ファミリーマートでも受け取り可能に
 ファミリーマートでAmazon店頭受取サービス開始!というわけで、ファミリーマートでもAmazon.co.jpで買ったものを24時間受け取れるようになるらしいです。今まではローソンだけでそれが可能でした。うちの近所にはローソンがなく、しかしファミリーマートは本当にすぐ近くにあるので、これはこれで便利になりそうです。でも受け取り手数料がかかる場合があるとあるのが気になりますね。ローソンにはそんな手数料はありません。

 とりあえず今度試しに使ってみたいと思います。

アンケートの質下がりすぎ
 月末だからかここ数日マクロミルやサイバーパネルからのアンケートがとても多いです。守秘義務があるので内容はあかせませんが、似たようなアンケートばっかりです・・・。こんなアンケートでなにがわかるのだろうかというものばっかりですね。回答していてもつまらないです。

 マクロミルとサイバーパネルのアンケート両方を平行して答えていて気づいたのですが、マクロミルはアンケートのチェック欄が小さくて何気にチェックしにくいです。サイバーパネルのほうはチェック欄ではなく、文章をクリックしてもその項目をチェックできる場合があるのでずいぶん楽です。マクロミルも真似すればいいのに。手を抜かれないようにわざと手間をかけさせる仕様なのかもしれませんけどね。

 最近のアンケートはくだらないなぁと思いつつ答え続けて今月のマクロミル獲得ポイントは400でした。やはり500円には到達できませんでした。まあ先月が1500円だったので仕方ありません。ただ、本当にアンケートの質が下がったと感じるので、もしかしたらこの手のアンケート回答はやめてしまうかもしれません。なんというか、あまりに意味のないものが多すぎて、時間の無駄だと感じるようになってきたからです。今やまともなアンケートと呼べるのはブルースカイリサーチのものくらいしかありません。

アドオン自動更新を切る
 Firefox上でリンクを開くと現在のタブと新規のタブ両方にリンク先が表示されるようになってしまいました。鬱陶しいです。知らずになにか設定をいじってしまったのだろうかといぶかしみながらFirefoxのバックアップ(profile以下のファイル丸ごと差し替え)から修正。しかし再起動をかけるとまた同じ症状になってしまいました。その間に加えられた変更はアドオンのWebMail Notifierの自動更新ただひとつ、ということで原因はすぐわかりました。これをアップデートさせなければ問題ありませんでした。メールチェッカーがなぜタブ操作に影響したのかはわかりませんが・・・。ちなみにアドオンはそれぞれの"詳細"から自動更新のオンオフを指定できます。バージョンの上がったWebMail Notifierのアイコンデザインがいまひとつだったので元に戻せてちょうど良かったです。

アニエスウィッグ貰った
 11月19日まで行われるブレイブリーデフォルトコラボイベントの12戦報酬、アニエスウィッグを貰ってきました。イベントに気づいたのが先週半ばで、その時点で1戦しかしていなかったのでこれは相当出遅れたなぁと思い、99人戦場にも積極的に参加してのとりあえず12戦です。

アニエスウィッグ

 ヒロインのアニエスの髪型を模したウィッグみたいです。まったく知らないゲームなのでよくわかりませんが・・・。タダでもらえるアクセサリ系アイテムとしてはかなり良くできています(個人的には過去に配布されたアクセサリの中で最も良い出来に見えます)。ただ生え際が不自然で、いかにもウィッグという感じ。普通のアクセサリアイテムとして、A1もしくはA2枠に装備されます。アクセサリの種類は耳やめがね、イヤリングにウィッグとかなり充実してきているので、もはや2枠では足りませんね。もうひと枠欲しいところです。

 上のアニエスウィッグ見本のスナップショットは等倍で切り出したものをPNGで保存したもの、つまり実際の画面そのままです。エッジが滑らかなのがわかると思います。これがHD7770のアンチエイリアス8倍表示です。まあ綺麗なのは間違いないのですが、プレイ中はどうでもいいというか、アンチエイリアスがかかっていなくてもまったく気になりません。参考までに。

 15戦でゴールドコイン、21戦すると3DS向けブレイブリーデフォルトのソフトが抽選で100名に当たる権利を得られます。これとは別に、新規キャラで15戦してレベル25以上にすると同じくソフトが抽選で100名に当たるそうです。これ目当ての人が多いのか低レベルキャラが異様に多いです。低レベルだけならまだしも放置する人続出。にもかかわらずキックはまったく成立しませんし、正直まじめにプレイするのは馬鹿らしい状態です。

