Windows7手入れ中
 Windows7のエクスプローラーではステータスバーからストレージの残り容量が見えないので、Classic Shellという環境改善ツールを使って見えるようにしました。設定次第ではかなりXPのものに近づいて使いやすくなりそうです。これは便利。エクスプローラーはXPのほうが優れていたとまで言うつもりはありませんが、Windows7のほうが明らかに使いにくいです。メニューバーをなくして、しかしそれとは別に整理・ライブラリに追加・共有のバーなんて持ち出してきて、設計の意図がわかりません。書き込むボタンなんて誰が使うのでしょうか。いたとして、こんな特等席にボタンを配置するほどものなのでしょうか。このバーこそ消せたらいいのに。

 Classic ShellはスタートメニューもXP風にしてくれます。カスケード表示がよかった、という人は試してみる価値あります。ただ、デフォルトで使われるフォントがメイリオ、しかもかなり大きいサイズで間抜けな表示になってます。これは汚くて使いものになりません。しかし設定でNo Skinを選択するとXPのアイコン小サイズのデザインになり、見た目も使い勝手もほぼXPのものになります。こちらはすっきりしていて良いです。いずれにしてもメニュー下の検索部分だけはWindows7オリジナルのスタートメニューのほうが使いやすいと思います。(Classic Shellの検索部分はXPには本来ないものを無理やり入れているため、これは仕方がないと思います)

 Windows7の右クリックメニューの項目があまりに無駄に長いので、右クリックメニュー改というツールを使って手を入れてみました。ツールを起動して、不要な項目のチェックをはずすと即反映されます。自動カスタマイズボタンの意味はわかりませんでした。基本的に全部チェックをはずしてしまって大丈夫でしょう。私は普段から使っている"送る"と、使う可能性のある"管理者として実行"の項目だけ残しておきました。これですっきり。

 ここまできて、だいぶ使い勝手も良くなってきました。Windows7にしたから使い勝手が良くなった部分は今のところ何もないのが笑えない話です。まあわかる人には堅牢性があがっただなんだ色々メリットはあるのでしょうけどね。

 Windows7の環境改善に向けて、色々検索したりツールを試したりして、楽しんでいます。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.