あと一歩!
完成一歩手前

 ヤマトの塗装はみ出しを修正し、完成一歩手前まできました。結局、胴体の色は塗りなおさず、黒っぽいグレーのままにしました。自分の第一印象を重視しました。艦橋と主翼以外はすべて接着してあります。主砲と副砲は回転できるよう差込式、台座は箱にしまえるよう差込式、これは接着しません。なにげに主翼が曲者で、塗装は難しいわ胴体にはまらないわで困っています。少しずつ削ってはめこむしかありません。凸モールドなので塗装はどうにもならないでしょう。

 台座のレタリングはタミヤのエナメル塗料、ゴールドリーフでなぞってみたのですが、大きな問題がありました。なんと、このゴールドリーフ、エナメル塗料なのにエナメル溶剤で溶けません。既知の問題のようで検索するとでてきます。知らなかった・・・、というか、騙されました。タミヤのエナメル塗料がタミヤのエナメル溶剤で希釈できないのですから、これをエナメル塗料として売るのは正直どうなのかと。筆も洗えません。エナメル溶剤をたらすとゴールドの顔料?が丸まって固まってしまいます。ひどい。ツールクリーナーを使えば洗い落とせますけどね。写真ではそれっぽく文字が描けていますが、実際はビンの濃度そのままで使ったので荒い仕上がりです。ここはやり直し。たぶんラッカーの薄め液で落ちると思うので、台座ごと塗り直しです。でも台座の塗りなおしは簡単なので負担ではありません。

 もうひとつ同じくエナメル塗料、フラットグリーンの色がおかしいのです。これは検索してもでてこなかったので私だけの問題のようです。なんというか、どうみてもよもぎ色。いわゆる緑色ではありません。艦橋の窓の色を緑で塗りたかったのですが、よもぎ色になってしまいました。中身の入れ間違いではないのか、それくらいおかしいです。でもこういうものなのかもしれません。今度店頭で確認してきます。

 手直しするところはまだまだありますが、今までのように胴体一面塗りなおしというようなところはもうないので、本当に完成間近です。ついにここまできました。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.