アンドロメダ塗装着手
アンドロメダ艦首

 アンドロメダの細かいところだけ先に色を付けています。艦首と波動砲口そしてメインエンジンノズル。これまでのやり方はまず本体色を付けてから細かいところに手を付けていたわけですが、細かいところでミスると本体色からやり直しのハメになるパターンで苦労させられていました。それならばと、細かいところから先にやれば本体色の塗りわけで少し手間がかかるものの、ミスしたところの手直しは比較的容易だと考えたわけです。これで上手くいけば先が明るくなります。

 白っぽい色は色が乗りにくいかと思いきやそうでもありませんでした。ただ、上側のエッジだけ透けてしまいます。下側のエッジはそんなことになっていないところからして、どうやら塗料が自重で下に落ちてしまうみたいです。塗った後にアンドロメダを逆さに保持していれば解決しそうですが、保持するのが面倒です。

 ここまではフリーハンドで適当に塗っていけるので気が楽ですし楽しいです。この流れで最後まで塗り上げられると良いのですが。

コスモタイガーIIは当面見送り
アクリルゴールドリーフ

 肩の黒い部分を修正するのに本体グレーから塗りなおしになり、結局調合しておいたグレーの塗料がなくなってしまいました。うぅ。お手上げです。黒のはみ出しがなければもう完成してたのに。はみ出しが思いのほかグレーに食い込んでしまっていて、部分的な修正で済めなかったのが痛かったです。それに部分的にちょいちょいっと筆を当ててるうちに全体に汚くなってしまいましたし。

 ネームプレートも酷い有様です。タミヤのアクリル塗料のゴールドリーフを試してみたのですが・・・。はみ出しが拭えない&ラッカー塗料の下地がゆるくなり削れてしまった、でいいとこなしでした。この色だから拭えないのか、そもそもアクリル塗料は溶剤で拭いにくいのかはわかりませんが、少なくともこのアクリル・ゴールドリーフは塗りわけには使えないという結論になりました。発色も顔料の粒がラメみたいに粗くなり好みではありません。もうレタリングはやめようかな。黒地のままのほうが綺麗ですし。

 コスモタイガーIIは塗料の調合からやり直しです。はぁ、モチベーションだだ下がり。

アンドロメダと主力戦艦

 コスモタイガーIIはもうだめだーということで、塗装まであと一歩のところまで来ていたアンドロメダと主力戦艦、最後の手入れを開始しました。アンドロメダは艦首ミサイルのモールドを彫りなおすかどうかで止まっていたところ、見栄えよく彫る技術が自分にはまだないということで埋めることにしました。パテを盛っておいたので、あとはやすりをかけるだけです。主力戦艦は波動砲口の修正と砲口上の飾りの作り直し。砲口内はこれまでもちょこちょこ手を入れ続けていたのでそれなりに形になっています。実質飾りだけかな。ランナータグから切り出して接着。どちらも数日内に塗装に入れそう。

 デスラー艦もそうでしたが、細かい塗りわけで苦戦してモチベーションが下がってしまい仕上がりが雑になる、でやり直しの繰り返しの悪循環に嵌っているので、ここはいったん落ち着くために塗りわけのないもしくは塗りわけの簡単なものから仕上げていこうと思います。その点ではアンドロメダと主力戦艦は好条件です。超巨大戦艦は黒一色ですが、あれは形状が複雑なため筆塗りはなかなか難しいです。

 まあとにかくすでに完成したヤマトの隣に何かもうひとつ飾りたいです。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.