戦い方がわかってない
 砦戦防衛側1回戦で負けそうな終盤、わあわあ喚いている人が何人かいました。1回戦なのに負けるのがよほど悔しかったようですが・・・。以前とは違って、防衛側は1回戦から厳しい状況にあるのがわかっていないようです。日ごろから戦況を確認している人であれば、砦戦のオベリスク破壊ダメージがとてつもなく大きくなったことにすぐ気がつきそうなものですけど。

 以前は北西・南東ゲートを越えられないように守っていれば1戦2戦最終戦すべて防衛側の圧倒的優位なまま勝ちに持ち込めました。しかし今は1回戦からゲート先オベリスク2・3本も折られるともう苦しいです。4本折られたらまず負けでしょうね(この場合勝敗は領域差による)。1回戦目の話ですよ。なので今までのようなちんたらした戦い方ではいけません。防衛側も積極的にオベリスクを狙って攻撃側の領域を削り、ダメージ源を減らす工夫が必要となります。領域ゲージが防衛側5:攻撃側3あたりになった時点で積極的に動かないと確実にジリ貧です。勝てても接戦でしょう(攻撃側のキルダメージで勝敗が決する)。

 一方、攻撃側も領域を積極的に取らないといいとこなしで負けてしまいます。中央ゲートを突破してその先のオベリスクまで破壊できるならかまいませんが、そうでなければなかなか差を詰められないはずです。攻撃側のオベリスクは破壊されてもダメージはほとんどない(なくはない)ので、終盤よほどの僅差でなければ敵の鼻先にでも建ててしまいましょう。攻撃側にはクリスタルが3つあるので枯れることはまずありません。オベリスク破壊ダメージが大きくなったので、防衛側2段目にあるオベリスクをすべて破壊すればまず勝ちです。以前のように中央ゲート突破を狙う必要はなくなりました。その代わりオベリスクを建てて積極的に領域確保しましょう。

 まとめると、防衛側はとにかく領域を確保!さらに攻撃側の領域を削るよう敵オベリスク破壊!に動く、キルダメージはほとんどない(なくはない)ので敵歩兵を追う必要はない、攻撃側は防衛側のオベリスクを破壊しつつ積極的に領域確保、キルダメージもあるので敵歩兵も確実にしとめる、というのがセオリーとなります。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.