完成間近で一休み
ジャーマングレー塗り

 エナメル塗料のジャーマングレーを溶剤で溶いて、つやと色味を整えるために全体に塗りました。塗った後にエナメル溶剤でほとんど流してしまいましたが、結構良い感じになりました。特に艦尾のエンジンノズルの赤の上にのったジャーマングレーがスモークのような効果を出して好みの色合いになりました。

 しかし、エナメル塗料を塗りたくっているうちに本体側面のラッカー塗料のグレーが少し剥げてしまいました。ラッカー塗料とはいえ塗膜が薄いところはエナメル溶剤で溶けてしまうのはわかっていましたが、今回剥げてしまったのはそんな問題が起きそうもないところだったので意外でした。まあしかたありません。幸い、本体に使ったグレーはパレットにまだ残りがあるので、剥げてしまったところを含めた部位一面をさーっと塗ってカバーしておきました。剥げたところだけペタペタやると筆あとがそのまま残り汚くなります。こういうのは思い切って広く塗りなおしたほうが綺麗に修正できるようです。

 波動砲の仕切り板(?)も接着し終え、もう間違いなく完成に近いところにあります。が、本体に塗ったエナメル塗料・溶剤が乾きにくいようなので、ここで乾燥に時間を取りたいと思います。すぐ乾くときと乾かないときの違いが未だにわかりません・・・。(デスラー艦とコスモタイガーIIはすぐ乾いた一方、ナスカはひと月経ってもべっちょりしていたとか、まったく同じモノを使っているのに謎です)

先を読もう
 砦戦最終戦に途中参加!なぜか50人対46人となっていた防衛側です。私が入ったときにはすでに中盤以降で、攻撃側は南東ゲートを突破、中央ゲートに向かってくるところでした。防衛側の一部はキープ攻めして遊んでいるようで、それに不満をぶつけている人がいてチャットは荒れていました。この時点ではまだ結構な差で防衛側が勝っていました。そして攻撃側は中央ゲートを攻めあぐねたのか、いったん北西に向かいオベリスクを3本破壊、この時点でゲージが並びました。で、またチャットが荒れる・・・。うんざりです。そりゃ人も抜けますね。

 でも攻撃側は領域をあまり確保していなくて、3対1くらいかな、その点に限れば防衛側が圧倒していました。中央ゲートを抜けられさえしなければ破壊されるオベリスクがもうありませんし、むしろこれ勝ちなのでは?と個人的には思ったので、今は領域ダメージが大きくなっていること、最終戦で中央ゲートまでのオベリスクがすべて破壊されたにもかかわらず大差がついてないのがその証拠であること、したがって攻撃側に領域を確保させないよう積極的に外周を攻めるのは決して誤りではないこと、以上を説明して不満たらしている人たちを納得させました。そしてこの戦場は勝ちました。最後の最後で攻撃側も領域ダメージ差が痛すぎることに気づいたようで、すごい勢いで挽回してましたけどね。中盤までにそれに気づいてれば攻撃側の勝ちだったと思います。気づくの遅すぎ。

 わかってた人はわかってたとは思いますが、あれでもう負けた負けた言ってた人は状況判断が鈍いです。全体マップと領域ゲージを常に確認しながら歩兵はどう動くべきかを考えて欲しいところです。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.