砲口周り塗りわけ
砲口周り塗りわけ

 砲口周りの塗りわけが一進一退で煮詰まったのでマスキングテープをはがして確認してみました。グレー側へのはみ出しはほとんどなく(ちょっとある)、全面塗りなおしの事態は避けられたようです。マスキングテープとの境で荒れた部分はアートナイフでカットしてパリッと直線を出しています。塗膜の厚さのせいでまるでシールを貼ったかのようですが、予想よりはるかに綺麗にできていました。このあたりで妥協しておくのが良さそうです。ただ、エッジがだいぶ反り返っているので目の極細かいやすりを当ててならそうと思います。2000番くらいのやすり買ってこよう。

 これで主力戦艦は砲口内の仕上げと台座の文字入れをして、最後にエナメル塗料で細かいところを塗れば完成です。が、何か物足りない・・・。でももういいか。

セブンネット、Yahoo!ショッピング離脱
 今月いっぱいでセブンネットでYahoo!ポイントが使えなくなるそうです。連絡がありました。あーあ、便利だったのに。Yahoo!ショッピングには品揃えが良くかつ一冊からでも送料無料かつコンビニ受け取りできる本屋さんがないので、Yahoo!ポイントを使う限りではセブンネットがその隙間を上手く埋めてくれていました。Yahoo!ポイントを使われるとnanacoポイントの立場がないからという判断なのでしょうか。

 セブンネットは本についてはまったく問題ないのですが(トーハンの倉庫直送らしいので・・・)、他のジャンルの商品については一時期より取扱商品が激減しています。今回のYahoo!ショッピングからの離脱で人の流れも減るでしょうし、ここ将来的にどうなるのかな?という気はします。

またやるのか
 セブンネット、本限定のレビュー1件100ポイント上限1000ポイントまで貰えるキャンペーンがまた始まりました。nanacoポイントです。前回はへまをして?100ポイントしか貰えなかったので、今回は上手くやろうと思います。5月31日まで。今回は本に対するレビューだけが対象です。

 まあなんですね、やはり注意事項を読む限り、セブンネット側も明らかにこのキャンペーンの仕様を理解してないです。クチコミされるごとに100ポイント貯まるとありますけど、実際にはポイントが加算される時にはじめて各クチコミに対するポイント加算の有無が決まります。今回の件で言えば、キャンペーン期間中に投稿したレビューであっても、期間後にレビューを修正してしまうとポイントは貰えません。投稿日時がキャンペーン期間後のものにずれてしまうのが理由です。もし注意事項にあるようにクチコミされるごとに100ポイント貯まるのならこうはならないはずです。よってポイントが貰えるまで投稿したレビューはいじらないようにしましょう。

 しかしキャンペーンやる気があるのかないのか、正直よくわからない告知です。よく気づいたなと自分でも思います。

久しぶりの大戦艦
大戦艦と主力戦艦

 主力戦艦の砲口周りを塗るだけというところで停滞しています。黄色(というか白+黄)が上手く乗りません。すぐ塗り終わると思ったのに・・・。てこずっているうちに下地のグレーが溶け出してきたので一度塗膜をはがして塗りなおしています。これで塗りわけラインが荒れてしまったと思われます。黄色が塗りあがってもまた本体グレーを塗りなおすかもしれません。これってコスモタイガーIIのときと同じミスのような気が。黄色を上塗りする前にはみ出しているグレーを可能な限りやすりがけして除去しておけばよかったのかもしれません。まだまだですね。まあ今年の目標はすでに達成しているので、塗りなおしなら塗りなおしであせらずいきます。

 写真だとかなり青っぽいですが、肉眼ではこの青さはほとんどなくなってしまいました。もともとは肉眼でもこれくらい青かったのに。今はただのグレーに近く面白みにかけます。もし全部塗りなおすなら違う色味にしよう。

