フォント問題は半ば諦め
 Windows7のタスクバー絡みのフォント変更とそれにかかるClearType解除が出来れはずいぶんましになるのにと考え、こちらの方法を試してみました。

 この方法、確かにClearType解除は出来るのですが、弊害が大きいです。変更した後に適当なウインドウ表示をしてみるとなぜかやけに縦長になってしまいます。1行の文字数(というか改行?)が崩れるようで、ウインドウの縦長に合わせて改行されてしまって、あたかも縦書きのようになってしまいます。これは実用に耐えません。(注:リンク先で公開されているレジストリファイルの中身は正しいのですが、サイト上に記述されているレジストリの修正ポイントが間違っています。"HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\WindowsNT"の最後、WindowsNTの文字列は正しくはWindows NTです。NTの前に半角スペースが必要です。そのままコピペしてリジストリに読み込ませても害はありませんが、効果もありません。)

 追記:後日同じことをしてみると改行で表示が崩れることはありませんでした。理由はわかりません。ただ、改めてしてみるまでに色々とレジストリをいじってきているので、何か原因はありそうです。

 以前改善に挑んだときは、メイリオの情報を持ったヒラギノを作ってメイリオと置き換えるというやり方をとりましたが(やり方は忘れましたが)、あれはあれでClearTypeが解除されず、これはどうにもならないなと諦めたのを思い出しました。このWindows7は本当にむちゃくちゃです。フォント表示ぐらい統一させて欲しいです。そんなに難しいことを要求しているわけではないと思うのですが・・・。結局、今回も元に戻すことにしました。

 ここのところレジストリをいじりまくっているので、ここらでレジストリ最適化をとNTREGOPTを使ってみました。これもうだいぶ古いツールなのにWindows7にも使えます。最適化すると9%も圧縮できました。体感での効果はありませんでしたが、気持ちはすっきりしました。これはレジストリに最適化をかけるツールなので、万が一にも問題を出すとWindowsが起動しなくなります。それでもかまわない、対処できる人だけ使ってください。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.