 他の2キャラで12戦到達できるよう19日まで頑張りたいと思います。

もっと煮詰めないと・・・
 機動戦士ガンダムオンライン、キャラメイク後に行われるものとは別に、基本画面から別途チュートリアルを開始するとおおまかに一通りのことを教えてくれます。これは強制的にやらせないとダメなのでは・・・?と思える内容でした。

 少しプレイに慣れてきて特に思うのは、全体マップが欲しい、敵味方の区別が非常に付け辛い、この2点です。全体マップ自体はあるのですが、いちいち呼び出さないと確認できません。しかも画面中央に表示されるので、動きながら見ることができません。50vs50の戦いで、自分の周囲の状況しかわからないのはこの手のゲームとしてどうなのでしょうか。例えば指揮官にZ地点を防衛しろと指示されても、現状どうなっているのかわからず、Z地点に向かうべきかの判断が即座につけられません。敵がどのくらいいるのか、他の味方はどのくらい向かっているのか、それくらい常時マップで確認させてもらいたいものです。そして目視できる範囲についても、とにかく敵味方がわかりにくすぎます。結局はユーザーインターフェイス全般の問題といえますが、まあとにかく修正の余地は大きいと感じます。

 ゲームとしては味方と連携してる感じがまったくないのがなんとも寂しいです。遠距離で撃ち合ってるか近距離で切り合うか、攻撃手段が基本的にこれだけなので仕方ありませんが。

 おもしろいかと聞かれれば、正直言っておもしろくはないと答えます。連邦vsジオンという点での戦略性はまったくありません。個々の戦場での戦術性も低いです。これでどう遊ばせていくのか、ちょっと疑問に思います。

 機動戦士ガンダムオンラインについての記事はこれでおしまい。このまま正式サービスに持ち込まれても遊ぶことはありません。

機動戦士ガンダムオンラインβテスト
 起動戦士ガンダムオンラインβテストに参加してみました。ひとつの戦場で50人vs50人の対戦が楽しめるという、ファンタジーアースを参考にしたのは間違いないだろう的な内容です。別にガンダムに興味はないのですが、このゲーム、なんとプレイ必須環境がE6600にHD7750というかなり敷居の高いものになっていて、それならうちのPCで試したい!と思いテスターに応募したというわけです。それでi5-750にHD7770の環境でプレイしてみると、思ったより重くないなという印象でした。

ガンダムオンライン
必要な情報が画面右に偏りすぎのような・・・

 ゲーム内容のほうはなんというか・・・、個人的にルールがよくわからない&他の参加者もよくわかっていないっぽいという有様で、まともなゲームとして成立していません。わかっている人の独壇場です。2戦して、初戦はだらだらと時間いっぱい歩兵戦してるだけでぎりぎり敗北、次戦は開始から数分で敵拠点?が陥落して勝利して終了。全体に、互いに遠距離攻撃してるだけ。ファンタジーアースでいうところの敵味方全員が銃スカウトでイーグル撃ち合ってる、まさにそんな感じでした。なにが面白いのかさっぱりわかりません。もう少しルールを周知させるか、自然に理解できるようなシステムにしないとダメだと思います。敵味方100人いて、ほとんどの人が適当に動いてるように見えます。これでは100人いる意味がないです。

 あとコストだ開発だというのも、ここでお金(現金)を払わせるのだろうというのが見え見えで白けてしまいました。この手の多人数対戦ゲームはとにかく参加者がいないと成立しません。そして参加者の多くは基本的には無料で遊ぶ人たちでしょう。そういう人たちに、お金お金とせびったところで意味はないのです。基本無料で提供するつもりなら、無料は無料で割り切らないと。そして何より悪いのが、お金を払った分だけ強くなるシステムっぽいところ。これでは時間の経過とともに人がいなくなるのが目に見えています。ファンタジーアースが成功してるのはそのあたりを上手く調整しているからであって、現状このゲームはまったく考慮されていないように思えます。

 とはいえ、ガンダムというネームバリューだけで人を集められるでしょうから、もう少しゲームの楽しさを感じさせるように内容を練り直せば人気が出そうな雰囲気はあります。個人的には正直もういいやという感じですけどね。

Catalyst12.11Beta3導入してみた
 RadeonのCatalystドライバが大規模アップデートと4Gamer.netで記事にされていたので手持ちHD7770に対して導入してみました。ファイル名にはBeta3とありましたが、CCC上では単に12.11と表記されていました。

ff14ベンチ
Catalystドライバ12.8で4192だったのが12.11β3では5341に!