 煮詰まってくると他に手を出したくなるもので、今回は久しぶりに大戦艦をいじってみました。これはメカコレの中で最初に作り始めたもので、塗装前段階としては特に不満なく完成してはいたものの、そのまま放置されていたものです。駆逐艦・ナスカと緑色系のメカの塗装が続いたので緑色はしばらく避けたいというのもあったわけですが、ここにきて黄色に飽きたので軽く塗ってみました。予想よりパテの処理が綺麗にできていて、ほとんど修正する必要なさそうです。艦橋下の柵?のパーツの合わせ目が少しひけているので、そこ埋めなおすくらいかな。ここまできているなら完成に近そうですが・・・。

 それにしてもこの大戦艦、本当に出来がよいです。アンドロメダのほうが全体的な完成度は上だとは思いますが、ぱっと見の精緻さではこの大戦艦のほうが上です。ひとつひとつのパーツが荒いという難点はあるものの、メカコレの中でもトップクラスのクオリティです。一方で主力戦艦・・・。比較しなければボリューム感いっぱいの悪くないモノなのですが、比較してしまうとどうしても見劣ります。

良いもの出る
 任務戦勝利で貰える宝箱の中身が色々とわかってきました。今のところ個人的に一番のアタリだと思われるのがエクスバンク拡張書。当たりはしませんでしたけど存在を確認しました。全回復の砥石もあります。これは当たりました。だいたいドロップ消費アイテム+上位の消費アイテムというラインナップのようです。武器防具の類は一度も見ていません。勝利の報酬なのにアタリハズレの落差がありすぎるのがなんですが、まあ悪くないシステムだと思います。これで当たりで100万ゴールドなんてものがあれば嬉しいのですが。

 砦戦は告知なしにバランス調整を入れているらしく、現時点ではかなり接戦になるようになっています。5月3日に新しく攻略記事を書きましたが、その時より領域ダメージが若干大きくされています。これで5月3日の時より若干防衛側有利に傾きました。攻撃側は防衛側の二段目のオベリスクをすべて破壊すればまず勝ち!というのはもうありません。可能な限り領域を取った上で中央ゲートを目指す当初通りの戦術がセオリーかと思われます(これでキル勝ちできるかどうか)。最初からこのバランスだったら絶妙だったと思うのですが・・・。防衛側は以前の感覚が抜けずゲートから飛び出すことを嫌いオベリスクも破壊しない、こういう人が多いと非常に厳しいです。今は領域ダメージが大きいので、攻撃側のオベリスクを積極的に破壊しないと勝ちにくいです。この意識が広まるかどうか、まあ広まる前にまた調整入りそうですけどね。

 攻城戦なのに防衛側が脆すぎるとは思いますが、ゲームとしてはこれはこれで良いバランスになりました。ただ三戦あるので、防衛側は鉄壁にし、その代わり初戦のダメージが次戦に持ち越され、さらに最終戦へと続いたほうが総力戦で楽しめるようになるのではと思えます。システム的に難しいのかな。

応募する意味なかった
 coneco.net体験レビュー2周年記念大会の募集開始からひと月経つにもかかわらず、いまだに募集中のものがたくさんあります。私も応募してはみましたが予想通り相手にされませんでした。たぶんご新規さん優先したいのでしょうね。当選者の面々がほぼそんな感じですし。でもそれならそれで最初から応募条件にそう書いておけばいいのに。応募したのに見えない条件で選考対象から外されるのは理不尽です。いまだに募集中なのは、応募者がいないわけではなくそういう事情があるからなのでしょう。逆に、過去に当たったことがないという人にはかなりのチャンスだと思います。

もうちょっとだと思う
 主力戦艦のメインエンジンノズルも塗りあがりました。赤に黒を混ぜた、茶色一歩手前の赤という色です。でも思ったより地味なので最後の最後に薄めた赤でひと塗りするかもしれません。塗装に関してはあとは波動砲口まわりの黄色いところだけ。砲口内のやすりがけがまだ終わってませんが、それは一通り塗りあがったところで適当にちゃちゃっとやってしまいます。

アンドロメダと主力戦艦

 放置中のアンドロメダと並べてみました。アンドロメダもやすりがけで消えてしまった艦首モールドを再現しなければ完成に近いのですが・・・。モールドどうしようかなぁ。再現しないとかなりあっさり気味で物足りない感じがします。でも下手に再現するよりは・・・という微妙なところです。悩んでいます。アンドロメダの本体色はさらば~劇中では主力戦艦と同じ色に見えますが、せっかくの旗艦ですし、試し塗りの通り、箱絵に合わせて白味の強いグレーにします。

