本体色は塗った
本体だいたい塗り上がり

 主力戦艦の本体色がだいたい塗りあがりました。塗料に何も加えていないのに青みが飛んでしまいました。なんだかふつーな感じです。うーん、まあいいか・・・。台座を持ち手に作業を進めているため本体底部の台座差込口周りはまだ塗っていませんが、以前塗った色がそのまま残っているので、この色に関しては問題なく終えられそうです。

 問題は艦首の黄色の塗りわけです。エナメル塗料である程度の面積を塗るには塗膜の耐久性に難があるとコスモタイガーIIの塗装で学んだので、今回はラッカー塗料にこだわりたいと思います。まあそこまで難しい塗りわけではありませんし。

 もうひとつ、問題というか、メインエンジンノズルの凹モールドがあまりにヨレヨレなので、ここにきてパテを盛りなおしています。モールドを綺麗に彫りなおせる技術はないので、パテでモールドの粗さ埋め、やすりがけによってモールドを甘くしてごまかそうと考えています。もちろん接着前に整形してはいたのですが、塗装してみると全然ダメでした。

 主力戦艦、このまま順調にいけば思いのほか早く完成するかもしれません。

 右にあるのはコスモゼロ。これは機首とメインエンジンノズルの合わせ目がまだ残っています。あと車輪の部分に蓋をしたので、そこを整えないと。写真だとそう見えないと思いますが、コスモゼロは本当に小さいです。プラの量も主力戦艦の半分に近いくらいかも・・・。おまけがついてるわけでもなくシールもなく、お買い得感低いです。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.