 機能的になにがどうなったという違いはないのですが、FFXIVベンチマーク(LOW)で5000強という数字が飛び出しました。12.8の4000強と比較して恐ろしく伸びています。実際画面を見ていても、以前に認められたカクつくところがまったくなくなりました。すごいなぁ。しかしこれ、ここまでの著しい効果を見るに、逆に今までのドライバが酷すぎただけなのではないか、という気もしますね。FFXIVベンチマークは少なくとも日本ではメジャーかつ人気のあるものなので、AMD側も力を入れてHD7770で節目の5000を超えてくるよう個別に調整してきたのかもしれません。

 とはいえ最大15%性能向上といううたい文句以上の結果が認められました。Beta版は嫌だというのでなければ導入する価値はあると言えそうです。そういえばRadeon勉強会でも、これからのドライバ更新は確実に効果が認められるものを盛り込んでいくから積極的に最新版を使って欲しい、そんな話があったのを思い出しました。私もこのまま使っていきます。

 追記:少し不具合を感じたのでそれまでの12.9βに戻してみました。どうやら12.11β3・β4には画面のリフレッシュおよび動画再生に若干問題があるようです(致命的な不具合ってほどでもないですが)。12.9βではなにも問題はなかったので間違いなくドライバの影響でしょう。しかし性能を引き出す12.11βの魅力は大きいので、また使うかもしれません。

クラシックテーマでフォント指定問題解決!
 Windows7のタスクバーフォント変更が上手くいかないな・・・と試行錯誤中、ふとクラシックテーマを使ってみると簡単にフォントが指定できるではないですか!なにそれ。そうかぁ、どうやらWindows7ベーシックテーマはレジストリを無視してフォントを使っているのに対し、クラシックテーマは素直にレジストリを参照しているようです。

タスクバー
最も気になっていたタスクバーもこの通り!

コンパネ
コントロールパネル表示はなにもしなくてもフォント変更されてた

 これなら話が早いです。私はXPもクラシックテーマのデザインを使っていましたから、別にWindows7ベーシックテーマに思い入れはありません。フォント表示が綺麗になりさえすればそれで良いので、これを機にクラシックテーマを使うことにしました。これにより、今までの試行錯誤はなんだったのかというくらい隅々までClearTypeオフおよびフォント指定が可能となりました。(注:レジストリ直接編集も含めてですが)

エクスインデックス
Windowsエクスペリエンスインデックス表示もこんな感じに

 しかしWindows7でクラシックテーマを使うとひとつ気になるところが出てきます。画面右下のデスクトップの表示の機能が時計右にアイコンの形で表示されるようになってしまうのです。これが非常に目障りなのですが、さすがにいまさらクラシックテーマを使う人はいないのか、検索してもまったく問題にされていません。しかし唯一コンソールからコマンドを送って非表示にする方法がありましたので、それで対処しました。ツール公開・説明されているサイト上にも説明がありますが、コマンドをバッチファイルにしてスタートアップに入れておけば起動時にアイコンが消えます。ただそれでもアイコンがあったスペースはそのまま残り、XP以前のクラシックテーマとまったく同じにはならないようです(Windows7側の仕様っぽい)。

 気になるほどでもなかったのですが、クラシックテーマにすることでTClockの時計表示の下にアンダーバーが出るようになってしまった、非表示にしていたエクスプローラーのコマンドバーが再び現れてしまった、そういう問題もありました。前者はTClockの設定で"サイズをトレイにあわせる"をオフにして、適当に上下に位置合わせしなおすと見えなくなります。後者はどうにもなりませんが、ベーシックテーマのコマンドバーと違って幅がないので、表示されていても別にいいやという感じです。

 クラシックテーマのタスクバーは無駄な幅がないためフォントとのバランスが良く、ClearTypeもかからないので視認性も高く、これで個人的なフォント変更問題についてはほぼ解決!ということで終わりにしたいと思います。"ほぼ"としたのは、フォントを変更したことにより設定画面のスクロールバーや各種ボタンが画面外に追い出されてしまったソフトがいくつかあり、まったく問題なしというけではないところからそうしました。しかしこの点はフォントを変更する以上は避けられませんので仕方がありません。

 それにしてもひと月かけてこんなオチになるとは・・・。クラシックテーマ、灯台下暗しでした。

ファンタジーアース中のフォント変更
 Windows7のフォント変更をしているうちに、ファンタジーアースで使われているMSゴシックも変更できることに気がつきました。ただ、標準アンチエイリアスすらかからないので、MSゴシックで表示させたほうが明らかに見やすいです。

