新たにカテゴリ作成
 Windows7導入に伴い、単なる雑記とは明らかに毛色の違う記事が増えたので、それらをWindows関連というカテゴリにまとめてしまいました。カテゴリ名はあとから変えるかもしれませんけど。

 カテゴリにまとめるに当たって、100件単位で過去記事に目を通していきました。といっても見出し12文字だけですが。う~ん、懐かしすぎる・・・。自分で書いた記事なので、少し見直しただけでどれもこれも当時のことが頭の中でよみがえってきます。ブログ始めた当初ってPentium4のPCだったんですよねぇ。Windows2000でしたし。緑色レーザーが壊れてしまい、メーカー修理も拒否されたCRTを泣く泣く処分したのは個人的には大きな出来事でした。Core2Duoに乗り換えたついでに1GBのHDD買って、あまり速くないって愚痴ってたり、面白いです。そのHDDは今現在も使っていて、とても気に入っています。当時の自分にその買い物は正しかったと伝えてあげたくなります。たまに見返すと本当に楽しいですね。

 まとめについてはかなり適当になってしまいましたが、まあこんなものかなと思います。

Windows7のタスクバー仕様をどうにかする
 自分のようにWindows7で好んでクラシックテーマ使う人なんているのかなと思い検索してみると、結構見かけますね。やはり実用性という観点から重宝されているようです。そんな中で7+ Taskbar Tweakerというタスクバー上の挙動を制御するツールが紹介されていたので使ってみました。Windows7のタスクバーはなんだかよくわからない仕様なところ、XP時代のすっきりした操作性を返して!と悩める人にとってはとても便利なツールだと思います。

7taskbartweaker.gif

 スナップショットの左側、一番上のRight ClickをStandard Window Menuに、そして上から四番目のHoveringをNotingに選択すればとりあえずOKです。これでクラシックテーマにそぐわない、よくわからないメニューは出なくなります。これは良い!

 ま、タスクバーのメニュー表示なんて完全に好みの問題だと思いますので、お勧めというほどでもありませんが、こんなツールもあったということで。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.