PCケース内レイアウトを見直す
 HD7770に変えてケース内の温度が上昇、つられてCPU温度もとんでもなくあがるようになってしまったので、ケース内ファンの位置を見直してHD7770から立ち上る熱気を横からの風でさらうようにしてみました。効果はかなりあって、CPU温度は5度以上下がりました。しかしもともとHDDに当てていたファンなので、その分HDDが3度くらい高くなるようになってしまいました。ファンはあまっているので別のを取り付ければよさそうな話ですが、設置できる場所がないのでこのあたりが妥協のしどころのようです。

 一方でHD7770のコイル鳴きは止みません。これ本当にハズレだ・・・。AMD勉強会についての記事投稿の縛り?が10月24日までなので、それ以降は完全に自分のものになったと判断し、その時点で処分して別のグラフィックカードを買うかもしません。このハズレを使い続けたくありません。温度よりもコイル鳴きが深刻な問題です。

 もし買うならHD4670かHD5670あたりの発熱の低いものを選ぼうかなと考えています(HD5570のGDDR5版が個人的な条件にかなり合うのですが、中古では出回ってないみたい)。CCCで表示される温度はまったく当てになりません。HD7770の温度は数値だけ見るとHD4670とさして変わりませんが、実際の発熱量は比較にならないからです。HD7770はカード全体からめっちゃくちゃ発熱しています。このあたりは使ってみないとわからなかったので、AMD勉強会に参加した甲斐はありました。そうとは知らずにHD5770なんて買わなくて良かったです。

 しかしHD4670に戻すなら、Windows7に環境を移行する意味はまったくなかったような・・・。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.