ブルーラップ
ブルーラップ

 銀の参戦カード10枚集めてブルーラップ(アクセサリ)を貰ってきました。イベント期間11日もあったのに、5勝するだけでいいのに、このキャラしか10枚揃いませんでした。もうぜんぜん遊んでないなあ。

 ただの目装備のアクセサリです。飾りです。コレクターでもなければ別に貰えなくても、という感じではありますけどね。

本体色は塗った
本体だいたい塗り上がり

 主力戦艦の本体色がだいたい塗りあがりました。塗料に何も加えていないのに青みが飛んでしまいました。なんだかふつーな感じです。うーん、まあいいか・・・。台座を持ち手に作業を進めているため本体底部の台座差込口周りはまだ塗っていませんが、以前塗った色がそのまま残っているので、この色に関しては問題なく終えられそうです。

 問題は艦首の黄色の塗りわけです。エナメル塗料である程度の面積を塗るには塗膜の耐久性に難があるとコスモタイガーIIの塗装で学んだので、今回はラッカー塗料にこだわりたいと思います。まあそこまで難しい塗りわけではありませんし。

 もうひとつ、問題というか、メインエンジンノズルの凹モールドがあまりにヨレヨレなので、ここにきてパテを盛りなおしています。モールドを綺麗に彫りなおせる技術はないので、パテでモールドの粗さ埋め、やすりがけによってモールドを甘くしてごまかそうと考えています。もちろん接着前に整形してはいたのですが、塗装してみると全然ダメでした。

 主力戦艦、このまま順調にいけば思いのほか早く完成するかもしれません。

 右にあるのはコスモゼロ。これは機首とメインエンジンノズルの合わせ目がまだ残っています。あと車輪の部分に蓋をしたので、そこを整えないと。写真だとそう見えないと思いますが、コスモゼロは本当に小さいです。プラの量も主力戦艦の半分に近いくらいかも・・・。おまけがついてるわけでもなくシールもなく、お買い得感低いです。

主力戦艦塗装再開
主力戦艦塗り再開

 今年は4体完成させる!という目標は早くも達成できてしまいましたが、この勢いに乗ってもっと完成させようと思い、作りかけの中から主力戦艦の塗装を再開することにしました。

 以前とりあえず本体色を塗った時は、これ青すぎ・・・ということで放置したわけですが、今改めて見直すとそんなに悪くもない、劇中のイメージとは違うものの箱絵にはかなり近い、という印象を持ちました。どうせエナメル塗料の黒を塗って色がくすむでしょうし、この方向で行くことに決めました。

 他に完成に近いものとしては、アンドロメダ、超巨大戦艦、大戦艦があります。アンドロメダは本体側面の形状が複雑で塗装が難航しています。あとやすりがけで消えてしまった艦首のモールドをどうするか・・・。うーむ。超巨大戦艦も艦首の形状が複雑で綺麗に塗れず悩んでいます。本体が黒一色だったので一番に完成するかと思いきや、その黒一色を綺麗に塗るのが実はどれだけ難しいか、正直甘く考えていました。大戦艦はとりあえずしばらくは緑色を塗りたくない(駆逐艦とナスカで緑色塗りまくったので・・・)という思いから少し距離をおいていますが、やろうと思えばいつでもという感じです。

 手はつけてはいるものの完成にはまだ遠いものとしては、バルゼー、ゴーランド、コスモゼロがあります。バルゼーは上下甲板を支える梁を再現しようと考えそこで手が止まっています。これめんどくさい・・・。どうしようかな。ゴーランドは本体大改修のめどが立たずなかなか先に進みません。でもちょこちょこいじってはいます。一時は投げようかとも思いましたが、このまま完成を目指します。コスモゼロは合わせ目・隙間にパテを盛ってやすりがけ中、まだまだ全然です。コスモゼロは本体が小さいので塗装にかかれるようになればすぐ完成しそうではありますが。

 当面は主力戦艦の完成を目指します。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.