エナメル塗料は難しい
問題のゴールドリーフ

 とりあえず台座のレタリングは金色でそのまま続行。エナメル塗料のゴールドリーフはエナメル溶剤では希釈できないので、ラッカーの薄め液を使いました。でも、それでも溶け具合はいまひとつです(溶けなくはないです)。筆を洗うと明らかですが、ラッカーの薄め液でもあまり落ちません。ツールクリーナーなら一発なのですが。この塗料は本当に特殊ですね。このビン単体で十分希釈されているとよかったのに・・・。

 写真では遠くてあまり判読できませんが、台座の文字の塗り具合は下の上、中の下といったところです。荒いです。きちんと希釈できるシルバー系にする手もなくはないと思ったものの、このゴールドリーフの発色は好みなので、とりあえずラッカーで薄めて慎重に凸モールドの文字をなぞってレタリングしました。他の台座でシルバーを使ってみて、それの見栄えがよければこちらもシルバーに直します。

 胴体グレーのアクセントにメタリックグレーを使ってアンカーを塗ってみるも、ほとんど銀色で浮きまくりでした。グレーという感じではないです。エナメルの薄め液で拭うとそれなりに綺麗にふき取れるので問題はありませんけど、でもメタリックのキラキラ成分を完全に拭いきるのは難しいようでした。色々試して経験を積まないとわからないことだらけです。

 デスラー艦は結局青色を落とし始めました。塗りなおします。コスモタイガーIIは適当に調合した複数の本体色で試し塗りしてはやすりで落とすの繰り返し状態にあります。半光沢と書いてある塗料(というか顔料)を使うとつや消し具合がきつく、好みの色つやにならないので、試行錯誤が続いています。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.