Radeonシリーズ勉強会レポート その1
■はじめに

 2012年9月14日に行われた『AMDのグラフィックカード「Radeonシリーズ」について学ぶブロガー勉強会』に参加してきました。ここで簡単にレポートしたいと思います。

AMD受付
勉強会終了直後の受付。ここで名前を告げて勉強会の部屋へ向かいました。

 勉強会は新宿アイランドタワー34F、日本AMD株式会社で行われました。平日の19時半から開始というなかなか難しい条件にもかかわらず、おそらく欠席者はなく、開始10分前に到着した私で最後だったと思います。全員揃ったということで、私が着席して5分程度で開始となりました。

■ブロガー勉強会は情報発信の手段のひとつ

 日本AMD主催のブロガー勉強会は今回で3回目だそうです。情報発信の手段としてブロガーに着目し、こういう機会を設けた、ということでした。プロモーションという言葉はありませんでしたが、日本AMDによるAMD製品のプロモーションの一環なのだと私は理解しました。

 なので、もし次回があるのでしたら、選ばれるのはやはりある程度しっかりとした内容のあるブログを持っている人からだと思います。自分も参加してみたい!という人は今からでも準備しておくとよいのではないでしょうか。不定期ながらこれからもやっていきたいという話でしたのでまだまだチャンスはあります。

■内容は現行Radeon HD7XXXシリーズを範囲としたもの

 そして今回のRadeonシリーズについて学ぶ勉強会ですが、これは現行のRadoen HD7XXXについて、前半ではそのシリーズ構成や実際のゲームでのパフォーマンス、Nvidia製品との比較、Radeonではどのようなソフトが利用されているのか、Radeonで採用されているOpenCLの将来性などの説明があり、後半では7970のアーキテクチャをベースにしたGraphics Core Next(グラフィックス・コア・ネクスト、GCN)の解説がなされました。

 前半はいわゆるPCを使っている人なら問題なく理解できる内容です。HD7XXXのベンチマーク結果やこのメーカーのこのソフトがOpenCLに対応しているといった、具体的な例にそっての話なのでとてもわかりやすかったです。しかし後半は開発担当の方からの直々の解説ということで本当に専門的な内容になり、私にはさっぱり理解できませんでした。恥ずかしながら、GCNになる前と後で計算の仕方が大きく変わったんだ、変わったから大きく性能が向上したんだ、その程度の理解度で終わりました。

 頭に"?マーク"が沢山浮かびだしたあたりで、用意されていた軽食を食べて場をしのいでいました。中身はサンドイッチと厚切りのポテトチップス、お腹が減っていたのもあり美味しかったです。ポテトチップスはぱりぱり音がするので、一枚まるまる口の中に収めて防音しながら食べてました。

 それが終わると質問タイム。6~7人くらいから質問があったと記憶してますが、内容が難しくてちょっと思い出せないものが多いです。印象的だったのが、Radeonはドライバの出来が悪いと評価されているという質問に対し、担当の方が苦笑しながらも一生懸命答えていたところです。既存ドライバに対する評価について真正面からの回答はありませんでしたが、これからは月一更新は止め、その代わりにしっかりとした内容の伴うアップデートをしていくので、最新のドライバを使うとめざましい更新が認められる、だからぜひ最新のドライバを使って欲しいという説明をされていました。

 GCNを使ったデスクトップ向けローレンジ製品(HD7750の下)は出す予定はないそうです。そのあたりの性能のものが欲しければHD6670で、ということでした。

■目玉情報はなし

 全体を通して、目玉情報は一切ありませんでした。次期8000シリーズについての言及もなにもありません。将来的に実装したい機能、目指している方向性などにも触れられることはありませんでした。オフレコで言えないのではなく、本当にそういう話はありませんでした。その点ではちょっと期待はずれに感じた人もいるでしょうね。私も一応空気を読んだのですが、せっかくの機会、思い切って質問しても良かったかなと思っています。

■参加してよかった!

 一時間半の勉強会でしたが、退屈で長い・眠いと感じるところはまったくなく、最後まで楽しくすごすことが出来ました。もし今回、参加してみたかったけれど内容がわからないから応募はやめたという人がいるのでしたら、次回はぜひ応募してみると良いと思います。わからなくても大丈夫です。ごく普通に真面目な勉強会なんだと理解して挑めばよいでしょう。

■お土産はHD7770

お土産
別途付属のファンを取り付けて二重にしたり、カバーを引き出して二連にしたりできるようです。

 お土産のRadeon HD7770は各メーカーさんから提供されたものという話でした。ASUS、GIGABYTE、MSI等々。予め席に用意されているので、もし選びたいなら席に着く前に吟味する必要があったということです。ちなみに私はMSI製のR7770 Power Edition 1GD5/OC、オプションのファンを新たに搭載してデュアル・ダブルファンにできるちょっと変わったHD7770を頂きました。(でも初期不良に当たったみたい・・・)


 次回の記事で、前半部と後半部、そして質問タイムのところをもう少し詳しく書いていきます。

つづく

レポート2
レポート3

初期不良に当たったかも?
 頂いたHD7770ですが、起動しません。HD7770のファンは回っているのですが・・・。信号がいかずモニターは無反応。あるべきハードディスクへのアクセスもないので、正常なハードウェアと認識されていないようです。まったく同一のハードウェア構成で、グラフィックカードを元に戻すと問題なく起動します。補助電源も忘れていません。補助電源は専用コネクタだけでなく、試しにHD7770付属のペリフェラル4ピンx2からの変換コネクタでも取ってみたのですが、やはりダメ。となると今回追加しようとしてるHD7770に問題があるのではないかと推測しています。グラフィックカード側のBIOSが飛んでるような、そんな感じですねえ。

 お土産のHD7770には保証はなく、もし動かないようなら日本AMD側でなんとか手配するという話でしたので、もう少し様子を見て動かなければ、それに頼ろうかと思います。

 しかし、うーん、手持ちのHD4670の調子が本当に悪いので、手配をどのようにしてもらえるのであれ、もう待ってられないというのが本音です。自前で買うか・・・。

 追記:まったく異なるハードウェア構成の別PCに組み込んでも起動しませんでした。不良品とみて間違いなさそう。まずは問い合わせてみます。対応に時間がかかるようなら自分で別に買ってしまいます。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.