキャラが次のシーンでは死体となっていたり、犯人の処刑シーンがムービー(Flash風)で流れたり、ダメな人はとことんダメだと思いますので、そこだけ注意してください。

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 PSP the Best

また後退か・・・
大きく後退

 コスモゼロは大きく後退しました。尾翼の黄色と機首の赤色を剥がして塗りなおし中です。小手先で修正していたらモールドが埋まるほど塗膜が厚くなってしまいました。失敗です。18日の記事の写真のところで黄色以外は止めておけば今頃完成していたと思います・・・。

 駆逐艦は本体の色をヤマトと同じにしました。ミッドナイトブルーをベースに青と黒で色味を調整。黒っぽい青を目指したものですが、う~んという感じに。駆逐艦は先端と末端がオレンジ色なだけで、本体部分は一色です。なので本体色をどうするかはかなり大きな問題となります。箱絵では普通にグレー、劇中(潜宙艦に撃沈されるシーン)ではヤマトと同じ色、ということでなかなかイメージがつかみにくいメカですが、今回は後者を選択しました。まあまだどうなるかわかりませんけど。やすりがけの跡が結構目立つので、ここからまたやすりがけの作業に戻るかもしれません。

勝手にIE10にされてた
 いつのまにか知らずにIE9が10にアップデートされていました。ええええー。こんなの勝手にアップデートしないで欲しいです。基本的にIEを使う場面がないので今までまったく気がつきませんでした。この勝手にアップデートの件はその当時は割と問題になっていたようです(回避パッチがマイクロソフトから出されてるくらいなので・・・)。知りませんでした。

 使い勝手は特に変わりはありませんでした。フォントが汚いのもIE9から変わりません。

駆逐艦はこんな感じ
駆逐艦組立

 駆逐艦組み立て中。奥のものは本体および機首のキャップを接着するところまできています。手前は支柱の差し込み具合を調整中。ひとつの大きさは10cm弱くらいです。本体そのものは小さいけれど、台座が大きいこと、ふたつ分の空間を占有することから、ボリューム感はそれなりにあります。100円でこれなら結構良い気がします。でもまあ欲を言えばふたつ同じものにするのではなく、違う組み合わせにして欲しかったです。ラインナップにないブラックタイガーとかね。

 支柱を着脱式にするなどなどの加工をしなければ、ここまで5分程度の作業量です。

駆逐艦に着手
 コスモゼロは塗り分けにミスって大きく後退してしまいました。機首の赤をもうひと塗りと思いシルバー側をマスキングして塗ってみると、赤がシルバー側に流れてしまうという・・・。あーあ。もうひとつ、黄色の色味を他の色とあわせようと黄色にシルバーを混ぜたものを塗ってみたら思いのほか暗い色になってしまいました。こっちのほうが修正しにくくて痛いかも。まあ仕方ありません。今月中の完成はあきらめました。

駆逐艦

 作りかけのストックに地球防衛軍側のメカの残りが少なくなってきたので(コスモゼロとアンドロメダのみ)、ここでひとつ追加することにしました。新しく着手することにしたのは地球防衛軍艦隊駆逐艦です。これ、小さい駆逐艦がふたつ入っています(護衛艦のキットもこのパターン)。いつものように台座の支柱を差込式に加工するのが面倒ですが、それさえ済めばあとはあっという間に組み上がります。小さいので塗装もすぐ終りそう。難しい塗り分けもまったくありませんしね。

コスモゼロ本体色
メタリックブルーシルバー

 コスモゼロの本体色を決定、塗り上げました。シルバーをベースにほんの少しのグランプリホワイトと少しのスージープルー(の上澄み)を混ぜたメタリック色です。シルバー単色でも良かったと思いますけどね。ただ、個人的にコスモゼロのイメージがどうしてもシルバーとは思えず、どう見ても劇場版(テレビ総集編)は水色の機体なので、そのイメージを優先して青っぽくしてみました。

 シルバーに他の色を混ぜてもなかなか綺麗に混ざりませんでした。今回作った色もはじめはほのかに青みがさすシルバーという色味だったのですが、調合した状態でパレットの中で2日ほど経ったものを使ったところ写真のように突然青味の強いシルバーに変わっていました。びっくりしましたが、まあこれはこれでいいかとこの色を使うことに決めました。

 実は赤色もシルバーを混ぜて塗りなおしています。色が沈むものの隠ぺい力がものすごい上がります。これはこれから先使い所が多そうです。

 黄色は予め塗ってあったものの上からシルバーを塗ってしまったため、やすりやナイフでシルバーの塗膜をこそいで、再び黄色を表に出すという手法をとっています。しかしやはりマスキングをしないとナイフの先が削らなくてもいいところまで削ってしまうのでなかなか難しいです。面倒くさがらずに最初からしっかりマスキングして塗り分けたほうが楽かもしれません。

 黄色の部分もシルバーを混ぜて塗りなおすかもしれません。調合した色味次第ですね。

 やり直しがなければ今月中に完成できるのではないかと思えるようになってきました。ミスがなければいけそうですけど・・・どうかな?

いくらなんでも一方的すぎる
アルター破壊

 砦戦最終戦攻撃側でアルターオブドミニオン破壊で勝利。最初の北西攻めに防衛側は全力で押し込んできて、それを受け流してこちらは東から中央へなだれ込んだら一発で中央ゲートを通過できてしまいました。押し引き一切なし。そのまま北のアルターオブドミニオンを狙うも、防衛側がこれまた全力で押し寄せてきたため、あと少しというところで全滅。しかし復活ポイントが中央ゲート手前にあるわけで、そこから死に戻りが東のアルターオブドミニオンを狙って、今度は楽勝の破壊となりました。北にいる防衛側歩兵は反時計回りで東に来るしかありませんからね・・・。なんだかおっそろしく間抜けな戦いでした。人数差があるわけでもなし、砦戦でここまで一方的な内容は初めてです。

 アルターオブドミニオンを破壊すると大ダメージとメッセージに出ていますが、大ダメージどころか即終戦にならなかったことが一度もありません。1.5ゲージくらいは間違いなく減りますね。

配色が難しい・・・
ホワイトシルバー

 黄色以外塗りなおしてこんな感じに。やっぱり黄色が強すぎると感じます。でも塗りなおすのも大変すぎるし・・・。困ったな。

 本体グレーはシルバーにグランプリホワイトを足したものです。フラットベースを入れすぎたのか完全つや消しになってしまいました。適当に作った色の割りに結構良いとは思うのですが。まあここまでのつや消しは好みではないので塗りなおしますけどね。もっとシルバー寄りにして黄色を押さえ込めるようにしてみようかな。

 塗る面積が小さいので楽は楽なのですが、配色が決まらない上に塗りわけが難しく簡単に完成しそうにありません。

これいらない
 ラヴマリッジイベントアイテムが3種揃ったのでウェディングドレスと交換しにいくと荷物欄5マス空いてないと渡せないと言われ、でも3種のアイテムだけは取られていました。ちょっと笑ってしまいました。

 しっかしこのウェディングドレスは出来が悪いですね・・・。作り直せばいいのに。それでなくとも1つにまとめて欲しいです。こんな絶対に使わない装備に5マスかけるなんて馬鹿みたいです。手装備だけは汎用性あるかな?くらいかな。

 イベントアイテムはトレードだけでなく宅配もできるので、適当に遊んでれば誰でも揃えられます。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.