HDD速度低下が著しい
 Windows7のOS領域をバックアップしようとファイル整理してみたら、ファイル移動がやけに遅いのです。HDDの速度を確認してみると、以前の速度より半分以下になっていました。XPで起動して確認しても同様。つまりハードウェアの問題だとここでわかりました。いわゆるPIO病を疑うもそうではなく、それでも一応ドライバを削除して入れなおしても変化なし。

 ここのところBIOSをよくいじっていたのでそれが原因かもしれないと考え、デフォルト設定をロードしなおしてみると、以前ほどの速さにはないものの、若干の改善がみられました。それでもリード・ライト150MB/s近くでるHDDだったのが、改善して120MB/sです。うーん、わかりません。2台のHDDが同じように速度が落ち込んで、7でもXPでも同じ状態。HD4670時代に使っていたXPバックアップから書き戻しても速度が元に戻らないので、SATAケーブルかマザーボードに問題があるようです。不便さは感じませんけど納得がいきません。

 上の件、BIOSのオンボードシリアルポートをDisableにしたところHDDの速度が落ちるのを確認しました。HDDの速度と一体何の関係が・・・。謎すぎます。結局速度は完全には戻りませんでした。

 BIOSいじりなおすついでにHDDをAHCIモードにしておきました。Windows7はインストール後にAHCIモードにするのも簡単です。[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\msahci]のStartの値を0にして再起動、BIOSでAHCIモードに設定して起動しなおすと自動でドライバがインストールされます。そこでもう一度再起動かければ完了です。しかし速度はまったく変わりません。思うのですが、最初からIDEモードとAHCIモードどちらでも起動できるよう両方のドライバをインストールしるような仕様にするのは無理なのでしょうか。両方のドライバは共存できる(ひとたび両方のドライバをインストールしてしまえばどちらのモードからでも起動できる)ので、なぜ択一的な取り扱いがなされているのか疑問に感じます。

 あともうひとつ。N体シミュレーションOpenCLベンチマークをしてみると、以前580GFLOPSだったものが520GFLOPSにまで下がっていました。もちろん電力コントロールは元に戻しています。条件上はドライバが違うだけです。前者がバージョン12.8、後者がバージョン12.10。いろいろとマイナス方向への変化があって、うんざりです。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.