FEZフォント変更
こんな感じでどこもかしこもガクガク

でも指令書は
追記:指令書は標準アンチエイリアスがかかっている(そういう仕様らしい)

 今回のフォント変更はWindowsXPシステムフォント変更について考察されているこちらのサイトの記事をそのまま試した結果です。しかし残念ながら、Windows7上では具体的にどこが変わったというところはわかりませんでした。効果が確認できたのはこのファンタジーアース中だけという・・・。このままもうしばらく使ってみるつもりではありますが、なにも気づくところがなければ元に戻します。

 追記:とりあえずファンタジーアースで変更された部分は戻そうということで、ゲーム中で使われているのはMSゴシックの等幅フォントであることから、"MS ゴシック,128"と"MS Pゴシック,128"の項目を削除してみると元の表示に戻りました。

 Windows7のフォント変更については、いまのところ以前記事にしたFontSubstitutesの"MS UI Gothic"と"Meiryo"指定が非常に効果的で、これで普段目に付く部分のフォント変更は7割対処できたと感じています。残り3割のほとんどはコントロールパネル以下の細かいところなのでどうでもよいと割り切ることができます。しかし、最も目に付くタスクバー上のフォント変更がいまだにできません。ここさえどうにかなればWindows7で使っていくのも嫌ではなくなるのですけどね。タスクバー上のClearType解除方法自体はある(弊害もある)ので、メイリオフォントをメイリオフォントの情報を持ったヒラギノフォントに置き換えれば、もしかしたら問題はすべて解決できるかもしれない、のでしょうか。もうこれしか手がなさそうな気がします。

 行き詰ったついでにIE9の強制ClearTypeが解除できないものか試してみました。検索してみるとそれっぽい解決策が提示されています。しかし・・・、これはClearTypeを無効にするのではなく、フォントのスムージングそのものを無効にするものでした。標準アンチエイリアスもかからなくなってしまいます。これは私の求めるものではありません。惜しい・・・。ま、IE9なんて使わないのでどうでもいいのですが。ただIE9上で強制的にClearTypeがかかるのをどうにかできるのなら、同じく強制的にClearTypeがかかるタイトルバーやタスクバーもどうにかできるのではないかと考えたのです。なお、IE8に戻せば(IE9をアンインストールすれば)普通に設定からClearTypeを無効にできるようです。IE9はなぜこれをなくしたのやら。

クロニクルズ戦場増えまくり
 ファンタジーアースのクロニクルズ戦場の成立条件が相当ゆるくなったようで、城門戦や砦戦が起きまくっています。勝ちが読みやすく時間も短いので、経験値とリング稼ぎにはうってつけですね・・・。通常戦場に参戦するのが馬鹿みたいです。

 以前、基本的なクロニクルズ戦場攻略記事でも触れましたが、やはり城門戦は防衛側が北側から外周沿い反時計回りにオベリスクを折り進めば圧倒的に勝ちやすいです。負けているのを見たことありません。したがって攻撃側の南キープ建築というのはありえず、その場合は歩兵互角なら開始時点で負け確定です。さっさと抜けましょう。

 砦戦は戦術がある程度浸透したためか、一回戦と二回戦はまず防衛側が勝ちます。攻撃側はチャリオットを上手く使って20~30人を中央ゲートに運び、そのままゲートを破壊、もしくは中央を突破してしないと無理ですね。その一回のチャンスで破壊できないと、あとは警戒されてどうにもならなくなります。チャリオットで中央に直行できるチャンスは割りとあるのですが、とにかくチャリオットに乗る人がいない!というのが最大の問題でしょう。なぜ乗らないのかはわかりません。

 中央ゲートは下ろした状態であってもG4南ゲート上からのジャイアントの砲撃で撃たれてしまいます。ゲート前に壁を建てても当たります。そして確信して砲撃を狙ってくる人が増えてきました。誰でも狙えるようになるくらい情報がいきわたると防衛側が一気に不利になりそうな気がします。攻撃側は開幕から南押さえてジャイアント3だして速攻中央ゲート破壊、そんな展開に変わるかも知れません。

 あとひとつ気になったが防衛ライン攻防戦。歩兵キルによる拠点ダメージが大きくなったような?気がします。以前は完全に陣取りゲームでしたが、今は領域を確保した上で歩兵戦重視で相手をひき殺していたほうが明らかに勝ちやすいです。たぶんそれまでの仕様では中盤以降あまりに逆転の目がないので、召喚を揃えての歩兵戦での逆転可能性を高めたのかもしれません。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.